400mのタイムを3ヶ月で52秒台→51秒台→50秒台→49秒台(50秒切り)→48秒台と伸ばした話

高校時代に400mのベストを3か月で4秒短縮した要因

今回は個人的な体験談として高校時代の事をお伝えできればと思います。私自身は高校に入学とともに陸上競技部へ入部し、100mなど短い距離を専門にやって行こうと考えていました。

しかし入部してからは監督に「お前は400mに向いているぞ」と言われたのをきっかけに全く考えもしなかった400mに挑戦することになりました。

初めて400mに出場したのが高校1年生の9月。その時のタイムは52秒5という記録で「はじめはこんなものだろう」と自分の中ではまずまずだと思っていた。

それから2年生になり、シーズン初めにも400mに出場したのだがその時のタイムが52秒8と1年生の時より遅くなっていることにかなりショックを受けた事を今でも覚えている。

それも1年生の時は予選だったため余力を残して52秒5、今回は最後まで出し切って52秒8。正直このレースが終わってから「自分は陸上に向いていないんじゃないか」とまで考えてしまった。

監督からは「シーズン初めだしこんなものだよ。レースを積めば伸びてくる。」と励まされたが自分の中でその監督の言葉は半信半疑でした

そして本格的にシーズンが始まり、1ヶ月後にもう一度400mに出場することになった。その時のレースは予選51秒8と自己ベストを更新することができ、2ヶ月後には48秒台に入れる事なんて全く考えもしていなかった自分は「ようやく51秒台に入れた。」という嬉しさを今でも覚えています。

そして決勝にも残り、本数に弱かった自分は決勝の方がタイムが落ちると思い込んでいたが決勝のタイムは51秒1とさらに自己ベストを0.7秒更新。50秒台まであと少し。とても調子よく感じ、一気にここまで伸びるとこれ以上のタイムを出すのは厳しいのではないかと思ってしまうほどだった。

そして2週間後、5月に入ると高校総体が始まり、そこでも400mに出場したのだが予選は余裕を持って53秒台で通過し、タイム的には勝負の準決勝だがいざレースが始まってみると1着でゴール。

その時のタイムは50秒4とまた自己ベストを0.7秒更新し、初めての50秒台をマーク。難なく決勝に進んだ。