陸上100mの練習メニューやレースのコツをご紹介

陸上競技短距離100mの走り方と練習メニューを解説

この記事では陸上競技の花形とも言える短距離の100m走について今回はご紹介していきたいと思います。

陸上競技界の100mと言えば圧倒的な世界記録保持者でもあるウサイン・ボルト選手が思い浮かぶのではないでしょうか。そんなウサイン・ボルト選手も2017年の世界陸上を最後に引退したことで後継者が出てくるのかなど世間では騒がれております。

そしてここ最近では日本人のレベルも急激に上昇しており、2020年の東京オリンピックへの意識も高まっているのがうかがえるでしょう。

2017年9月には日本人初となる9秒台で9秒98の日本記録(当時)を桐生祥秀 選手が出してくれたことで一躍注目されている100mですね。
※2019年にサニブラウン選手が日本人2人目となる9秒台そして9秒97の日本新記録をマーク、また2021年には山縣亮太選手が9秒95とさらに日本記録を塗り替えたことで日本の短距離界が大いに盛り上がっています。

その日本人選手のレース展開や走り方を元に解説していきたいと思います。
まず2020年現在、日本人の中で5名注目選手をピックアップさせていただきました。

・サニブラウンアブデルハキーム 選手
・桐生祥秀 選手
・小池祐貴 選手
・多田修平 選手
・山縣亮太 選手

こちらの5名の選手を、元に走り方のパターン等を解説していきたいと思います。

 

サイト内で人気のおすすめキーワード◎
100m 練習200m 走り方400m 走り方400m 練習やり投げ コツ砲丸投げ コツ肉離れ 陸上

100m走のレース展開と走り方

陸上11秒台

まずはスタートの速い多田選手山縣選手の走り方ですが、スタート直後も低い姿勢で少しずつ中盤に向けて加速して行くことにより無駄な抵抗を抑えられます。山縣選手は、スタートした瞬間に目の前に落ちているゴミを拾うような感覚でスタートを切っているそうです。

また、陸上競技部に入りたての人や初心者の人はどうしても力任せにスタートを切ってしまい、すぐに顔を上げて走ってしまいがちです。(私も陸上競技を始めた当初はすぐに起き上がってしまっていました。)

そこをグッと我慢することによってスムーズなスタートを切ることができ、うまく加速に乗ることもできるのです。その結果自然と体が起き上がりゴールまでスピードに乗って走りきることができますので慣れない最初のうちは意識してレースに臨むと良いかもしれません!

 

続いて中盤の走り方ですが、こちらは日本人初の9秒台をマークした桐生祥秀選手が非常に得意としている中間疾走でスピードに乗った桐生選手は世界のトップクラスの選手達と並んでも戦える程良い走り方をしているといえるでしょう。

30m〜70m地点ではどんな選手でも最もスピードに乗っている地点と言えますのでいかにここの区間でスピードに乗れるかが重要となってきます。桐生祥秀の走り方を見ると膝が上手く上がっており、腕の振りもスタート直後と比べると大きくなっていることがわかります。

つまり中盤疾走では膝を上げてストライドを伸ばすことにより自然と腕の振りも付いてくると思いますので競り合って硬くなってしまわないように大きな動きを心がけると良いでしょう。

 

最後は70m〜100mの後半、ゴールまでですがこちらはサニブラウン選手、小池祐貴選手が非常に得意としており、両選手に共通している事は200mにとても強いという事です。先ほどご紹介したストライドを大きくして膝を上げるという走り方を身につければ自然とトップスピードをあまり落とさずにゴールまで駆け抜けることができます。

よって200mが強い選手の方が前半のスピードをあまり落とさずにゴールできるので、スタートが得意な選手が先行していたとしても後半で捲り上げる事が可能となるのです。

ですが小池祐貴選手の場合はストライドが狭い代わりにとてつもなく速いピッチで足を回転させ、通常100mのトップ選手であれば100mを47歩ほどで走る所を小池選手は51歩程度と平均よりも4歩も歩数が多いながらも足の回転数の速さで9秒台の記録を出しているのです。

以上の事をまとめさせていただくと

スタートはすぐ顔を上げずに我慢する。

中盤から後半にかけては膝をしっかりと上げ大きな動きをイメージする。

競り合った時に硬くならず顎が上がらないようにする。

陸上短距離走における基礎から応用まで全般的に解説しているページもご用意させていただきましたので気になる方はこちらから参考にしてみてはいかがでしょうか。普段あまり行っていないようなトレーニング方法まで詳しく解説させていただいています。

陸上ニュースで学ぶ陸上競技短距離種目の基礎から応用へ