陸上競技の人口は日本全国で何万人?

今回は日本国内における陸上競技の競技人口はどのくらいいるの?という観点について解説させていただこうと思います。

陸上競技の競技人口とはいえジョギングやランニングを日ごろ行っている人なども正確には人口に含まれますが今回対象とする競技人口は日本陸連の登録を行っている人を基準にさせていただきました。

中学・高校などの部活動で陸上競技部に入っていれば必ず日本陸連の登録は学校側で行ってくれるので市の大会や公式戦などに出場できるようになっています。

 

サイト内で人気のおすすめキーワード◎
100m 練習200m 走り方400m 走り方400m 練習やり投げ コツ砲丸投げ コツ肉離れ 陸上

 

陸上競技の競技人口は何人?

では実際にどのくらいの人が日本陸連の登録を行って陸上競技の競技者として活動されているのかというと2018年度のデータで約43万人という事が明らかになっています。

皆さんが思っていたよりも多いですか?少ないですか?

 

下記のグラフが中学・高校・大学・社会人の日本陸連登録者の数となっています。

陸上競技の競技人口
出典:https://www.jaaf.or.jp/about/entry/

中学生の陸上競技人口

2018年度の中学生の日本陸連登録者数は201,397人となっています。

 

2000年を超えてから中学生の陸上競技人口がかなり増えている傾向にあり、ここ数年で10倍以上の競技人口になるなど若い世代には陸上競技のブームが来ていることもうかがえます。

 

確かに以前よりもかなり中学生など若い世代における好記録の更新などレベルがとても上がってきているようにもうかがえます。

この先も人口が増え、中学記録の更新など非常にハイレベルな争いが行われることが予想されています。

 

高校生の陸上競技人口

2018年度の高校生の日本陸連登録者数は114,391人となっています。

中学生のおよそ半分くらいの人口となり、中学と大きく違う点として高校によっては陸上競技部に力をかなり入れているところも多く県外から選手をスカウトしてくることもあるでしょう。

相対的な人口として全国の高校生が3,226,017人に対して114,391人となり、約30人に1人は陸上競技部員という形で見ると実感がわくのではないでしょうか。

クラスに1人くらい陸上部がいるという感じですね。

 

大学生の陸上競技人口

2018年度の大学生の日本陸連登録者数は20,742人となっています。

中学生、高校生に比べて大きく人口が減っているのは高校までと決めており大学に進むと同時に陸上競技をやめてしまったり、大学に進学せずに就職などという人も多く出てくるためです。

 

なかなか大学まで本格的に陸上競技を続けている人も多くなく、高校時代のおよそ5分の1という割合になっています。

長距離選手などでは箱根駅伝に出場したいなど大きな目標を掲げて陸上競技で大学を決めて入学する選手もいます。

 

社会人の陸上競技人口

2018年度の社会人の日本陸連登録者数は93,604人となっています。

大学生の競技人口から比べて大きく伸びているのは年代関係なく何歳でもこの枠に当てはまることや、長距離種目を本格的に行っている人が多いことが理由となります。

一方短距離種目では社会人になってなかなか実業団などに入っていない限り難しい種目ではあるのでどうしても人口は少なくなってしまうと言えます。