スターティングブロックの使い方やコツとは?合わせ方や置く位置についてご紹介

陸上競技で短距離選手として競技をしている人なら特に重点的に練習を行っておきたいのがスタートの部分ですよね。今回はそんなスタートの肝となるスターティングブロック(スタブロ)の使い方やスタートのコツについて解説させていただこうと思います。

まず陸上競技を始めたばかりで「スタブロをどのように使えば効率のいいスタートが切れるの?」、「スタートに関してどうしたらいいタイムが出るのかわからない…」という方も多いと思いますので初歩的なところからお伝えさせていただこうと思います。

では実際にスターティングブロックの使い方やコツについて見ていきましょう。

スタブロとは?

スターティングブロックのコツと練習

まず題名のスタブロとは一体何のこと?と思われる方も多いでしょう。スタブロとはスターティングブロックの略で400m以下の短距離種目やリレー競技において使用される器具です。

このスタブロはそれぞれ自分に合った足幅やスタートしやすい感覚に調整することができるので絶好のスタートを切るのにとても重要なポイントとなります。ほとんどの選手は自分のスパイクの長さを1足分として右と左の位置をスタートラインから何足分という形で計算しています。

スタブロの使い方

続いてスタブロの使い方についてですが、最初はあまり深く考えずに自分に合う位置にセットしてスタートを切っていただければ問題ないでしょう。そしてスタートに少しずつ慣れてきたところでスタブロの蹴り方について深く考え始めると言う流れの方がスムーズにかと思います。

スタートに慣れてきたら

スタブロを使う際は思いっきり足で体を押し出すと言う事を重視してみてください。体もかなり前傾姿勢にし、体重のほとんどを腕で支えると言う状況になると思いますがこの時出来るだけ前傾姿勢にした方が低くスタートを切ることができます。

慣れないうちは腕がしんどいかもしれませんがなるべく前傾にし、ピストルが鳴った瞬間に思いっきり踏み込んでみてください!最初は全然うまくいかないかもしれませんが練習あるのみです。

スタブロやスタート時のコツ・練習方法について

続いてはスタブロの使い方の応用編として陸上競技の短距離種目をしている人にはとても重要とも言える実際にスタートの際にスムーズにスピードに乗れるようにする方法やコツについての解説です。

今現在日本国内でスタートの速さが群を抜いていると言われているSEIKOの山縣亮太選手や多田修平選手など素晴らしいスプリンターがたくさんいます。

多田修平選手は2017年の世界陸上ロンドン大会100m予選において世界記録保持者のウサインボルトを50m付近まで引っ張ると言ったロケットスタートを見せてくれたことでも話題になりました。

そんな短距離種目でとても重要なスタートですがどうしてもうまく切れず遅れをとってしまってなかなか良いタイムが出ないなどで悩んでいる方も多いと思いますので経験をもとに100mを例にして解説していきます。

スタートの練習について

次にどのようにしたらうまくスタートが切れるのか練習方法をご紹介します。まずは意識する点でいかに反応を速くするかと言う事が重要になります。リアクションタイムは世界のトップスプリンターでも遅い人もいればピカイチに速い人もいます。

ウサインボルト選手なんかはスタートはあまり得意ではない方なのですが世界記録を出すなど素晴らしい能力を持っているのでリアクションタイムだけが全てではありません。スターティングブロックから飛び出す際にいかに足を前に持ってくる事ができるかも重要になってきます。

その際に足を上にあげすぎてしまうとそのぶん大きく膝を動かさなければいけなくなってしまうので、できれば地面すれすれくらいの動作がもっとも良いと言われています。
その為スタートの際に地面を擦ってスタートする人が居るのです。

他にはスタート直後は大げさくらいに腕を振るとスピードに乗りやすいと言われています。振りこも大きく振れていた方がスピードが速いですよね?その原理を使って腕を大きく振ることによって自然と歩幅も大きくなってくるので腕の振りが小さくならないように注意しましょう。

以上の点を踏まえて3つのポイントを意識して見てください。

・スタートから飛び出す時は地面すれすれに出る。
・上体をすぐに上げずに20m〜30mは我慢する。
・腕を大きく振り、歩幅を広げる。

こちらを意識してスタート練習を行って見てください。

スタートは何度も練習して自分の方法を見つけ出すしかありません。本番で失敗しないように回数をこなしましょう。

スタブロのコツについて

続いてはスタブロのコツに関してですが、ピストルの音が鳴った瞬間になるべく足の裏全体で押し出すようにスタブロから飛び出してみてください。日本記録保持者の山縣亮太選手は目の前に落ちているゴミを拾うような感覚でスタブロを蹴っているそうです。

また、一人で練習を行うのもいいですが数人で試合形式に同時にスタート練習をするのも行って見てください。

スタブロの使い方が上手な人の特徴

陸上100m

試合を見ているとやはりスタートがめちゃくちゃ速い人も居れば遅い人もいます。なぜそんなに差が出るかと言うと、元々持っていた才能もあるかもしれませんがやはりスタートが速くなりたいという気持ちで様々な練習を積んできた人が上手だなと言う印象です。

元々スタートがそこまで速いわけじゃなくても練習次第でかなり上達しますのであきらめず取り組んで見てください。また、スタートがうまい人は小柄で太ももの筋肉が発達している人が多い印象です。

大柄な選手はどうしてもスタートに不向きだと言われがちですがウサインボルト選手のようにスタートではなく後半のトップスピードに磨きをかけるような練習方でもいいかもしれませんね!

