そうめんは太る?痩せる?ダイエット中に気になるカロリーについてご紹介

皆さんは夏の食べ物と言えば何を思い浮かべますでしょうか。冷やし中華?スイカ?など思い浮かべるとたくさん出てきますよね。そこで今回は夏の食べ物の1つとしてなじみの深い「そうめん」についてカロリーや太りやすさ、ダイエット中の注意点などの視点から述べさせていただければと思います。

「そうめんってさっぱりとしていてあまり太らなそう。」「毎日食べても低カロリーだし痩せるんじゃないかな?」なんて思う方も多くいらっしゃることでしょう。

しかしそうめんは炭水化物が中心の為一概に太りにくいとも言い切れないのです!確かに揚げ物などと比較した場合には太りにくいという事はすぐにイメージできるかと思いますが細かくカロリーや成分などを見ていきましょう。

そうめんってどんな食べ物?

そうめんとは?どんな食べ物?

まずはじめにそうめんってどんな食べ物なの?という所から順番にご紹介させていただきます。茹でるは乾燥状態でスーパーなどに売られており、そうめんはうどんやそばと同じく麺つゆに絡めて食べるのが一般的な食べ方です。

そうめんの特徴として1本1本麺の太さがかなり細いという所です。個人的なイメージとしては通常のざるそばで使われるそばの麺の半分くらいの細さではないかなというくらいの印象です。

また、もう一つそうめんのイメージとしては色付きのそうめんが含まれているものもあるという所です。通常スーパーなどに売られているそうめんにはピンクや緑といった色がついている麺が1束につき2,3本入っていて真っ白なそうめんのアクセントとなっている場合が多いです。

味に関しては通常の白いそうめんと変わりはないので単純に見た目だけの違いになるでしょう。そんなそうめんですが他のうどんやそばでは通常行わない食べ方として「流しそうめん」というのも有名ですね。

高さのある場所から水とともにそうめんを流して途中で構えている人が流れてきたそうめんをすくって食べるといったなんとも遊び心のある食べ方です。では実際にそうめんのカロリーなどダイエット目線で見ていきましょう。

そうめんのカロリーは高い?

続いては気になるそうめんのカロリーについて他の食べ物と比較しながらご紹介させていただければと思います。通常そうめんはスーパーで売られている1束でおよそ178kcalとなります。1束の重さは茹でる前が50gが一般的ですが茹でた場合には水分を多く含むため実際には2.7倍程度の重さになると言われています。茹でる前のそうめん100g(2束分)ではカロリー数は356kcalほどとなります。

では実際に食べる際の重さ(ゆでた後)100gに対してのカロリーを他の物と比較してみましたので下記の図をご覧ください。

商品名内容量カロリー100g当たりのカロリー
そうめん135g178kcal132kcal
鳥ささみ100g109kcal109kcal
フライドポテト135g410kcal303kcal
白米1合350g543kcal155kcal
ハンバーガー104g256kcal246kcal
パスタ250g373kcal150kcal

上記の商品のそれぞれのカロリーと100g当たりのカロリーを算出させていただきました。こうして比較してみると全体的にはそこまでそうめんが高カロリーという印象はないのではないでしょうか。

やはり揚げ物であるフライドポテトなんかはかなり高カロリーとなっているのがわかりますね。運動頻度にもよりますが、1日の摂取カロリー目安は通常の特にダイエットなどを心がけていない人で成人男性が2000~2200kcal程度、成人女性が1500~1700kcal程度となります。

ダイエット中の人であればこちらの目安の7割くらいに抑えると良いとされている為男性であれば1日1500kcal未満、女性であれば1150kcal未満程度に抑えると効率的にダイエットができるのではないでしょうか。

ただあまりにも過度なダイエットで通常摂取の5割未満などにしてしまうと一時的にはグッと体重が減少して痩せることはできるかもしれませんが脳が体に異常事態が起こっているなどの信号を送り極力摂取したものを体内に残しておくような体質になり痩せにくくなってしまう場合もあるようです。

痩せたい気持ちはわかりますが焦らずゆっくりと減らしていく方が長い目線で見ると効果的かもしれません。