陸上部員が春先の高校総体までに必ずやるべき事

陸上部が高校総体までにしておきたい事とは

今回は高校生で陸上部に所属している人にとって最も重要なな大会である高校総体について後悔しないためにやってこさおくべき事や注意するべき事を指導者としての経験を踏まえて解説していこうと思います。

冬季練習が明けてからでは遅い

実際には高校総体の最終地点は8月のインターハイになるのですが、そのインターハイに出場するためにはいくつもの予選を勝ち抜いていかなければなりません。高校野球であれば甲子園に出場するための予選に当たりますね。

しかし甲子園に出場する場合の予選というのは7月くらいから始まることが多く、1番最初の試合から甲子園の決勝が行われるまでかなり短いスパンで行われます。

それでは陸上競技がどのようなスパンで行われるのか見ていきましょう。

支部予選

陸上競技の場合はというと、インターハイは7月末から8月にかけて行われますが、早い県だとその支部予選が4月の後半からもう始まってしまうのです。4月といえば学年が上がって1年生が入ってきて、というバタバタしている時期でもありますがそんな時期にすでにインターハイに出場するための予選が行われてしまいます。

実際にここでなんらかのミスでコケてしまえばどんなに全国優勝できるほどの実力がある人でも県大会にすらでれないなんてこともザラにあります。

都府県大会

おそらく都府県によっては支部予選が無く、いきなり県大会から始まるなどといった場合も少なくありません。その場合は早くても5月上旬頃から始まるので支部予選のある都道府県に比べたら余裕はあるでしょう。

しかし気をつけたいのが支部予選をすでに行なっている県の人は良いのですが、いきなり5月に県総体から始まるとなるとまだ試合慣れできていなかったり、去年の本来の実力がはっきできずに終わってしまったりしてしまうことがあるでしょう。

地区予選

都府県大会で上位6位に入ることができれば地区予選に出場することができます。
地区予選は近畿、東北、東海などで各都府県の上位6位が対決するということでかなりレベルが上がってくるでしょう。

ほとんどの地区が6月の中旬に開催され、この地区大会を勝ち上がると晴れてインターハイに出場することができるというわけです。

しかしこの地区大会がかなりの鬼門でそれぞれの都府県の強さにかなりの影響が出てきます。あまり陸上が強くない都府県から勝ち上がって地区大会に出場する選手もいればかなり陸上が強い都府県から同じ地区大会でぶつかる可能性も十分にあります。

地区大会でも同じく上位6位人がインターハイへ進むことができるのですが、都府県大会から勝ち上がった6人がそのまま地区大会でも上位6位になってしまうなんてことも稀におきてしまうのです。地区大会で現実を突き詰められることも多くあるでしょう。

インターハイ

最終決戦である全国高校総体。通称インターハイです。ここでは今までのいろんな予選を勝ち抜いてきたツワモノが一斉に集結して日本一を決めます。おそらくこのインターハイに出場するという目標を持っている人も多くいるのではないでしょうか。

しかしその目標が仇となって当日結果を残すことができない人が何人も居ます。それはインターハイに出場するという目標を立ててそれが叶うのは6月の地区予選が終わった段階です。

つまりあとは8月のインターハイに出場するだけでそれ以上のことは望まないという気持ちが起こってしまうので結果的に出るだけで終わりという選手がちらほらと居るような気もします。

実際に予選が終わった後のタイムなどを見てみると、明らかに地区予選のタイムよりも悪く、中には怪我ややむおえない原因の人も居るとは思いますがかなり下がってしまってる人も見受けられます。

そうならないためにもここまできたらインターハイで入賞するくらいの気持ちで最後まで駆け抜けてこそ目標達成だと思いますので頑張ってください!

まとめ

今回はインターハイに出場するにあたっていくつか述べさせていただきました。人それぞれ目標はあると思い、インターハイに出場するところまで行かずに地区大会に出たいなど自分の実力相当でイメージはしてるとおもいます。

冬季練習中から夏の自分の姿を想像しながら練習すると成長しやすいはずなのであきらめず努力を継続して下さい。