スタートで意識するポイント

陸上スタート2

スタブロに足をかけ、ピストルの音とともに勢いよく飛び出すスタートですがこの時にがむしゃらにとにかく速く足を動かそうとしても上体がすぐに起き上がってしまうとどうしてもスピードに乗ることができません。

ではどうしたら良いのかというとピストルの音が鳴ってすぐに顔を上げずに20m〜30mほどは地面を見て走るような感覚で徐々に顔を上げていきます。

この動作を意識することによって体の重心を前に持ってくることができるのです。みなさんは転びそうになったとき反射神経で足を前に出して体を起き上がらせようとします。

これをすることによって前に転ぶことなくその場で立ち続けることができますよね?陸上競技の場合も同じで体をすぐに起き上がらせてしまうと前に進む力を自ら減らしてしまっているのです。

なので分かりやすく言うと上体を上げないままつまずく時に前に進んでしまう要素をスピードにしてしまおうと言うことなのです。

陸上スタートで中学生、高校生や初心者から多くある質問

続いてはスタートやスタブロの使い方についてなかなかうまくいかないなど悩んでいる方々から寄せられたよくある質問をご紹介させていただきたいと思います。

Q.スターティングブロックはどちらの足を前にしたら良いでしょうか?

A.ここで悩む人は多く居ると思います。
実際に出やすい方で良いのですが、それでも迷ってしまうと言う人は走り幅跳びの踏切足はどちらでしょうか?
その踏切足をスターティングブロックで前にすると出やすいはずなので実際に試して見てください。

Q.スターティングブロックの角度はどのくらいにしたら良いのでしょうか?

A.こちらも多くの方が悩まれるところだと思います。
はじめのうちは両足とも真ん中でいいと思います。
スタートの際に低い姿勢で飛び出したい時には角度をつけて試して見てください。
しかし、あまり角度をつけたスタートに慣れていないと飛び出した時につまずいてしまう事がよく見られます。
世界陸上に出るようなトップ選手でもスタート直後につまずく選手も出てくるほど慎重にならなければならない点なので真ん中あたりにしておくのがいいかと思います。

合わせて読んでおきたい項目

スタートのコツや練習方法などをお伝えさせていただきましたが、そのスタートをどう種目に活かしていけばいいのかを短距離種目を行っている方に参考になりそうな記事もまとめてみましたので一緒にお読みください!

陸上100mの練習メニューやレースのコツをご紹介
陸上競技の花形でもある100m走は単純に見えて繊細な技術や才能、そして追い風などの運要素も含む難しい競技です。今回はそんな100m走についてどのようなトレーニングを行えば記録の向上が狙えるのかを一通りご紹介させていただければと思います。 ...
200メートル走のコツやペース配分&走り方・速くなる練習メニューをご紹介!
今回は200mの走り方やコツ、練習メニューといった点について解説していきたいと思います。 今現在は日本自体が100mの9秒台というものに注目してしまっているゆえ、あまり注目されていない傾向にある200mですが2003年にパリで行われた...
400mの走り方、1週間の練習メニュー&ペース配分コツをのコツをご紹介!
今回は400m走についての走り方と練習方法についてご紹介させていただこうと思います。400m走は無酸素運動の限界と呼ばれており、人間は40秒間しか無酸素で体を動かすことができません。しかし400mは世界記録でも43秒と無酸素運動の限界と呼ば...

スタブロのコツ・使い方・合わせ方まとめ

今回はスタブロの使い方やスタートに関してのコツなどについてご説明させていただきました。実際に陸上をはじめたばかりの頃はスタブロの使い方など意識していなかった人がほとんどだと思いますが徐々に慣れていくにつれて重要なポイントになりますので必ず押さえておきましょう。

スタートがとても苦手な人などもこの記事を参考にして練習して見ていただければと思います。スタブロの使い方や合わせ方と一緒に短距離走のアドバイスもこちらの記事にてご紹介しておりますので自分の種目に目を通しておくと試合で役に立つかもしれませんので興味がありましたら是非参考にしてみてください!

陸上競技短距離種目の基礎から応用へ
こちらの陸上競技専用解説サイト「リクトレ」では、短距離種目を中心に数多くの種目数の解説や主な練習方法などを細かく解説致しております。 また、陸上競技以外にもトレーニングの方法やダイエット方法、個人ブログなど様々なジャンルを取り扱ってい...