800mが速くなる方法と走り方のコツ&練習メニューをご紹介!

800m走の練習メニューと走り方

今回は800m走の練習方法や走り方などについてご紹介させていただきたいと思います。800m走はトラックを2周する競技で中距離走に分類されます。短距離とは違ってスターティングブロックを使わずのスタートになるので、400mと並行して取り組もうとしている人は最初は戸惑ってしまうかもしれません。

日本人は800m走に不向きと言われており、世界と比べるとどうしても他の種目より差が開いてしまっている印象です。そんな800m走ですが、今日本で最も勢いのある選手はスズキ浜松ACの川元奨選手でしょうか。

川元選手は日本大学在学時に1分45秒75の日本記録を打ち立てました。今後世界にどう立ち向かっていくかがとても気になりますね!

それでは800m走の走り方やコツについて順番にご説明させていただきたいと思います。

 

800m走のレース展開と走り方

陸上800mの走り方やコツ、練習方法

そんな800m走の走り方やコツですが、まずは何と言っても位置どりが重要と言えるでしょう。スタートして最初の100mはセパレートで自分のレーンが決まっているのですが、その先はオープンになるので自分の走りやすいポジションを見つける事が大事です。

800mの位置取りについて

位置取りの練習としては、経験を積むと言った目的でより多くのレースに出場して感覚をつかむのが実践的で効果的であると考えられます。

800mを走る上でオープンレーンになり、外側の位置につけてしまうとカーブでより多くの距離を走らなければならければならないので不利になる事も起こりえます。

または、内側の位置は取れたものの集団の真ん中に入ってしまい、前も後ろも横も出られない状態になるなんて事もあるでしょう。そのような場合には自分が前へ出たくても他の選手が邪魔で思うような走りができずに終わってしまいますのでまずは位置どりが重要となる訳です。

最初の200mはベストな位置を取るために誰よりも速いペースで先頭に出てそのまま逃げ切るという走り方や、最初は抑えて集団の後ろの方で様子を伺い、後半に余力を残しておきつつ600mを超えたあたりから一気に前へ出ると行ったような走り方など様々です。

そして初心者の人達のレベルではあまり考えなくても良いかもしれませんが、全中やインターハイなどレベルが高いレースになれば押し合いというものが起こる事があります。

これは集団でオープンレーンで走るためいかに自分がいい状況で走れるかが勝負のカギを握るので他の選手が寄ってきたりすると肘などで他の選手を押し出したりという行為になります。

400mと一緒に専門種目として行っている人は持ち味のスピードを生かしてオープンレーンになる前に先頭へ出てしまうというのも一つの手ですね。まだ400mについてよくわからないという人は一緒にこちらの記事も是非覗いてみてはいかがでしょうか。

400mの走り方、1週間の練習メニュー&ペース配分コツをのコツをご紹介!
今回は400m走についての走り方と練習方法についてご紹介させていただこうと思います。400m走は無酸素運動の限界と呼ばれており、人間は40秒間しか無酸素で体を動かすことができません。しかし400mは世界記録でも43秒と無酸素運動の限界と呼ば...

 

800mのレース展開のコツ

個人的には、最初の600mと後半200mでは別物として考えるとよりレース展開を考えやすく感じます。最初の600mは先頭を引っ張っていても、いざゴールして見ると最下位に。なんて事も多々あります。

 

要するに800mでは後半200mで順位がコロコロと変わり、最も力を入れたいのがこの最後の200m。1500mと並行して800mを取り組んでいるという人ならあまり心配ないと思いますが、400mと並行して取り組んでいる人はこの最後の200mをいかに粘れるかがカギとなります。

スピードはあると思いますので、後半粘る練習を多く取り入れるといいかもしれませんね。