人間は時速何キロ?走る速さの最高スピードや平均速度をご紹介!

人間の走るスピード

今回は人間が走るスピードについて解説させていただこうと思います。

動物界では足の速い動物として有名なのがチーターが挙げられますがその時速は最高120km/hほどにもなるといわれています。

そこで実際に一度は思ったことがあるでしょう「人間は走ったら時速何キロでるの?」という考え。

 

ただ単に100m走のように短い時間を全力で走る場合のトップスピードなのか、長距離のように一定の速度をキープし続けるのかによって人間の走る速度は変わってきます。

足の速い人、足の遅い人それぞれだと思いますが陸上競技の世界記録などに当てはめて解説させていただきます。

また人間の歩くスピードや平均速度についてもご紹介していますので気になる方はぜひこちらもご覧ください。

人の歩く速度は時速何キロ?男女の歩行速度平均km/hについてご紹介!
何気なく皆さんの日常生活で『歩く』という行動を当たり前のようにとっていると思いますが、実際に歩くのは時速何キロで移動しているかなど考えたことがあるでしょうか? 今回はそんな人が当たり前に行なっている歩くという行動に対して平均時速は何キ...
スポンサーリンク

人間の走る速度とトップスピード

皆さんもご存知だと思います100mの世界記録保持者「ウサインボルト」選手は100mを9秒58で走り切ることができます。

単純に100mを9秒58で割れば時速37.6km/hとなりますがこれは平均値となり、トップスピードの値ではありません。

 

スタート直後はスピードが0の状態でそこから一気に加速していきます。

ウサインボルト選手のトップスピードは9秒58の世界記録を出したレースの65m地点で時速44.17km/hに達します。

 

平均時速と最高時速ではおよそ6.5km/hの差が開いていることになりますね。

しかしこのトップスピードは持続することが難しく、達した後は少しずつスピードが落ちてきてしまいます。

逆にマラソン選手のように一定のスピードを維持し続けるという場合もあります。

このような場合はトップスピードを出す場面はなく、世界で戦うくらいの選手で時速20km/hほどの速さで走り続ける形となります。

 

実際に人間が歩くスピードは時速4~5km/hと言われておりますのでウサインボルト選手は歩行速度のおよそ10倍のスピードで走ることが可能という事になります。

 

スポンサーリンク

100mを一定のタイムで走る平均時速

続いて100mを〇〇秒で走りたい!といった場合に平均時速何km/hで走らなければならないのかという点についてお話させていただこうと思います。

 

まずは2020年現在日本人では3名の選手が100mで10秒の壁というものを破っていますが、その10秒00を出すためには平均時速36km/hが必要となってきます。

 

一般的な人であれば最高時速で36km/hを出すのもかなり難しいと言われておりますので100mで9秒台を出すことがいかに難しいかがわかります。

 

11秒00であれば32.7km/hの平均、12秒00であれば30.0km/hの平均という具合です。

仮に原付が法定速度の30km/hで100m走行し続けた場合12秒00のタイムという事になります。

実際に法定速度の原付より速く走れる人は結構いるかもしれませんね。