陸上を引退した後どのように生活が変化したか

7年間の陸上競技引退後の生活の変化とは

今回は私の体験談として高校、大学を通じて7年間陸上競技の短距離を休むことなく続けてきたのですが、大学4年生で陸上競技を引退してからどのように日常生活が変化したのかをお伝えできればなと思います!

 

体型の変化

陸上引退後

まずは最もきになるのが体型の変化がどのくらいあるのかということでしょう。

今まで常に体を動かしてきたのに運動をピタリとやめてしまった訳ですから。

 

実際には陸上競技引退後2年間くらいはほとんど体重の変化がなく、むしろ軽くなっていったくらいです。しかし裏では筋肉が減って脂肪が増えているという状況にあるので体重の数値としては変わりませんが体脂肪はどんどん増えていたようです。

そして今現在陸上競技を引退してから約3年ほど経つのですが現役当時よりも体重が増えてしまいました。

 

それもそのはず、今は就職してずっとパソコンに向かう仕事をしているので自分から運動しに行かなければほとんど体を動かすことはありません。しかし食べる量はそれほど変わっていないので太っていくのも無理ありません。

なので実際に体重や体型に変化が出始めるのは2〜3年程度後になるかと思われます。

 

これからは食事制限や運動を増やして健康的な生活を心がけていこうと思います、、、笑

 

筋力の低下

陸上引退後

続いて今までずっと鍛え続けてきた体ですが引退とともにほとんど何もしなくなってしまう訳です。

そうすると先ほども述べた通り筋肉が落ちて行くでしょう。

 

ウエイトトレーニングなどはあまり行ってなくても毎日走ったりしているだけで全身の筋肉を動かしているので十分筋肉は付いているはずです。

 

陸上競技の選手であれば現役当時と同じ練習などを行ってみればすぐにわかるでしょう。タイムや記録の落ち具合が筋力の低下と直結するとも言えますね。

 

特に私は短距離でしたが長距離など長い距離を主に行っていた人であれば以前は気持ちよく楽に走れていたペースでも引退後2年もすればいっぱいいっぱいで走り終えた後倒れ込んでしまうなんてことも。

 

短距離であれば走っていて全然体が前に進まないという感覚に陥られることもあります。

当然引退してしまったのだから仕方がないことなのですがなんだか少し虚しい気持ちにはなりますよね、、笑

 

外見の変化

そして余談のような形にはなってしまうのですが、昔会っていた人に久しぶりに会うとよく言われるのが「肌が白くなったね!」という言葉です。

確かに現役時代は毎日のように外で走っていたので正直相当日焼けしていました。しかし引退して社会人にもなると外で行う仕事がない場合ほとんど室内で過ごすことになります。

そのため以前まで真っ黒に日焼けしていた肌が本来の白さに戻ってしまうためこちらもよく言われるようになります。

 

怪我の恐れ

陸上引退後

そして引退してから数年経ち、当時の仲間と久しぶりに集まって走ってみようなんて事になる時があるかもしれません。その時一番注意しなければならないのが筋力の衰えによる怪我でしょう。

当時の感覚でいきなりダッシュしたりするとハムストリングの肉離れや最悪の場合アキレス腱断裂などということも起こりうるでしょう。

私もそのうちの一人です、、笑

だからこそ皆さんに注意していただきたいのが怪我なのです。気分が上がって当時のような走りができると思い込んでしまうと痛い目にあうのでしっかりとウォーミングアップなどして無理のない範囲で行うようにしてください!

よく子供の運動会のリレーなどでお父さんが肉離れなどを起こしてしまうのも学生時代運動部などに入っていた人が当時の感覚で走ってしまうからそうなってしまうのですね。

おそらく体重も増えて筋力が減っているのにもかかわらず当時の動きをしてしまうとアウトという感じですね。

 

最後に

今回は実際に陸上競技を7年間行っていた私が引退してから思う体験談形式でお伝えさせていただきました。現役当時は考えてもいなかった事が実際に引退してから考えてみると色々と出てくるものです。

現役の時にこうしておけば良かったななど思うことも多々ありますがそれも踏まえて良い陸上人生だったなと感じています!