日本の陸上が強い強豪大学ランキング10選!関東、関西、国公立までご紹介

日本の陸上が強い大学10選!あのオリンピック選手の出身校は?

以前日本全国の陸上の強い高校をご紹介させていただきましたが今回は日本全国の陸上の強い大学という事でいくつか陸上の名門大学をご紹介させていただければと思います。

陸上の強い高校・中学についてはこちらをご覧ください。

日本全国の陸上が強い高校10選!

陸上部が強い中学校10選!

 

サイト内で人気のおすすめキーワード◎
100m 練習200m 走り方400m 走り方400m 練習やり投げ コツ砲丸投げ コツ肉離れ 陸上

 

スポンサーリンク

陸上の強豪校はどんな大学?

陸上の強い大学ともなれば高校時代にある程度成績を残している人がスポーツ推薦などで入学してくるかと思います。

陸上の強豪大学の中にはオリンピックに出場する選手など日本代表クラスの選手も在籍しているので練習もかなりハイレベルになってくるでしょう。

それでは日本全国の陸上が強い大学をご紹介していこうと思います。

 

スポンサーリンク

1、陸上の強い大学:日本大学

日本大学文理学部
出典:https://www.chs.nihon-u.ac.jp/community/

関東インカレの総合優勝常連校の「日本大学」です。

日本大学は主に東京都世田谷区にある文理学部の陸上競技場で活動場所としています。

陸上競技で有名な卒業生としてはリオオリンピックで4×100mリレー銀メダリストのケンブリッジ飛鳥選手800m日本記録保持者の川元奨選手、そして藤光謙司選手らが在学しておりました。

 

スポンサーリンク

2、陸上の強い大学:日本体育大学

日本体育大学
出典:http://ctkr.seesaa.net/article/431003142.html

箱根駅伝連続出場回数で最多記録を更新中である「日本体育大学」です。

近年では女子の短距離選手が強く、2018年には4×100mリレーで日本学生新記録をマークするなど日本トップクラスの選手がそろっています。

陸上競技で有名な卒業生としてはオリンピックで2度メダルを獲得しているマラソンの有森裕子選手1500mで日本学生記録保持者の石井隆士選手(現日本体育大学陸上競技部監督)らが在学しておりました。

 

スポンサーリンク

3、陸上の強い大学:東海大学

東海大学
出典:https://up-j.shigaku.go.jp/department/category09/00000000264005036.html

陸上競技全般的に強豪とされている「東海大学」。

最近は1500m等中距離種目にとても力を入れている様子で2019年の関東インカレでも男子1500mにて1位、2位を獲得している。

陸上競技の主な出身者は北京オリンピック4×100mRの銀メダリストメンバーの塚原直樹選手、末續慎吾選手400mの日本記録保持者で現東海大学の指導者を務める高野進選手、100mの前日本記録保持者の伊東浩司選手など名だたるメンバーが東海大学の出身者となります。

また、タレントとしても活躍されているやり投げの照英さんも東海大学陸上競技部の出身者です。

 

スポンサーリンク

4、陸上の強い大学:中央大学

中央大学
出典:https://www.studyplus.jp/691

箱根駅伝最多出場回数を誇る「中央大学」です。

近年では100mや200mの選手の層が厚く、学生の大会であれば大体上位に中央大学の選手が残ってくるでしょう。

陸上競技で有名な卒業生としてはリオオリンピック4×100mリレーで銀メダルを獲得した飯塚翔太選手や400mHでロンドンオリンピックに出場した舘野哲也選手らが在学しておりました。

 

スポンサーリンク

5、陸上の強い大学:東洋大学

東洋大学
出典:http://skmarch.site/archives/9809918.html

近年幅広い種目において有名選手を輩出している「東洋大学」です。

100mで日本人初の9秒台をマークした桐生祥秀選手や箱根駅伝で4年連続区間賞を獲得し山の神と呼ばれた柏原竜二選手など短距離種目においても駅伝種目においても力を入れている東洋大学。