本八幡の人気焼肉店『圭』で絶品コースを堪能♪

何度聞いても「焼肉」という響きは人々の食欲的感情を最大限にしてくれる魔法の言葉のよう。
そんな焼肉の名店、千葉県の本八幡駅にある焼肉『圭』へ行ってきたのでリポート形式でお届けさせていただければと思います!

周辺に住んでいる方や何か本八幡へ行くついでにと考えている方は是非ご覧ください。

焼肉圭の『圭堪能コース』をいただきました♪

JR本八幡駅や都営地下鉄本八幡駅より徒歩3分ほどのところにある焼肉圭。

お店の外観はおしゃれで『[圭]KEI』と大きく記されていました。

店内はとても明るい空間となっており、席へ案内されます。

今回初めて焼肉圭へ訪れたのですが、せっかくなら美味しいお肉をいろんな種類食べたいと思いコース料理を予約させていただいていました。

今回のコースで使うタレも既に用意されています。

圭堪能コースの内訳としては下記の通りです。

前菜
キムチの盛り合わせ
4種の葉っぱのチョレギサラダ
ピリ辛薬味やっこ
ミノのピリ辛ポン酢
和牛の握り

焼物
塩上カルビ
上タン塩厚切り
上ハラミ厚切り
しんしんロック
塩ギャラ
季節の野菜焼き
リブ芯の一枚焼き
上ロース
中ロース
ホルモン盛り合わせ
ゲタ

まず初めに前菜の「キムチの盛り合わせ」が運ばれてきました。

キムチの盛り合わせ

個人的には1番左側のニラ?のキムチが白菜とは違った風味を感じることができとても好みでした。

他にもキュウリ、カクテキ、キムチといろんな種類を少量ずついただけるのは嬉しいですね!

次に運ばれてきたのは「4種の葉っぱのチョレギサラダ」です。

4種の葉っぱのチョレギサラダ

このサラダを食べた時に感じたのがとにかく全ての野菜とドレッシングがマッチしていて食材の旨味をとても活かせているなと。

普段個人的にあまりサラダなどの生野菜は避けがちになってしまっていたのですがこちらのサラダはなんだか苦手意識なく普通に頂くことができました♪

続いては「ミノのピリ辛ポン酢」が運ばれてきました。

ミノのピリ辛ポン酢

こちらは普段焼肉で食べているミノと部位は同じなのですが一味違ったミノを楽しむことができました。

またこちらの上に乗っているネギやピリ辛のタレとの相性が抜群でつい癖になってしまいそう。

お酒のおつまみなどには最高だなと感じました!

続いては「ピリ辛薬味やっこ」が運ばれてきました。

ピリ辛薬味やっこ

こちらもほんのりとピリ辛の風味となっており、薬味を多く使用したタレとの滑らかな豆腐の相性はピッタリ!

ついつい箸がすすんでしまいました♪

そして最後の前菜である「和牛の握り」です。

和牛の握り

こちらもしっかりと脂の乗った和牛を一口食べた瞬間に感じることができ、口の中でとろけるような感覚を味わうことができます。

肉寿司は普段あまり食べる機会がないのでこのようなコース料理に出てくると嬉しいですね♪

そして続いてはいよいよ焼物という事でお肉が運ばれてきます!

まず初めに「塩上カルビ」と「しんしんロック」が運ばれてきました。

塩上カルビはとても脂が乗っていて焼く前からそそられる見た目です。

塩上カルビ

こちらはわさび醤油で頂くことがおすすめとのことなのでサッと焼いていただきます♪

塩上カルビ

口の中へ入れると想像していた通りとても柔らかく脂の乗ったお肉を堪能することができました!

続いてしんしんロックの方です。

しんしんロック

こちらもお肉の厚みを保ちつつしっかりと脂が乗っている為とても柔らかくいただけるそう。

表裏だけではなく側面も焼いて表面が焼けたら食べ頃だということなので早速焼いていきます!

