赤くなってしまった日焼けが黒くなるまでの期間や痛み、皮が剥けた後の対処法をご紹介!

夏になると外へ出かける機会が増え、海やプール、バーベキューなど様々な場所へ行くことが多くなるともいます。

しかし暑さに加なども踏まえて夏があまり好きではない人にとって天敵と言っても過言ではない「日焼け」の対処法や素早く治す方法、皮が剥けたときに行うべき行動についてお伝えさせていければと思います。

日焼けとはどんな症状なのか

簡単に言えば日焼けは皮膚のやけどの一種となります。
やけどと言っても一般的な料理中にフライパンや鍋に触れてしまったというようなやけどとは少し違い、3段階あるやけどのうちレベル1、2に分類されます。

やけどした際にはすぐに冷やしたほうが良いと聞いたことがあると思いますが日焼けも同じように皮膚を冷やすことによって悪化させないようにできます。

 

日焼け止めは塗ったほうが良い?

日焼け止めは塗ったほうが良い?

日焼け対策の定番と言えば日焼け止めです。
そんな日焼け止めですが今はかなり多くの種類の日焼け止めが開発されており、塗るだけではなく飲む日焼け止めなども存在します。

自分の体に合う日焼け止めを見つけることで万全な対策ができることでしょう。

サンオイルは使うとどうなるの?

日焼け止めの真逆と言ってもいいサンオイルですが、実際に使ったことあるという人はそこまで多く無いかもしれません。

日焼けして肌を黒くしたいという方は興味があるかもしれませんが実際に使ってみると体を油で塗りたくるような感じになります。

そして日焼けを行うと普通に焼くよりは太陽の光を吸収しやすく、サンオイルによって肌の色が変わることもあるので真っ黒になりたいのか、小麦色に綺麗に焼きたいのか等選別できます。

気になる方は一度利用してみるといいでしょう。

日焼けしても黒くならずに赤くなってしまう

日焼けしても黒くならずに赤くなってしまう

続いては日焼け後の肌の色の変化についてご紹介させていただきます。「夏は日焼けして体を黒くしたい!」など思っている人も少なくはないでしょう。

しかしそう思っていざ日焼けをした際に黒くならずに赤くなってしまうという人が多いはずです。先ほどもご紹介したように日焼けは肌のやけどという括りになるので自然と肌が赤っぽくなっていくのです。

では効率よく肌を黒くしたいという場合にはどのようにしたらいいかというと「日焼けを繰り返す」という事です。それはどういう事?と思う方も居るでしょう。

いきなり肌を黒くしようと思っても普段から外で活動していない人などは難しく、一度日焼けして赤くなった後にその日焼けがおさまってきたらまた日焼けする、、、
という形で何回か日焼けを繰り返すことで肌がだんだんと黒くなっていくはずです。

なので肌を黒くした状態で海やプールに出かけたいという方は日焼けサロンなどであらかじめ日焼け肌の下地を作ってから行ってみるのも効率的かもしれませんね。

日焼けしても黒くならずに赤くなってしまう

出典:https://www.shinyuri-hospital.com/column/co-medical/column_pharm_201807.html

上の図のように日焼け直後はそこまで赤みが現れませんが、数時間経過すると徐々に赤みが出てきます。これを「サンバーン」と呼びます。そしてさらに数日すると今度は皆さんが望んでいるような黒い日焼けとなり、こちらを「サンタン」と呼ぶように

初めて日焼けサロンに行くという方は是非こちらの記事も参考にしていただければと思います。

日焼けサロン初心者が知りたいの30分の効果や頻度・時間やマシンの強さについてご紹介!
夏が近づいてきて肌を少し黒くしたい、日サロに行ってみたいけど初めてだしシステムがよくわからない、、と言う方に今回は日サロでの焼き方や効果、値段をはじめ、日サロ店へ入ってから出るまでの流れに加えて日サロに関しての疑問点などをご紹介させていただ...

日焼けの痛みが出てきた際に行うべきこと

日焼けの痛みが出てきた際に行うべきこと

日焼け直後というのはそこまで痛みはありませんがその日の夜お風呂に入る時などに熱いお湯が日焼けした箇所にかかると痛いなどと言う経験は皆さんしたことがあると思います。これは日焼けしてしまった体の熱を外に逃がすように体が火照り熱くなっている状態です。

全身日焼けしている場合などは水のシャワーなどで体を冷やすように入浴を済ませると良いかもしれませんね。お風呂から出た後はアフターケアなどがとても大事です。皮膚の水分がかなり減ってしまっている状態なので乳液や美容液、保湿クリームなどでしっかりとケアすることが大切です。

その中でも最も効率的なのがこちらの日焼け後のケア専用のジェルで寝る前などに使用すると効果的です。また、全身を過度に日焼けしてしまうと服を着るだけでも擦れて痛かったりとかなり不便な生活になってしまうこともあるので注意が必要です。

日焼け後に皮が剥けてしまったときの対処法は?

日焼けをしてから約1週間程度たつと痛みも引いてきて日焼けした箇所の皮が少しずつ剥けてくる時期です。皮が剥ける理由としては日焼けしたことによって皮膚の細胞が乾燥してしまい、死んでしまうことが原因とされています。

つまり日焼け後に皮が剥けるという事はやけどした皮膚が新しく再生されているという事なのです。

そして皮が剥けることによってボロボロと古い皮が落ちてきますが海やプールに行った際にはおそらく全身日焼けして皮が剥けてくるという人も多いのではないでしょうか?
その際には洋服の中で皮がボロボロと出てきてしまったり、目立つ箇所の皮が剥けてきて困る場合もあります。

そんな時に「自分で皮を向いてしまってもいいの?」という疑問に当たるときがありますが、皮膚から剥がれ落ちている様な皮は自分で向いてしまっても問題ありません。ただ無理やりまだ皮膚にくっついている皮を向いてしまうのはあまりよくないとされています。

全身の皮膚から剥がれ落ちている皮を効率よく剥きたいという場合には洋服のホコリなどを取るコロコロで全身をコロコロすると良いでしょう。

日焼けについてまとめ

今回は日焼けについて様々な分野をご紹介させていただきました。
肌に気遣いする女性など夏はシビアな季節になりますが日焼け止めなどしっかりと対策をすれば問題ありません!

日焼けをして黒くかっこいい肌にしたいという方も焼きすぎには注意して効率よく安全に日焼けしていきましょう。