話題の本所吾妻橋【塩パン屋(パン・メゾン)】で4種類の食べ比べしてみました!

皆さんは塩パンと呼ばれるパンを食べた事があるでしょうか?初めて聞く人も多いと思いますが最近塩パンと呼ばれる種類のパンがとても流行っているんです!そして現在では塩パン専門店というお店も数多く出店しているようです。

今回はそんな塩パン専門店の中でも特に人気が高い本所吾妻橋駅近くの【塩パン屋(パン・メゾン)】へ実際に行って購入してきましたので各種食べ比べた感想を述べさせていただきます!

これから本所吾妻橋の塩パン屋さんに行くという方は是非目を通していただけると幸いです!

塩パン屋 pain・maison (パン・メゾン) について

まず初めに今回商品をご紹介させていただく塩パン屋 pain・maison (パン・メゾン)について軽くご紹介させていただきます。お店の場所は都営浅草線の本所吾妻橋駅A3出口より徒歩2分ほどの場所にあるので駅からのアクセスは抜群です!


≫大きい地図で見る

A3出口から歩いてまっすぐ進んでいくと緑色の背景に「塩パン屋」と大きく書かれたお店が現れるのでこちらが目印となっています。

食べログの評価でも★3.60前後とかなり高評価を得ているお店の為時間帯によっては店外まで行列が出来ているという事も珍しくはありません。

また、こちらのお店では1人が購入できる個数制限を設けており、通常の塩パンであれば1人20個までとなっています。ただ1人で20個買う人はそんなにいないと思うので一般の人にとってはそこまで個数制限にひっかかるような人はいなさそうですね。

各種塩パンを実際に食べてみた感想

では続いて私自身が実際に食べてみた塩パンの感想をそれぞれ1つずつご紹介させていただきます!あくまでも個人的な味の感想や意見となるので参考程度に効いていただけると幸いです。

※2022年9月21日より価格が改訂されているので改定後の価格で記載しています。

塩パン(110円)

塩パン

まずは定番のシンプルな塩パンです。価格は110円となっておりカリッとした食感にほんのりと聞いた塩味が絶品の塩パンです。どのような製造方法かまでは分かりませんがバターを比較的多めに使っているようで、塩パンの底に当たる部分はバターが手につくほどです。

塩パンの中は空洞になっていてぎっしりとパンが詰まっているわけではありませんがこのスタイルTHE塩パンという感じで美味しさを引き立てているのではないかと思います。

あんバター(220円)

あんバター

続いてはあんバターです。この商品はプレミアム商品とのことで価格は220円となっています。あんの部分はこしあんで写真だと少し見ずらいですが塩パンの中にバター1本とあんが入っている商品になります。

塩パン自体も比較的バターは使われているようなのでそこにプラスでバターとなると若干くどさを感じる人もいらっしゃるかと思いますが小倉トーストなどがお好きな方はかなり好みの味なのではないかと思います。

ハムチーズ(170円)

ハムチーズ

続いてはハムチーズです。名前の通りハムとチーズが塩パンの中に挟まっている商品で価格は170円となっています。写真では見えていませんが中にはマヨネーズも入っており塩パンととてもマッチしているように感じました。

やはり普通の食パンにハムやチーズを挟んで食べるよりも塩パンの塩気があるとさらにおいしくいただくことが出来ますね!

ハムたまご(170円)

ハムたまご

そしてハムとたまごサラダが塩パンに挟まったハムたまごです。こちらの価格は170円でハムチーズ同様に朝食に合いそうな組み合わせとなっています。中に入っているたまごサラダもとてもおいしく、サンドイッチなどではよくこの組み合わせで食べる方も多いと思うのですが塩パンにはさんで食べる事で塩味の風味が足されまさに美味でした!

本所吾妻橋の塩パン屋(パン・メゾン)についてまとめ

今回は本所吾妻橋駅にある塩パン屋さんへ実際に行き4種類の塩パンを購入し食べ比べてみた感想を述べてみましたがいかがでしたでしょうか?個人的にはやはり定番メニューの塩パンは外せないなと感じました!そしてサンドされている商品の中だとハムチーズがイチオシで中に入っているマヨネーズとの相性もばっちりでした!

こちらの塩パン屋さんにはまだまだ多くの種類があったのでまた次回行く機会があればそちらのレビューも追加させていただく予定ですので楽しみにお待ちください♪

お店の公式インスタグラムもあるようなので気になる方はこちらもご参照ください!

あなたにおすすめな記事
グルメ
【リクトレ】編集部をフォローする
その他気になるキーワードを検索
『リクトレ』総合雑記