運動部が炭酸禁止にするメリットや理由とは?意味をご紹介!

炭酸禁止は記録に影響あるのか

今回は中学生や高校生が大事な大会まで炭酸禁止など一度はやったことあると思いますが実際にどのような影響があるのかということについて解説させていただきます。

私自身学生時代は陸上競技部で短距離種目を専門にやっていたこともありますので経験を踏まえてお話しできればと思います。

なぜ炭酸禁止が推奨されるのか

まずはこちらの理由ですが炭酸自体があまり体に良くないというのではなく大抵の場合の炭酸飲料には多くの糖分が含まれています。そのため炭酸飲料を毎日のようにガブガブ飲んでしまうとかなりの糖分を摂取し続けてしまうことになります。

その結果体に脂肪がついてしまったりして体重が増えるという事になり記録が悪くなってしまうというのが考えられます。

 

ゼロカロリーの炭酸飲料なら大丈夫?

スーパーやコンビニなどではもう当たり前のように売られているゼロカロリーの炭酸飲料ですがこちらの商品がではじめたのは割と最近のことなのです。

ゼロカロリーということです糖分が入っていないならいいのでは?
と思う方も多いと思いますが実際は人工甘味料という甘さを感じさせるものを入れているのでそこまで体にいいとは言い切れません。

人工的に作られたものよりかは自然に糖分が入っている方が体にはいいという人もいるので考え方は様々なようです。

しかし太りたくないけど炭酸飲料は飲みたいなど考えている人はゼロカロリーの炭酸飲料をお勧めします。ゼロカロリー商品はダイエットに効果があるのかという疑問に基づいてですがカロリーの過剰摂取を抑えたいけど炭酸ジュースが飲みたいなどという場合には良いかもしれませんね。

 

炭酸はデメリットだけなのか?

炭酸禁止で記録が伸びるのか

続いて炭酸飲料はデメリットだけで体に悪影響を与えるだけなのかという部分についてですが炭酸自体は400mなどの長い距離を走りきった後に出る乳酸という物質を分解してくれる役割があると言われています。

400mを走ったことがある人ならわかると思いますが体内から酸素が足りなくなってかなりしんどい状態になりますよね?その状態を少しでも軽減させてくれるのが意外にも炭酸なのです

なので炭酸飲料にはデメリットだけでなくしっかりとメリットもあるので飲み過ぎたりしなければ体を良い方向に持って行くことも可能なのです。

しかし運動中など練習の合間に炭酸飲料を飲むのはあまりよろしくないので極力控えましょう。

 

炭酸禁止すると痩せる

今まで飲んでいた炭酸を水やお茶にする事によってかなり糖分を抑えることができます。その結果摂取カロリーも減り太りにくい体になるかと思います。

実際に炭酸飲料を禁止するだけでそんなに痩せるのかという疑問はあると思いますが少しずつ毎日の摂取カロリーが減少するので今までと同じ生活をしていれば少しずつ確実に減量できるはずです。