陸上で肉離れしてから復帰までの実体験&トレーニング内容について

肉離れしてしまった際のリハビリやストレッチ

今回は肉離れとは一体何?というところからはじめ、陸上競技で肉離れを起こしてしまった体験談に加えて肉離れの原因からリハビリの方法、ストレッチのやり方など肉離れに関して発症から完治まで全般的にご紹介させていただければと思います。

私自身も陸上競技を学生時代行なっており、ハムストリングスの肉離れというのは何度か経験があります。まずはその際にどのようにしてリハビリやストレッチを行なってきたのか実体験を元にご紹介させていただければと思います。

おそらくこの記事をご覧の方は今現在肉離れを起こしてしまって治療中の方や過去に肉離れの経験をされた方が多い事だと思います。

一度肉離れをしてしまうとクセになって起こりやすくなってしまうと言うことを聞いたことがあるかもしれません。私自身も完全に治っていないうちに試合に出場して同じ場所を肉離れしてしまったことがありますのでこの言い分については正しいのかもしれません。

しかし完全に治ってからは同じ場所を肉離れしたことはないのでしっかりと完治させることが大切なのです。

 

肉離れが起こってしまう原因

肉離れというのは予兆もなく突然来ることがほとんどだと思います。

一般人の多くの場合は今まであまり運動をしていなかったが息子の幼稚園の運動会でリレーに出場した際思いっきり走った途端肉離れしてしまったなど、運動不足からの全力疾走で起こしてしまうケースがとても多いです。こちらの場合は全く予兆なしに肉離れという怪我すら知らない人も多いかとおもいます。

 

他のケースとして運動を常に行なっている学生が疲労や足の張りがあるときに思いっきり練習や試合で走って肉離れを起こしてしまうケース。こちらは足に張りがあるなど異変が起こっている状態での怪我になりますので全く予兆なしというわけではありません。
あまり無理せず全力疾走を抑えるなど別メニューの練習方法に変えるといいかもしれません。

最後に体の調子がとてもよく全く疲労もない状態で突如起こってしまうケース。これは多くのトップアスリートに見られる現象で自分の体の調子が良すぎて自分の筋肉の耐えられる負荷以上の力がかかってしまい肉離れを起こしてしまうということです。

他にも様々な原因が見られますが主には上記の3つが原因になるかと思います。

 

肉離れの予防と全治までの期間を実体験を元に紹介

肉離れの予防と全治までの期間を実体験を元に紹介

結果から先にお伝えすると練習中にハムストリングスの肉離れをしてしまい、シーズン中ほとんど試合に出ることができない状態になってしまいました。

というのも自分の場合は最初の肉離れから治るまで普通の人よりも時間を多くかかってしまったという点があるので今回は失敗談を含めてご紹介できればと思います。

肉離れしてしまった際にどれくらいで完治するのかという点と再発しない為の予防について体験談形式で解説して行きたいと思います。

私自身も肉離れを何度か起こしてしまったことがあります。学生時代は陸上競技の短距離を行なっていた為ハムストリングスをよく痛めていました。その際に肉離れを起こしてから試合に復帰できるまでの期間を実体験にした話です。

肉離れの実体験

これは自分が高校2年生から3年生へ上がる春休みの出来事。

自分が肉離れをしてしまったのは3月でまだ気温も寒かった時期でした。

そしてシーズンに向けてスピードを強化しようと思い短い距離を全力で走ってしまった暁にはこのようにハムストリングの肉離れという結果を招いてしまいました。

肉離れした瞬間は「あれ?足が変な感触になったけどこれはもしや肉離れか…?」と頭の中が真っ白になってしまったことを覚えています。当初は何とか立ち上がり自力で帰宅することができたのですが、肉離れしてしまった直後はお風呂へ入るときズボンを脱いだりという動作ですら激痛がするほどでした。

そして1〜2週間ほど経つと肉離れしてしまった部分がくっつき始めるのですがまだ安静にしていないと再断裂の恐れがあります。ウォーキングなどから少しずつリハビリを始め、痛みが出ない程度にストレッチをして元どおりに治していきます。

そして1ヶ月ほど経つと7〜8割程度の力では走ることができるので他の選手の後に続くように練習に参加していました。

しかし春先に肉離れをしてしまったので高校総体への出場というのも視野に入れなければなりません。高校総体が行われるのは5月なので肉離れをしてしまってから2ヶ月弱というかなりギリギリのライン。

そこで勝ち上がるためには少しでもタイムを戻しておかないと次の大会へ出場できる権利を得られないのでスピードを上げた練習をし始めたその時です。

”再断裂”という最も恐れていたことが起こってしまいました。