陸上初心者の短距離スパイクの選び方や特徴とは?中学生・高校生編

今回は陸上短距離選手にとって最も重要な道具ともいえる「スパイク」について選び方や特徴ご紹介していきたいと思います。

各種目ごとにスパイクが用意されているとは思いますが、特に短距離選手のスパイクというのはものすごく種類があり、「何を基準に選んだらいいの?」「どのメーカーが一番いいんだろう?」などと迷ってしまう方も多いかと思います。

そんな方に向けてこちらの記事では陸上競技用のスパイクの選び方をご紹介させていただきます。

中学生や高校生で陸上を始めたばかりの方はもちろん、2年目以降で競技に慣れてきたから新しいスパイクに変えてみようかなと考えている方にも参考になれば幸いです。

陸上スパイク各メーカーの特徴

陸上競技用のスパイクを作成しているメーカーは数多く存在し各社特徴を生かして力を入れております。走り方は人それぞれ違う為、メーカーによって走りやすい、走りにくいなどが左右してくるところでもあるのでメーカー選びはとても重要になってきます。

それでは陸上用のスパイクにはどんなメーカーがあってそれぞれどの様な特徴があるのかを見ていきましょう。

アシックス

主な陸上スパイクメーカーの1つとしてこの「アシックス」があげられるかと思います。アシックスの特徴として足の幅が少し狭く、甲の部分は少し高めに作られています。なので足の厚みのある方などにオススメです。

メリットとしては反発性が他のメーカーよりも優れているので地面から反発力を多くもらうことができますので100mなどの短い距離を専門としている人は扱いやすいメーカーかと思います。

しかし、他のメーカーのスパイクと比べると若干重めに作られているため400mなどの長い距離を専門としている人には少し使い勝手が難しいかもしれません。

アシックス

出典:https://www.sportskan.co.jp/ec/item/asi-ttp527-701

ミズノ

こちらも主な陸上競技のスパイクを代表するメーカーとなっています。ミズノのスパイクの場合とにかく重量が軽いというのが特徴的です。

スパイクの作りを見てもらうとわかる通り、軽量に徹底しているので400mなど長い距離でも疲れにくいといった特徴があります。

しかしスパイクの種類にもよると思いますが、ソールの部分が若干柔らかめにも感じるため100mなどの短い距離にはあまり向いていないかもしれません。

ミズノ 陸上スパイク
出典:https://products.mizuno.jp/c/item/U1GA151009/021011009

ナイキ

ナイキのスパイクというのは「ミズノ」や「アシックス」に比べると数が少なくなってしまいますが、陸上用のスパイクも生産しています。

こちらの場合、短距離用のスパイクというのも種類は多くあるのですが、今は駅伝向けのシューズや一般的なランニングシューズの方がメインに作られている印象です。

短距離用のスパイクの特徴としては傾向がアシックスに似ており、ソールの反発性に優れているものが多いかと思います。

しかし世界を代表するスポーツメーカーなので種類はものすごくたくさんあります。世界陸上など海外の選手のスパイクを見るとナイキを使っている人がとても多いので外国ではナイキのスパイクが主流になっているのかもしれません。

ナイキ スパイク 陸上
出典:https://kakakumag.com/sports/?id=15030

アディダス

アディダスのスパイクというのは日本では結構珍しいかもしれません。特徴としては革が硬めに作られており、若干土踏まずが平らに作られています。扁平足の人などには使い勝手がよく感じるかもしれません。

しかし革が硬めに作られているということもあって靴擦れが起こりやすいかもしれません。丈夫に作られているイメージがあるのでハードルなどスパイクに負荷がかかる種目向けかと思います。

アディダス スパイク 陸上
出典:https://www.athletepit.com/

以上4メーカーの特徴についてご紹介させていただきました。

しかし今の時代メーカーの特徴と言ってもほとんどのメーカーが良いように改良を進めてきていますので実際に履いてみて自分にフィットするものであればどのスパイクを選んだとしてもそんなに違いはないという印象です。