コカコーラゼロは太る?太らない?ゼロカロリーや人工甘味料は体に悪いのかをご紹介

最近よく見かけるゼロカロリーの商品の中でも割と初期から目立っていたのが「コカコーラゼロ」ではないでしょうか?今回はそんなコカコーラゼロについて「カロリーがゼロだから太らないんでしょ?」「ゼロと言っても甘いし飲み過ぎたら太るんじゃ?」と言った点を解説して行こうと思います。

それではコカコーラゼロの太りやすさやダイエット観点の項目についてみて行きましょう。

コカコーラゼロのカロリーについて

コカコーラゼロは太る?太らない?ゼロカロリーや人工甘味料は体に悪いのかをご紹介

まず初めにコカコーラゼロのカロリーについてご紹介させていただきます。「あれ?コカコーラゼロっていうくらいだからカロリーはもちろん0でしょ?」と思われる方が多いのですが実は違うんです!

最近は様々な商品が世の中にゼロカロリー商品として出回っていますが、そのような商品含めコカコーラゼロも正確にはカロリーが0ではありません。「ではどうしてゼロという名がついているの?」と疑問に思う方も多いかと思いますが実際にパッケージの説明書きを見てみると『100gあたり5Kcal未満の場合は0Kcalと表記しています。』と書いてあるのです。

つまり表記はゼロでも実際にはほんの少しだけカロリーが入っているのです。思わぬ落とし穴なので注意が必要ですね。

ただコカコーラゼロのカロリーは100mlあたり5kcal未満という事には変わりありませんが限りなく0に近いとみて良いのではないでしょうか。というのも実際に試してみればわかるのですが「コカコーラゼロで手を洗ってみたらベトベトしないのではないか?」という疑問から実際にやってみました。

普通のコーラから行ってみたのですが、やはり乾いてくるとベトベトして大量の糖分が使われていることがすぐにわかりました。

そしてコカコーラゼロですが、実際に手を洗い乾いてきてもずっとサラサラしたままだったので今まで半信半疑だったゼロカロリーのコーラもこの実験で確信に変えることができましたね。

他にも普通のコーラとゼロカロリーコーラコカコーラゼロの両方を煮詰めてみた結果普通のコーラは焦げが発生したのに対してゼロカロリーの方はほとんど何も残らなかったりと差は一目瞭然となりました。目や味ではわからないところに秘密が隠されていたのですね。

といった所でもし仮にゼロ表記の最高値である5kcalだったとして1.5Lの大きなペットボトルを全て飲み干したとしても75kcal未満であることは確かでしょう。

多くても通常のコカコーラのカロリーが100mlあたり45kcalあるのでどんなに多くてもおおよそカロリー数は通常の物と比べると約1/10位となるようですね。

コカコーラゼロはどうして味があるのか

カロリーゼロなのにどうして味があるのか

こちらはご存知の方も多いと思いますが、コカコーラゼロは人工甘味料を使用している為砂糖などの糖質を使わなくても甘い味を表現したりすることができるのです。実際に普通のコカコーラはかなりの量の見えない砂糖が使われているのでダイエットしている人であればコカコーラゼロを選ぶようにしたほうがいいでしょう。

人工甘味料とは

コカコーラゼロに使われている人工甘味料は実際に糖質などを使わずに甘さを表現しているのですが、やはりいい面だけでなく人工的に作られたものなので体にはあまり良くない働きもあります。実際には人工甘味料がどのような影響を体に及ぼすかなどは研究中の課題ではありますが自然の物質よりは加工した人工物なので摂取しすぎるとかえって危ないとも言われているので注意が必要ですね。

コカコーラゼロでも飲みすぎは太る?

では次にコカコーラゼロでも飲みすぎてしまうとさすがに太ってしまうの?と言った点についてです。コカコーラゼロだけであればそこまで気にする必要はないかもしれませんが、痩せないで太る傾向にあるという話もよく聞きます。ではなぜコカコーラゼロが太ってしまうのか理由を見ていきましょう。

インスリンが分泌されやすくなってしまう

コカコーラゼロのカロリーはほぼ0でも、甘味刺激によってインスリンの分泌が促進されると言われています。インスリンが分泌されると余った栄養を体内に蓄える事となり、結果的には脂肪となってしまうのです。ですのでコカコーラゼロは0カロリーに近いですが必要以上のインスリンは脂肪として蓄積されてしまい結果的に太るという事になりかねないのです。

糖分を求めやすくしてしまう

人工甘味料はカロリーゼロですが飲んだ瞬間甘みを感じるのでダイエット中には効果的な飲料だと言えるでしょう。しかし甘みを感じているのにもかかわらず糖分が足りないと脳が解釈し、更に糖分を求めて甘いものを摂取したがらせるような働きを生んでしまうのです。

そして砂糖と同じく人工甘味料には中毒性があるため一度コカコーラゼロを飲んだら次々と飲みたくなってしまうのです。ただその依存は甘味に対して起きている形となり、スイーツやお菓子が食べたくなってしまうなんてこともあるのでダイエット中に余計なカロリー摂取を促進させてしまう事にもつながると言えます。

コカコーラゼロだけなら大丈夫

懸念点をいろいろとご紹介させていただきましたが、もし仮にコカコーラゼロだけを多めに飲んでしまったという事に関しては太るという観点からは外れると言っても良いでしょう。あくまでも「コカコーラゼロを摂取することによって高カロリーなものを摂取したくなってしまうよ」という事であるのでその他に何も口にしないのであれば太らずに済むと言えます。

おすすめのコカコーラゼロ商品

では最後にここまでご紹介させていただいたコカコーラゼロについて安くまとめ買いできるAmazonなどのページをご紹介させていただきます。

コカ・コーラ ゼロ ペットボトル 500ml×24本

おなじみのコカコーラゼロです。スーパーなどで購入するよりもネットでまとめ買いした方が安く、さらに家に届けてくれるので買い物の手間も省けるのでおすすめです。

コカ・コーラ ゼロ ペットボトル 500ml×24本

Amazonで詳しく見る

 

[トクホ] コカ・コーラ プラス 470mlPET×24本

通常のコカコーラゼロと同じくゼロカロリーですが、さらに食事の脂肪を吸収しにくくしてくれるという優れものです。値段は若干普通のコカコーラゼロよりも高いですがダイエット中という方は格段にこちらをお勧めいたします。

[トクホ] コカ・コーラ プラス 470mlPET×24本

Amazonで詳しく見る

コカコーラゼロって太るの?まとめ

今回はゼロカロリーの商品について述べさせていただきました。実際にはほんの少量のカロリーはありますが、ダイエット中に摂取してもほとんど影響しないと言えるでしょう。

今回のテーマの通りコカコーラゼロの方がダイエットに向いているのかという点ですが、確実に普通のコカコーラよりはコカコーラゼロの方がダイエットに向いていると言えるでしょう。先ほど述べた通りコカコーラゼロは人工甘味料が含まれているため甘いものへの誘惑に負けてしまわなければ糖質の量も明らかに違うため太ることはまずないと言えるでしょう。

また、いくらゼロカロリーだとは言っても人工甘味料の取りすぎには気をつけてください。
今後ゼロカロリーの商品が増えて多くの人のダイエットの手助けになることを望んでいます!