足の速さは母親の遺伝?足が速い子が有利な習い事やマラソンが速い子の特徴とは

足の速さは母親からの遺伝もあるのかという点について

今回ご紹介させていただく内容は「足の速さは親の遺伝なの?」といった疑問をはじめ、「足の速い子にはどんな習い事をさせたら良い?」などについて解説していきたいと思います。

親が昔とても足の速い人だったからと言って生まれてくる子供の足が速くなるとも限らないのですが親以上に足の速い子供が生まれてくることもありますのでこちらも後程ご紹介させていただきます。

また、実際に小学生のお子さんがクラスの中で足が速いけどどういったスポーツをやらせてあげるのが一番効果的なんだろうと迷っている方も多くいらっしゃると思います。

私自身も小学生の頃から比較的足の速いほうで小学生時代は水泳にサッカー、中学ではバスケットボールなど様々なスポーツなどを経験し、高校では陸上部に入部し短距離で国体に出場という経験をさせていただきましたので実体験を含めご紹介させていただければと思います。

では実際に遺伝で足が速くなるならないの部分や習い事について考えていきましょう。

 

運動神経は親からの遺伝が強い影響を受ける?

運動神経は親からの遺伝が強い影響を受ける?

両親ともに運動神経が良いと生まれてくる子供も身体能力が高いということが多いと思われます。

よく母親、父親共にオリンピック選手で子供もオリンピックに出場というような話を聞きますが実際に遺伝が与えている影響も大きいはずです。

ただ一概にも親の遺伝だけがすべてというわけではありません。

というのも仮に両親ともに陸上競技で短距離走のオリンピック選手だったとしましょう。
この場合少なくとも子供を育てる過程の中で幼少期から運動をさせるなど体を積極的に動かして育てていくスタイルになるかと思われます。一緒に公園でかけっこをしたりなどなど。

逆に両親とも運動が全くできずそこまで好きではないといった場合には子供と一緒に運動をするという機会は前者よりも減ってくることが考えられます。

すなわち親の身体能力だけが全てではなく、「子供自身が成長過程でいかに運動をするか・を動かすか」という事に大きく影響があるのではないかと私は思っています。

実際に遺伝で子供に影響するものとして挙げられているのは「筋肉の付き方や骨格」、「血液循環や神経、呼吸器の機能」などです。

筋肉の付き方や骨格については両親とも筋肉質であれば筋肉がつきやすくなり、トレーニングをすればするほど運動能力というものも上昇しやすくなるという事が言えるでしょう。

また、呼吸器などの機能は例えるのであれば長距離走を走るとするとすぐ息切れしてしまう人、息が長続きする人それぞれだと思いますが呼吸機能が優れている人であれば長距離選手や水泳選手などの心肺機能を重視する種目に向くのではないかと考えられます。

このように両親からの遺伝というにも細かく内容が分かれており、ただ単純に両親の足が速いから子供の足も速くなるというわけではなく「子供が運動を好きか・運動に興味があるか」など全てを含めて身体能力がついてくるのではないかと思っています。