陸上短距離・長距離選手の体型や体重はどのくらいが理想?

陸上競技で適正な体重や身長などの体格は?

今回は陸上競技を行う上で記録などに体型が直接響いてくるのかという点について解説して行こうと思います。しかしただ体型と言っても種目によると思います。
それぞれに適した体型がある種目もあればあまり関係ない種目も存在します。

 

サイト内で人気のおすすめキーワード◎
100m 練習200m 走り方400m 走り方400m 練習やり投げ コツ砲丸投げ コツ肉離れ 陸上

 

短距離選手の理想的な体型

陸上競技の花形である100m走を始め、とても人気のある短距離種目ですが、実際にどのような体型の人が向いているかというとそれほど体型に左右されない種目だと言うことが近年分かってきています。

 

少し前までは、スタートが全ての100m走などは身長が高すぎるとどうしても出遅れてしまうので小さい方が有利と言われていました。

しかしみなさんもご存知の通り世界記録保持者のウサインボルト選手は身長が196cm、体重が94キロとかなり大柄なことがわかります。

 

確かに体が大きいとどうしてもスタートが出遅れてしまうのですが、後半の伸びや1歩の歩幅が大きいので早く走れると言うことが証明されました。

そして体重ですが、よくダイエットして体重を軽くした方が速く走れるのではないかと思いがちです。

しかしその行動が全て正しいわけではないのです。

 

確かに脂肪で体重が重いぶんには減量した方がいいのですが、体脂肪率が低いのに体重が重いい人、すなわち筋肉量が多いからと言って減量してしまう人は間違いです。

実際にウサインボルト選手もですが、世界のトップに残るような人達の体重を見るとかなり重いと言うことがわかります。

 

筋肉で体重が重いぶんには有利になりますので注意が必要です。

結論から言うと短距離選手はあまり体型に左右されないのですが長身で大柄な人の方が有利かなと言う程度でしょう。

 

長距離選手の理想的な体型

先ほど短距離選手ではやや大柄な方が有利と述べさせていただきましたが、長距離選手の場合は真逆ですね。

 

マラソンや箱根駅伝などを見てもらえるとわかるのですが、多くの選手が小柄で細い体型をしています。

どうしても練習で長い距離を走るので脂肪がつきにくい体になります。

 

トップ選手のプロフィールを見ると身長も160センチ代の人が多く、体重も50キロ前後です。

たまに長身の選手もいますが、長距離よりも短距離の方が180センチオーバーの選手人口は多いでしょう。