道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ

愛媛県に旅行へ行くほとんどが訪れるであろう道後温泉。今回はそんな道後温泉のすぐ近くにある【茶玻瑠】と言うホテルに宿泊してきましたので夕食バイキングや温泉、朝食や部屋の様子など細かい部分を実際にブログ形式でお届け致します。

これから茶玻瑠に泊まる予定があると言う人や道後温泉のどのホテルにしようか悩んでいる人は是非参考にしていただければと思います。

茶玻瑠にチェックイン

今回は東京羽田空港から松山空港まで飛行機で向かい、そこからレンタカーで道後温泉へ向かいました。

所要時間としては松山空港から道後温泉までは30分くらいの距離で15時のチェックイン時間よりもだいぶ早く着いてしまいましたが駐車場の利用と荷物の預かりをしてくれるとのことなので手続きを済ませました。

道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ

部屋に入れるのは15時からなので道後温泉の周辺を散策します。茶玻瑠では道後温泉に入浴するためのチケットを通常420円ですが350円と少し割り引いた価格で購入できるのでさっそくそちらを利用して道後温泉へ向かいます。

道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ

今回訪れたタイミングではまだ工事中となっており、色鮮やかな壁がかかっていました。お湯の温度が熱いと有名な道後温泉ですがやはり今も熱く、サッと湯船に浸かって出てきました。

周りの商店街などを見ていると15時を迎えたのでこれから部屋に向かいます。

茶玻瑠のお部屋紹介

さぁ続いては鍵を受け取り部屋へと向かいます。受け取った鍵ですが何やら石が付いていてなかなかユニークな鍵でしたね。

道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ

道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ

今回宿泊したのお部屋は和モダンルームで中央にベッドが2台並ぶお部屋となっています。

道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ

奥の障子を開けると茶玻瑠のテラスが見えますね。

道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ

その他お茶やコーヒー、和菓子もついておりお湯は90度に設定されて沸かせておいてくれていました。

道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ 道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ

洗面所にバスルーム、トイレです。

道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ

空気清浄機も付いているのはありがたいですね。

道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ

道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ

バスタオルと浴衣、それからアメニティは揃っています。

部屋の広さとしては34平米となっており2人で泊まるには十分な広さとなっていました。

茶玻瑠の夕食バイキング

では続いて茶玻瑠の夕食バイキングについてご紹介させていただきます。

道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ

会場はホテルの3階にある玻璃と言う夕食会場で、通常のバイキングだと好きな料理を取ってきて終わりですが、茶玻瑠のバイキングはメインディッシュを1品選ぶことができるバイキングとなっていました。

道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ

道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ

今回私が選んだメインディッシュは愛媛産和牛のステーキをチョイスさせていただきました。量は少なめでしたがとても柔らかくて美味しいお肉でしたね。

道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ 道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ 道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ 道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ

その他のバイキング料理はおつまみ系が多いイメージでよくあるお寿司や天ぷらなどの和食はありませんでした。

道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ

あまり見かけない生ハムの原木もありワインと一緒に食べるのがとても合いそうな料理が並んでいました。

道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ 道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ 道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ 道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ

また、デザートのクオリティがとても高く通常のバイキングよりも美味しかったです。

道後温泉茶玻瑠の温泉・露天風呂

続いては茶玻瑠の温泉と露天風呂についご紹介させていただきます。大浴場は1番上の10階にあり、こちらの入口から入ります。
※浴室内は撮影不可のため公式ページより写真をお借りしています。

道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ
出典:https://www.chaharu.com/

まず内湯ですが10名ほどが入れるくらいの大きさとなっていました。湯船の周りに洗い場があると言う感じですね。

道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ
出典:https://www.chaharu.com/

そして露天風呂ですが男性が入れる星の湯は1人用の樽風呂が2つと大きな岩風呂が1つとなっていました。

道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ
出典:https://www.chaharu.com/

岩風呂からだと松山市の景色を眺めることができないのですが、1段上にある樽風呂からだと景色を眺めることができるのでゆっくりと外を見ながら浸かりたいと言う人はおすすめです。

茶玻瑠の朝食

続いては道後温泉茶玻瑠で楽しめる朝食のご紹介です。通常のホテルでは朝食バイキングまたは固定のメニューが提供される場合が多いですが茶玻瑠の朝食は一味違います。

道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ

道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ

まず初めに洋食と和食を選択します。

道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ

そうすると固定のメニューが運ばれてきますが、メニューの裏を見ると追加でオーダーすることができるのです。

しかも別料金でオーダーというわけではなく無料で好きなものを追加できるという仕組みになっています。

道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ 道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ 道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ

今回私は洋食をチョイスし、じゃこかつやフレンチトースト、鯛めしのおにぎり茶漬けを追加でチョイスしてみました。

特に鯛めしのお茶漬けは愛媛県の名物である鯛めしとなっているのでとても美味しくいただけました。

その他道後温泉茶玻瑠について

では最後に茶玻瑠でご紹介させていただきたいその他の施設などについてご紹介させていただきます。まずは大きい旅館やホテルだと基本的にあるお土産コーナーです。

道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ

道後温泉のお土産もここでそろえることが出来そうですね。

次に湯上りのラウンジです。

道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ 道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ 温泉を出た際に冷たい水を飲みながらリラックスできるスペースとなっています。

道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ

お酒の自販機もあるので夜の晩酌にも利用できそうですね。

道後温泉【茶玻瑠】のバイキングブッフェ&温泉満喫ブログ

また、外を見ると改修中の道後温泉を上から見ることが出来たのでなかなか貴重な光景となりました。

道後温泉茶玻瑠の宿泊ブログまとめ

今回は愛媛県の観光名所道後温泉のすぐ近くにある茶玻瑠というホテルに宿泊した感想を述べさせていただきましたがいかがでしたでしょうか。

個人的な感想としてはこんな感じです。

良かったところ
・道後温泉の繁華街から近く利便性が高い。
・露天風呂からの景色が絶景
気になったところ
・Wi-Fiが弱く繋がりにくい
・バイキングのメニューが少し少ない

といったところでしょうか。Wi-Fiは動画を見るとほぼ確実に止まってしまったりするのでホテル内でYouTubeなどを楽しみたいという人にとっては少し検討が必要かもしれません。

ただメインの温泉はとてもよく、露天風呂から広がる景色を眺められる場所ってあまりない気がするのでその辺はかなり評価できるのではないかと思います。

 

あなたにおすすめな記事
ホテル
【リクトレ】編集部をフォローする
その他気になるキーワードを検索
『リクトレ』総合雑記