陸上短距離でタイムや記録が伸びない!伸びる時期の見極めとは?

陸上で記録が伸びないスランプ時期にやるべき事

今回は長年陸上競技を続けているといつかぶつかってしまうスランプという壁についてどのように対処したらいいのかをご紹介させていただこうと思います。

おそらくこの記事にたどり着いたという人は記録が全く伸びない、去年の方が全然いい記録を出せていた、など自己ベストをしばらく更新出来ていないという人が多いのではないでしょうか。

そんな方々にどのような行動をとったら自己ベストをまた更新できるようになるのか解決方法をサポートさせていただければと思います!

スランプに陥ってしまった時にさまざまなことを考えたり、いろんな行動をしてみたりすると思いますが何が正しくて何が間違っているのかを明らかにさせることが大切です。

それでは一つずつ一緒に考えていきましょう。

 

タイムが伸びないことを考えすぎない

タイムが伸びないことを考えすぎない

スランプに陥ってから記録が伸びない、、と常に悩み続けながら日常生活を送ってはいませんか?

確かに常に陸上競技のことを考えて記録を伸ばしたい!と思っていることは素晴らしいです。

しかし『記録が伸びない、記録が伸びない、、』と考え過ぎてしまっていては周りの物事が見えなくなってしまいます。

また、同期や後輩などが次々と自己記録を更新しているのを目の当たりにすると「なんで自分は。。早くベストを出さないと。。」と余計に焦りを感じてしまう場合があります。

それでは逆効果になってしまう場合もあるので『練習を続けていればいつかきっとベストが出るさ!』と気楽な考えを持って練習に励んでみてください。

記録など気にしていない人はスランプなど全く気にしていないのでベストを常に出そうと考えているだけ素晴らしい事です。

 

記録にこだわって通院に頼らない

記録がなかなか伸びなくなると「どこか体がおかしくなってしまったのかな?」と考えてしまうことがあります。

そして整体やマッサージ、接骨院などあらゆる手段を試してみたもののほとんど効果はなし。

なんてことはないでしょうか?確かに体をほぐしたりすることは良いことなのですがいい記録が出るようになるわけではありません。

あまりあちこちいろんな治療院を回ってしまうと逆に体がおかしくなってしまうこともありますので行きつけのところなどに絞って重要な試合前だけなどにしてみてはいかがでしょうか。