私が陸上部に入った理由と入部後の環境について

陸上部に入った理由と入部後の話

今回は自分がなぜ陸上部に入ったのかという理由についてお話しさせていただきたいと思います。誰もが今までに入った部活に対して入部した決め手や理由が必ずあるかと思います。中にはなんとなく入部してなんとなく3年間過ごしてしまった。なんて人もいるかと思います。

そんな人でも何か必ずきっかけがあるはずです。全く興味もない部活にあえて入る人なんていませんからね。さて余談は置いておいて私自身がどうして陸上部に入部したかという点について述べていきたいと思います。

陸上部に入部したきっかけ

私自身は高校に入学するとともに陸上競技を始めたのですが、実はもう入学する前から陸上部に入部しようという事はあらかじめ決めていました。よく新学期になると上級生が部活動勧誘の看板などをもって自分の部活に誘ってくると思いますが正直その部活で強くなる人は勧誘ではなくて自分の意志で入部をあらかじめ決めていた人だと思います。

自分の場合その理由はというと遡る事3年前、、実は中学に入学した時に陸上部へ入ろうかなと考えていたのですが自分の通うことになった中学校の陸上部は廃部してしまっていて部活自体が存在していなかったのです。それでその時は仕方ないと考えて次に興味のあったバスケットボール部へ入部することにしました。

しかしバスケットボールはとても楽しかったのですがどうしても陸上部への憧れが忘れられず高校では絶対に陸上部へ入ろうと日々思っていました。

そこでなぜそんなに陸上部へ入りたかったのかというとただ単純に短距離を走るのが好きで100mのタイムを正式に測ってみたいという理由でした。

小学生の頃から足は速い方でしたがクラスでは1,2番、学年では同じくらいの速さの人が5,6人くらい居るような感じでそこまでダントツで速かったというわけではありません。

しかし自分の性格が負けず嫌いということもあり絶対に運動会などでは負けたくなかったというような記憶が残っています。

しかし本格的に陸上をやって居る人から見れば全く歯が立たないような記録でしたがそれでも正確に100mという距離をスパイクを履いて走って見たい!と思ったことから陸上部への思いがずっとありました。