ナンは太る?カロリーや糖質・ダイエット中の注意点についてご紹介

ナンは太る?カロリーや糖質・ダイエット中の注意点についてご紹介

ナンはカレーと一緒に楽しむインド料理の一つとして、日本でも人気の高いパンの一種です。

しかし、その美味しさゆえに「ナンを食べると太るのでは?」「実はかなり高カロリーなのでは?」と心配する方も多いかもしれません。

そこで今回はナンのカロリーやダイエット中の注意点をはじめ、脂質や糖質の詳細まで細かくご紹介させていただきますのでぜひ最後までご覧ください。を

ナンとはどんな食べ物?

ナンは太る?カロリーや糖質・ダイエット中の注意点についてご紹介

ではまずはじめにナンってどんな食べ物なの?というところから紹介していきます。ナンはインド料理の定番であり、タンドールと呼ばれる壺窯で焼かれるパンの一種です。

小麦粉、水、酵母、塩を主な材料とし、通常は楕円形または涙滴形といった形をしています。そして焼き方も特徴的で、タンドールの内壁に貼り付けて焼くことで、外側がパリッと、中がもっちりとした食感になります。

私もよくインドカレーのお店でナンを食べますが、1枚では足りずついついおかわりをしたくなるほどカレーとの相性が抜群で、一度食べるとやみつきになってしまいます。

ナンのカロリーは高い?

ナンは太る?カロリーや糖質・ダイエット中の注意点についてご紹介

では続いてナンのカロリーについてです。ナンは他のパン類と比較しても高めとなっており、わかりやすく一般的なパンと比較してみました。

パンの種類100グラムあたりのカロリー1枚あたりのカロリー(約150g)
ナン270 kcal405 kcal
食パン250 kcal175 kcal(1枚約70g)
バゲット240 kcal360 kcal(1本約150g)
クロワッサン400 kcal200 kcal(1個約50g)

このように、ナンは100グラムあたり約270キロカロリーであり、1枚(約150グラム)で約405キロカロリーとなります。これは他のパン類に比べても比較的高めのカロリーです。

カレーと一緒に食べるとなると、カレーのカロリーも摂取することになるので1食で1000kcalを超えてしまう事もよくあります。

1枚でかなりの満腹感がありましたが、カロリーを意識すると、食べ過ぎには注意が必要だと感じました。

ナンを毎日1か月間食べ続けるとどうなる?

ナンは太る?カロリーや糖質・ダイエット中の注意点についてご紹介

次にナンを毎日1か月間食べ続けるとどうなるかについて述べていきます。

なかなか毎日ナンを食べる人はいないかもしれませんが、1か月(30日)毎日1枚食べると約12,150キロカロリーになります。体重は約7200キロカロリーで1キログラム増加するため、単純計算で約1.7キログラムの体重増加が見込まれます。

私も頻繁にナンを食べる事はありますが、他の食事内容を調整しないと体重が増加する傾向という事は間違い無いでしょう。

そのため、もしナンを毎日食べる場合は他の食事を低カロリーに抑える工夫が必要です。

ナンはダイエット中に食べてもOK?

続いてナンはダイエット中に食べてもいい?と言った点になりますが、たくさん食べたくなる気持ちはわかりますが適量を守りバランスの取れた食事を心がけることが重要です。

ダイエット中にナンを食べる場合は以下の注意点にを守るようにしましょう。

  1. 適量を守る:ナンの摂取量を調整し、カロリーオーバーを防ぐことが重要です。例えば、1食あたり半分(約75グラム)にすることで、カロリーを半分に抑えることができます。
  2. 低カロリーなカレーと組み合わせる:ナンと一緒に食べるカレーを低カロリーな野菜カレーや豆カレーにすることで、総摂取カロリーを抑えることができます。
  3. バランスの取れた食事:ナンを食べる際には、他の低カロリーで栄養価の高い食材と組み合わせることが重要です。例えば、サラダやスープ、グリルチキンなどと一緒に食べることで、バランスの取れた食事になります。

ナンのカロリーを消費する運動量について

ナンのカロリーを消費するためには、どの程度の運動が必要かを知ることも重要です。ナン1枚(約405キロカロリー)を消費するために必要な運動量を見ていきましょう。

運動の種類1時間あたりの消費カロリー(70kgの成人の場合)405キロカロリーを消費するのに必要な時間
ウォーキング(5km/h)280 kcal約1時間27分
ジョギング(8km/h)600 kcal約41分
サイクリング(16-19km/h)480 kcal約51分
水泳(中程度)500 kcal約49分

このように、ナン1枚を摂取したカロリーを消費するためには、思っている以上の運動が必要です。特にウォーキングやジョギングなどの有酸素運動が効果的ですが、実際にやってみるとかなり大変だということがわかります。

ナンの脂質や糖質について

ナンは、小麦粉と酵母を主な材料とし、バターや油も使用されるため、脂質や糖質が含まれています。以下に、ナンの100グラムあたりの栄養成分を書き出してみました。

成分
エネルギー270 kcal
脂質8 g
炭水化物45 g
糖質4 g
食物繊維2 g
タンパク質6 g

このように、ナンには炭水化物と脂質が多く含まれています。特に炭水化物の量が多いため、エネルギー源として優れていますが、過剰摂取には注意が必要です。

私もナンを食べる際には、バターや油の使用量を控えめにすることで、脂質の摂取量を抑えるようにしています。

ナンについてのまとめ

ナンは、インド料理の定番であり、香ばしい風味ともちもちとした食感が魅力のパンです。しかし、カロリーや脂質、糖質が多く含まれているため、適量を守り、バランスの取れた食事を心がけることが重要です。ナンを食べる際には、他の低カロリーで栄養価の高い食材と組み合わせることや、適度な運動を取り入れることで、摂取カロリーを調整することができます。ナンを健康的に楽しむために、バランスの取れた食生活を心がけましょう。

あなたにおすすめな記事
食べ物
しゅんたろうをフォローする
その他気になるキーワードを検索
カロリナビ