スターティングブロックの使い方やコツ、合わせ方や置く位置についてご紹介

陸上競技におけるスタブロやスタートの大切さ

今回は陸上競技で短距離を行なっている人であれば重要視していただきたいスタブロの使い方やスタートのコツについて解説させていただこうと思います。

まず陸上競技を始めたばかりで「スタブロをどのように使えば効率のいいスタートが切れるの?」、「スタートに関してどうしたらいいタイムが出るのかわからない…」など初歩的なところからお伝えさせていただこうと思います。

サイト内で人気のおすすめキーワード◎
100m 練習200m 走り方400m 走り方400m 練習やり投げ コツ砲丸投げ コツ肉離れ 陸上

 

スタブロとは?

まず題名のスタブロとは一体何のこと?と思われる方も多いでしょう。スタブロとはスターティングブロックの略で400m以下の短距離種目におけるスタートの際に使用する器具です。

こちらのスタブロはそれぞれ個人の足の感覚やスタートしやすいように調整することができます。ほとんどの選手は自分のスパイクの長さを1足分として右と左の位置をスタートラインから何足分という形で計算しています。

 

スタブロの使い方

続いてスタブロの使い方についてですが、最初はあまり深く考えずに自分に合う位置にセットしてスタートを切っていただければ問題ないでしょう。

そしてスタートに少しずつ慣れてきたところでスタブロの蹴り方について深く考え始めると言う流れの方がスムーズにかと思います。

 

スタートに慣れてきたら

スタブロを使う際は思いっきり足で体を押し出すと言う事を重視してみてください。

体もかなり前傾姿勢にし、体重のほとんどを腕で支えると言う状況になると思いますがこの時出来るだけ前傾姿勢にした方が低くスタートを切ることができます。

慣れないうちは腕がしんどいかもしれませんがなるべく前傾にし、ピストルが鳴った瞬間に思いっきり踏み込んでみてください!

最初は全然うまくいかないかもしれませんが練習あるのみです。

 

スタブロの練習方法

続いては先ほどのスタートの練習方法の記事と被るところが少しあるとは思いますがスタブロの練習方法についてかいせつさせていただきます。

まずスタブロをセットするところまで来たらなるべく足の裏全体で押し出すようにスタブロから飛び出してみてください。

また、一人で練習を行うのもいいですが数人で試合形式に同時にスタート練習をするのも行って見てください。

スタブロの使い方が上手な人の特徴

陸上100m

試合を見ているとやはりスタートがめちゃくちゃ速い人も居れば遅い人もいます。なぜそんなに差が出るかと言うと、元々持っていた才能もあるかもしれませんがやはりスタートが速くなりたいという気持ちで様々な練習を積んできた人が上手だなと言う印象です。

元々スタートがそこまで速いわけじゃなくても練習次第でかなり上達しますのであきらめず取り組んで見てください。また、スタートがうまい人は小柄で太ももの筋肉が発達している人が多い印象です。

大柄な選手はどうしてもスタートに不向きだと言われがちですがウサインボルト選手のようにスタートではなく後半のトップスピードに磨きをかけるような練習方でもいいかもしれませんね!