しんしんロック

網に乗せた時に出る「ジューッ」と言う音は何回聞いても良いですね。

しんしんロックは柚子胡椒でいただきます♪

しっかりとお肉本来の味を噛み締めることがでるので豪快に1口でいただくのがお勧めです!

続いて運ばれてきたのは「上タン塩厚切り」と「上ハラミ厚切り」です。

上タン塩厚切りと上ハラミ厚切り

一眼見て分かる通り程よく綺麗な色合いを醸し出しています。

まず初めに上タン塩厚切りの方から焼いていきます。

上タン塩厚切り

それにしても鮮やかなピンクでなかなかこう言ったものはお目にかかれません。

しっかりと表面を焼いていきます。

こちらはやっぱりタン塩ということで生搾りレモンで贅沢にいただきます♪

1口で食べてしまうのがもったいなかったので2口に分けていただいてみたのですが噛んだ瞬間に普段一般的な焼肉屋さんでは味わうことができない歯応え、そしてレモンとの相性も抜群で言葉が出ませんでしたね。

今までいただいたタンの中でも最高峰の美味しさを感じられることができました!

そして上ハラミ厚切りも続いていただきます。

こちらもしっかりと歯ごたえのあるお肉の弾力感、そして程よい脂の乗った舌ざわりが最高でした♪

続いて運ばれてきたのは「季節の野菜焼き」です。

季節の野菜焼き
季節によって出てくる野菜が違うようですが今回いただいたのはズッキーニと椎茸です。

コース料理ならではの野菜焼き。付属の味噌や塩をつけていただきます。

その時々の季節の味を堪能できるのは嬉しいですね。

そして次は「塩ギャラ」です。

塩ギャラ
私自身も初めて聞くお肉の部位ですが牛の胃袋の4つのうちの一つがギャラという部位になるそうです。

食感としては少しコリッとした印象もありますがホルモンに近いイメージです。

こちらも美味しくいただきました♪

まだまだお肉が運ばれてきます、次は「リブ心の一枚焼き」です。

リブ心の一枚焼き

こちらのお肉は焼肉圭の中でも人気が高く目玉商品の1つでもあります。

リブ心の一枚焼き

このようにお肉一枚の大きさがとても大きく、網の上では一枚しか乗り切らないほどです。

サッと炙る程度に火を通したら同時に運ばれてきたつゆに付けていただきます。ネギとの相性がバッチリでした!

十分焼肉圭のお肉を満喫してきましたがここで「上ロース」と「中ロース」の2品が運ばれてきました!

上ロースと中ロース

上ロースは綺麗なサシが入った上品なお肉、そして中ロースはお肉本来の味を楽しめる赤身となっています。

こちらも中央のネギと一緒に食べるのが相性抜群でした♪

そして最後に「ホルモン盛り合わせ」と「ゲタ」が運ばれてきました!

ホルモン盛り合わせとゲタ

最後のお肉という事もあり一枚ずつ丁寧に焼き焼肉圭の圭堪能コースを十分に満喫させていただくことができました♪

ただこれだけではありません!

圭堪能コースの料理としては全て終了ですが、もう少し何か食べたかったのでシメに「冷麺」を頂くことにしました。

ただコース料理も全て終わってお腹の空き具合としてはほぼお腹いっぱい状態だった為1人前ではなくハーフの冷麺を注文させていただきました。

冷麺

最後のシメにはぴったりのサイズですね。

焼肉圭の圭堪能コースまとめ

今回は本八幡駅から徒歩3分ほどのところにある焼肉圭の人気コース「圭堪能コース」をご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか。

個人的にはとても落ち着いた空間で美味しいお肉をいただくことができて満足です♪

今回私自身が最も気に入ったお肉はやはり「上タン塩厚切り」ですね!

なんと言ってもあの肉厚のタンは何度でも口の中へ運びたくなるそんな欲望にそそられております。

今回はコース料理として圭堪能コースをいただきましたが、もしまた行く機会があればコース料理ではなく好きなお肉を注文するのも良いかなと思っています!

今回こちらの記事を読んでいただき気になったという方は是非焼肉圭に足を運んで美味しい焼肉を堪能してみてはいかがでしょうか。