陸上部が練習で着る服装ってどんな格好が走りやすい?

陸上競技をする上での服装はどんな格好が走りやすいのか

今回は陸上競技においてどのような服装で練習するのがベストなのかという点についてご紹介させていただきたいと思います。

服装と言っても時期や練習メニューによってそれぞれだと思いますができることならなるべく走りやすい格好の方がいいですよね?

そんな服装についてですが自身が陸上競技を続けてきた上でできそうなアドバイスを経験談含め解説させていただこうと思います。

夏場の黒シャツはNG

服装の色は正直関係ないのでは?と思う方も多いと思いますが夏場に至っては色で暑さが全く違うという傾向地あるのです。

黒いシャツは熱を吸収しやすいので白いシャツを着ている人に比べるとどうしても暑さを感じやすくなってしまうという現実です。

黒いシャツを着ているからと言ってタイムが遅くなるとかはありませんが練習に臨むモチベーションとしてはなるべく暑さは避けたいものです。

ランシャツ&ランパン

長距離の選手であればランシャツにランパンという試合と同じ格好で走るのがベターとなっています。確かに長い距離を走るのなるべく身軽な格好で試合に近い服装がベストでしょう。

しかし冬などは気温的にランシャツランパンだと寒いのでしっかりと着込んで体調を崩さないようにしましょう。

タイムトライアルなどポイント練習の場合は身軽な服装にしてもいいかもしれませんね。

ショータイ&ロンタイ

短距離の選手であればタイツを履いて練習に励むことが多いかと思います。確かにタイツを履いて走ることによって筋肉がピシッと引き締められるので速く走れるような気持ちにもなります。

夏場はショータイ、冬場はロンタイという形で分けて履いてみてはいかがでしょうか。体にブレがなくなるのでスムーズにいいフォームで走れるようになるでしょう。

靴下の長さについて

私自身はあまり長い靴下が好きではなかったので常にくるぶしまでのソックスを履いていました。

陸上競技を行なっている人であればあまり長いソックスを履く人はいないと思いますがこちらはオススメの服装というよりは自分の好みでいいかと思います。

しかし夏場に中途半端な長さの靴下を履き続けていると変なところで日焼けしてしまう恐れもありますので見た目を気にする人はそこらへんも考慮してみるといいでしょう。

上裸で

夏場の猛暑日などはランニングシャツですら着るのが嫌になる程暑い時があります。

そんな時よく上裸で走っている人を見かけますがどんな効果があるのかというと日焼けでシャツの跡がつかなくなる事や自分の肉体を他の人に見せつけることができると言った所でしょうか。笑

練習する上ではほとんど変わらないので上裸が禁止されていない場所であれば開放的に走ってみてもいいのではないでしょうか。

厚着のジャージ

冬場などは寒いのでどうしてもジャージにウインドブレーカーなど沢山着込んでしまうと思います。しかし着込みすぎてしまうと走る際に体が動かしにくくなってしまうので走る際には1枚脱いで走りやすい格好にするなど工夫が必要です。

ベストは長袖のシャツにロンタイなどの服装でしょうか。