走り幅跳びの小学生、中学生、高校生の年齢別平均ってどのくらいなの?

走り幅跳びの小学生、中学生、高校生の年齢別平均ってどのくらいなの?

皆さんは体育の授業などで今までに走り幅跳びという種目を行ったことがあるでしょうか?名前の通り思いっきり走って踏み切った場所からどれだけ遠くへ跳ぶことができるかを競う種目となっています。

今回はそんな走り幅跳びにおける小学生、中学生、高校生の年齢別平均やコツについてご紹介させていただければと思います。今実際に体育の授業で走り幅跳びをやっているという人は平均と比べて自分がどのくらいの位置にいるのかなど判断してみてはいかがでしょうか。

ただ平均とはいえ各学校によって測り方が曖昧だったり、記録が偏っていることがあったりする為参考程度に見ていただけたらと思います。

本格的な陸上競技における走り幅跳びのコツや練習方法についてはこちらをご覧ください。

陸上走り幅跳のトレーニングや高く飛ぶのコツ、必要な筋肉の筋トレメニューをご紹介!
陸上走り幅跳びのコツとトレーニング方法 今回は走り幅跳びのコツや筋トレ方法について解説していこうと思います。 走り幅跳びといえば、フィールド種目に分類され、中でも小中学校の他体育の授業などでも行うため初心者の方でも馴染み深い種目であ...
スポンサーリンク

走り幅跳びとは

走り幅跳びの小学生、中学生、高校生の年齢別平均ってどのくらいなの?

まず初めに走り幅跳びとはそもそもどんな競技なの?というところからご紹介させていただきます。

走り幅跳びは陸上競技のフィールド種目の一種であり、決められた範囲内で助走をとって目印の線で踏切りどれだけ遠くへ飛ぶことができるかという競技になります。

また、走り幅跳びはよく体育の授業でも行われる為ほとんどの人が今までに経験したことがある競技ではないかと思われます。

50m走るのタイムなど走力によっても記録が大きく変わってくる為小学生、中学生、高校生と年齢が変わってくると平均も大きく変わるのです。

では年齢別に走り幅跳びの平均記録を見ていきましょう。

スポンサーリンク

走り幅跳び:小学生の平均

まず初めに小学生の走り幅跳びにおける平均値を学年、年齢別にご紹介させていただきます。小学生で走り幅跳びを行うとなると多くの人は初めて体育の授業で行う場合が多いのではないでしょうか。

また、小学生は1年生と6年生ではかなり体格も変わってくる為記録もかなり差が出るでしょう。

ただ実際に走り幅跳びを行うのは小学4年生あたりからなのでその辺りの平均からご紹介させていただきます。

小学4年生の平均

おおよその目安は平均値として男子で2m60cmくらい、女子で2m20cmくらいになるのではないでしょうか。

あまり記録として平均値が出せるほど残っていないようなので少し誤差はあるかもしれませんが、男子で3mを飛ぶことができればかなり良い方だと思います。

小学5年生の平均

続いて5年生の場合は男子でで3m00cmくらい、女子で2m40cmくらいが目安となるでしょうか。

4年生よりも平均値としては全体的に20〜30cmほど伸びてきます。

小学6年生の平均

小学生の最後は6年生の平均ですが、男子で3m30cmほど、女子で2m70cmくらいになるのではないかと思われます。

男子で優秀な子だと4mを超えてくる子も出てくるので少し差が開いてくるでしょう。