200メートル走の走り方やカーブのコツ&速くなるトレーニング・練習方法を解説

200m走り方陸上
スポンサーリンク

陸上200mの走り方と練習メニュー

今回は200mの走り方やコツ、練習メニューといった点について解説していきたいと思います。

今現在は日本自体が100mの9秒台というものに注目してしまっているゆえ、あまり注目されていない傾向にある200mですが2003年にパリで行われた世界陸上で末續選手が3位に入賞し銅メダルを獲得したこともある種目です。

そんな200mの走り方とコツですが、最初のカーブをいかにうまく走れるか後半の粘り強さが鍵となるでしょう。あまり知られていないのですが、200m走は120mのカーブと80mの直線を走る競技になります。

また、100mとは違い、1レーンと8レーンではカーブの緩やかさが違ってきますのできついカーブが苦手な人にとって1レーンに配置されてしまうとなかなかうまく走れないということもあるでしょう。

現在日本で現在活躍されている200mの選手を取り上げると

・サニブラウン 選手(フロリダ大学)

・小池 祐貴 選手(ANA)

・飯塚 翔太 選手(Mizuno)

などがあげられるかと思います。

小池選手はアジア大会で日本選手権優勝の飯塚選手をおさえて金メダルを獲得するなど成長が著しい選手なので今後がとても楽しみです!是非日本人初の19秒台を期待したいですね。

100mの場合だと前半型や後半型という傾向に分かれるのですが、200mの場合それほど前半型、後半型が目立たない傾向にあります。

そもそも後半の強い選手が200mに取り組むことが多いのです。200mの中で後半型の選手は400mが専門である方も多いと思われます。

 

スポンサーリンク

200mのレース展開と走り方

陸上200m画像1

走り方自体は100mとさほど違いはありませんが、最初のカーブをいかにうまく駆け抜けるかが勝負となります。

100m同様スタート直後は顔をすぐに上げずに低い姿勢をキープします。カーブ中盤からストレートに入るあたりで最高スピードに乗ると思いますので、残りの直線でスピードを落とさずに走りきれるかが重要です。

直線に入り、他の選手と競り合っていたりすると100mの時以上に体が必死に前へ前へと思ってしまい、顎が上がって硬い走りになってしまいがちですが、そこをリラックスして走ることにより後半30mくらいで競っている選手をかわすことができたりします。

また200mの特徴としてはスタートラインが均一ではないので、一番外レーン以外であれば前の選手を追いかける形でスタートできます。この時に内側から並ばれてしまうとカーブの時点で走りが硬くなってしまい、全然タイムが伸びない。という事もあります。

なので200mで意識することを重点的にまとめると

・スタート直後は徐々に顔を上げるようにスムーズな走りをする。

・カーブや直線で隣の選手と並んでも硬くならず大きな走りをする。

・残りの30mくらいで顎が上がりがちになってしまうがストライドをキープしつつしっかりフィニッシュを決める。

ここがしっかりとできれば納得のいく走りができ、良いタイムも期待できるでしょう。

陸上短距離走における基礎から応用まで全般的に解説しているページもご用意させていただきましたので気になる方はこちらから参考にしてみてはいかがでしょうか。普段あまり行っていないようなトレーニング方法まで詳しく解説させていただいています。

陸上ニュースで学ぶ陸上競技短距離種目の基礎から応用へ