陸上走り幅跳のトレーニングや高く飛ぶのコツ、必要な筋肉の筋トレメニューをご紹介!

陸上走り幅跳びのコツとトレーニング方法

今回は走り幅跳びのコツや筋トレ方法について解説していこうと思います。

走り幅跳びといえば、フィールド種目に分類され、中でも小中学校の他体育の授業などでも行うため初心者の方でも馴染み深い種目であるかと思います。

そんな走り幅跳びですが、ただ走って遠くに跳ぶだけと簡単そうに見えて実はなかなか難しいのです。

ただ単純に100mのスピードが速くても全く記録が伸びずに終わってしまう選手もたくさんいます。

いかに踏み切り板のところでタイミングを合わせてスピードを維持しながら跳躍力に加えられるかが鍵となります。

今現在では8m40が日本記録で8mを超えてくると日本選手権のトップ争いをできるかといった具合です。

しかし最近では大学生のレベルが上がってきているので関東インカレなど学生の大会でも8m超えの選手が多く出てきています。

走り幅跳びの日本記録が更新されるのも時間の問題かもしれませんね!まだまだ世界で戦うには8m中盤くらい必要なので踏ん張りどころです。それでは走り幅跳びのコツや筋トレ方法をご紹介させていただきます。

一般の体育の授業や年齢ごとの平均値についてはこちらをご覧ください。

走り幅跳びの小学生、中学生、高校生の年齢別平均ってどのくらいなの?
皆さんは体育の授業などで今までに走り幅跳びという種目を行ったことがあるでしょうか?名前の通り思いっきり走って踏み切った場所からどれだけ遠くへ跳ぶことができるかを競う種目となっています。 今回はそんな走り幅跳びにおける小学生、中学生、高...

 

走り幅跳びの助走距離と踏切のコツについて

走り幅跳びのコツと筋トレ法

走り幅跳びの助走距離は40m以内と決まっており、それより短いぶんには1mであっても構いませんが距離は長めにとったほうがいいでしょう。

ほとんどの選手がトップスピートに乗れる距離というのがおよそ35m付近と言われており、長めに距離をとった方がスピードに乗れるとされています。

踏切については風の影響などで本来歩数が合うのに実際に本番では合わなくなってしまったなどよくあることです。

この際も長く経験を積んでいれば大体の予測はできますがその日の体調等にもよるので毎回正確な踏切ができるとも言えません。

世界陸上やオリンピックでもファールやかなり距離が余っての踏切が起きてしまうくらい繊細な部分となります。