朝食を食べないと太る?朝ごはんを抜くのは逆効果!

朝ごはんを食べないと太る?太らない?

朝ごはんは食べないと太る?太らない?

みなさんは「朝ごはんを食べないと太る」という噂を聞いたことがあるでしょうか?

以前から朝ごはんを食べないと太ってしまうという噂や、逆にカロリー摂取が減るから太らないなど様々なうわさが流れておりました。結局どちらの情報が正しいの?という疑問のまま「朝ごはん抜きダイエット」などが話題となっておりました。

太らないようにするためダイエットで朝ごはんを抜くという考えは単純に「食べ物を食べない→カロリー摂取を抑えられる」という理由で主流になっており、確かに朝食1食分のカロリーを抑えられるのでその分太らないという考えもあるようです。

ちなみに朝食のカロリーの目安としては500kcal程度になりますので1週間分、1か月分と考えていくとかなりのカロリーになることが予想できますね。

 

しかし、その一方で朝食を抜いてしまうと逆に太ってしまうという意見もあるのです。考えや言っている事などが矛盾してしまっているのでは?と思う方も多いと思いますがそんな疑問について今回は、「朝ごはんを食べるメリットや食べないデメリットは?」、「朝ごはんは食べないと太るの?」、「朝ごはんを食べるときの注意点は?」といった、「朝食・摂取・太る」などを求めたお話をご紹介していきます!

 

朝ごはんを食べないと太ってしまうという事が判明!その理由は?

朝ごはんを食べないと太ってしまうという事が判明!その理由は?

これまで朝食を食べると太ってしまうのかなど色々な研究がおこなわれていましたが科学的な仕組みなどもあまりわからないまま提唱されてきた朝食と体重の関係性が愛知県の名古屋大学大学院の研究チームによって明らかにされたのです。

 

そしてその研究結果はというと、「朝ごはんは食べないと太る!」という事が発表されました!その理由についてご紹介させていただきます。

 

名古屋大学の研究チームは、活動期に高脂肪を与えるラット群と、目覚めてから4時間後を目安に同じ高脂肪織を与えるラット群に分けてからその2つの群の様子を約2週間程度観察するという実験を行いました。こちら2つの群は人間でいうと前者は寝起きの朝8時くらいに朝食を食べた時を想定、後者は12時くらいのお昼くらいに初めて食事を摂取した状態に相当すると仮定されます。

 

2週間後、ラットの2つの群は食事の摂取量としては同じ量を摂取したのの、朝食を抜いた状態のラット群は、朝食を食べたラット群に比べて体重や体脂肪率が大幅に増加していたのです。朝食を抜いた状態のラットは、肝臓の時計遺伝子や脂質の代謝に関与する遺伝子の発現リズムが乱れていることや、体温も活動期中の体温が増加する期間が短くなっているということが分かったのです。

 

上記の研究結果から朝ごはんを抜いてしまうと人間の場合でも肝臓時間と体温時間に異常が生じてしまうため、エネルギー消費量が減少という事になり体重の増加が起こってしまうという結論に至ったそうです。

 

今まで不規則な生活をしていては太ってしまうなどと言われたことがある方も多いと思いますが、まさにこちらの朝食を食べないというのも不規則な生活に当てはまり、肥満やメタボリックシンドロームに繋がってしまうことがエネルギー消費量の減少だと結論づけられるでしょう。

 

朝ごはんを食べずに摂取カロリーを減らして痩せようといった思い込みは逆効果だという事が分かりました。結論的には1日3食しっかりと食べて適度に体を動かすことが最もダイエットに効果的だという事ですね。

ただいくら朝食を摂取したほうが良いとはいえ朝から大量に摂取してしまっては逆効果となってしまう事もあるので標準的な量をしっかりととる形にしましょう。