1500m走のコツや走り方&速くなる練習方法をご紹介!

陸上競技1500mの走り方やコツ、練習メニューについて

今回は1500m走について走り方やコツをご紹介させていただこうと思います。

1500mといえば800mと同じく中距離走に分類され、トラックを3周と3/4走る競技です。

特に位置どりの争いが激しいことからトラック競技の格闘技とも呼ばれています。

そんな1500mですが、中学生の長距離選手や高校生の中距離選手に人気が高く、授業のスポーツテストなどでも行われる為かなり注目度の高い種目となります。

今現在日本では1500mで圧倒的な力を持っているような選手はおらず、どの選手がタイトルを獲得してもおかしくないような状態ではあると思います。

最近の日本選手権などの傾向を見ると、初めはかなり遅いペースでレースがスタートし、最後まで集団で固まりラスト1周を短距離の400m競争を見えているかのようなレース展開になることが多々あります。

しかし日本国内で勝ちにこだわるだけであればこの様な展開でもいいかもしれませんが、世界で戦うとなるとやはり最初からペースを上げていかないとタイムも出ませんしあまりいい試合と言えないでしょう。

 

1500mのレース展開と走り方

1500m コツ 走り方

そんな1500mの主なレース展開や走り方ですが、まずスタート直後の直線で激しい位置どりが繰り広げられるので、まずはここでいい位置を取れるようにしましょう。

しかしいい位置が取れないからと言ってダメというわけではありません。試合に慣れないうちは外の方で走ることになってしまうと思いますが、レースに慣れて来るにつれ自然にコツをつかむことができるので始めたあたりのうちは焦らずまずはレース展開に慣れましょう。

そして残り3周、300m走ったあたりで大体の位置が決まったと思うのであとは前の選手について行ったり、先頭を引っ張ったりとここは個人の走りやすい展開でレースを進めましょう。

始めたばかりではレース展開等もわからないと思うのでまずは他の選手について行くことから始め、慣れて来始めたら前へ出たりして自分にあったレース展開を見つけてみましょう。

ラスト400mの鐘が鳴ったら基本的に全員ペースを上げて来ます。
そこで焦らずに自分の走りをすることができないとゴールするまでに力を発揮できなかったり、ゴール前に足が止まってしまったりします。

800m同様に残り200mで順位がガラッとかわることがあるので残り1周だからと言って飛ばしすぎると体力が持ちません。1100m走って来た後になるので思っている以上に足に疲労が来ていたりするので冷静に対処することが重要でしょう。

主に1500mで重要視する点を挙げるとすると
・スタートの位置どりを正確に対処していい位置を獲得する。
・中盤は自分にあった走り方でリラックスしてレースを進める。
・ラスト1周は落ち着いてペースを上げつつ最後まで持つようにする。

以上の点に気をつけてレースを進めてみてください。
何も考えずにレースをするよりはいいタイムや順位を獲得できるはずです。