身長を確実に10cm縮める方法とは?中学生の成長期でも背が低くなる手法

今回は「どうしても身長を縮めたい!」とコンプレックスを持っていらっしゃる方に参考にしていただきたい内容をまとめさせていただきました!身長を伸ばしたいと思っている方は多く聞きますが逆に身長を縮めたいと思っている方も実は多いんです。

男性の方ではあまりいないかもしれませんが女性の方で「身長が周りと比べて高すぎるから縮めたい…」「背の低い可愛らしい体系にあこがれる」など思っている方もいらっしゃるかと思います。

私自身が知っている方では女性で中学生の時に身長180cmもあって「クラスの他の男子よりも身長が高くて目立つ…」「せめて身長170cmまで縮めたい…」など悩みを抱えている人もいました。
そんな身長が高すぎるという悩みをお持ちの方に活用していただきたい身長を縮めるのに効果的な方法をいくつかご紹介させていただきますので是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

それでは身長を縮める方法について詳細を見ていきましょう!

1.身長を縮める方法:筋トレ

身長を縮める方法:筋トレ
まずは初めに筋トレについてご紹介させていただければと思います。こんな噂を聞いたことはありませんか?「子供のころに筋トレばかりすると背が伸びなくなる」と。

この様に言われている理由としては様々な意見があり、体が成長段階のうちに重い負荷などをかけてしまうと骨が伸びるスピードが鈍くなるという物です。イメージしやすい例で例えますと子供のころから毎日重たい錘を背負ってスクワットをしたとします。そうすると身長が伸びるのに逆らって錘で成長を止めることになるので背が伸びにくいと言われています。

しかし筋トレの種類によっては身長の成長とはほとんど関係のない筋トレもあります。例えば腕立て伏せ等を毎日行ったとします。こちらは腕や胸の筋肉が中心となるのでひざの関節や足の骨の成長などには影響しないという事が分かるでしょう。

あくまでも「子供のころに筋トレばかりすると背が伸びなくなる」というのは「錘を担いで足で支えている場合のみ」と言えるので腕を中心のトレーニングなどは身長を縮めるのにあまり役に立たない筋トレかもしれません。

2.身長を縮める方法:ストレッチ

身長を縮める方法:ストレッチ

続いては身長を縮めるストレッチについてですが先ほどの筋トレで負荷をかけて成長させにくくすると言うのは逆に身体の部位を伸ばすことをストレッチと言います。そのため今回の目的である身長を縮めるという観点からすると逆効果の効果となってしまいます。

朝起きた直後に伸びをするというのも寝起きで縮まった体を伸ばすという意味があるので身長を縮めたいという場合には朝の寝起きでも伸びはせずそのままが良いかもしれませんね。もし自宅にヨガマットがないという方は一つ持っておくと何かしら必ず使えると思いますよ。


Amazonで詳しく見る

3.身長を縮める方法:食べ物

身長を縮める方法:食べ物
続いては身長を縮める食べ物についてですが、極論を言ってしまうと身長を縮める食べ物というものは存在しないと言えるでしょう。

しかし身長が伸びる傾向にありやすい食べ物や飲み物というのは存在しています。よく耳にするのは牛乳を飲むと身長が伸びやすいなど言われておりますのでこの様な身長が伸びやすいものに関してはあまり摂取しないという方法しかないでしょう。

牛乳を中心に乳製品などは体の成長を促進する効果があるので本来なら摂取したいところではありますが極力身長を伸ばさないようにという事であればあまり摂取しないのがいいかもしれませんね。

4.身長を縮める方法:正座

身長を縮める方法:正座

続いて身長を縮める方法の1つとして正座をするというのが言われています。こちらは1つ目に述べさせていただいた筋トレと少し似ており正座をすることであえて膝の関節に負担をかけ身長を伸ばすのを抑える傾向にする働きがあります。

ですがひたすら正座をすればいいのかと言うとそうではなくずっと同じ姿勢で何時間も居ると他の部分にも支障が出てきてしまうこともありますので要注意です。

ただ実質的には身長を縮めるというよりは身長を伸ばすのを鈍くするだけというだけなので既に高くなってしまった身長をどうにかするというのは難しいかもしれません。

5.身長を縮める方法:かかと歩き

身長を縮める方法:かかと歩き

続いてはかかと歩きが身長を縮めるのに効果的と聞いた事はないでしょうか。こちらも決定的な概念はありませんがかかとで歩くと言う事は爪先を使わずに歩くことになるので足にかかる負担が普通に歩くよりも大きくなると言えるでしょう。

すなわち膝にかかる負担も増えるため身長が伸びにくくなる傾向にあります。ただこちらもこれをすれば身長が縮むと言うわけではないので要注意です。

6.身長を縮める方法:座って寝る

身長を縮める方法:座って寝る

続いて座って寝ると言う行為をすることで身長が縮むと言うものですが、本来人間は横になっているのが普通と言われています。そして横になって寝ることで朝起きた時には前日夜寝る前より身長が1センチほど伸びているのです。

これはなぜかと言うと重力で下に引っ張られるため1日の中で朝と夜に身長差が生じるのです。この理論により椅子に座って寝ると言うことは横にならないため寝ている間重力によって前日夜に縮んだ身長がリセットされません。なので座って寝るのは身長を縮めるのに効果的と言われています。

しかし毎日座って寝ればどんどん身長が縮んでいくと言うことではなく一時的にな現象に過ぎないのでやりすぎには注意です。体に負担がかかる上ゆっくりと睡眠を取って疲労を回復させると言うことができなくなってしまいますからね。

7.身長を縮める方法:夜型生活

身長を縮める方法:夜型生活

最後に夜型生活をすると身長が縮むと言うことについてですが、人間の成長ホルモンというのが夜10時〜深夜2時の間に多く分泌されると言われています。その時間帯に起きているということは成長ホルモンの分泌を抑制してしまうことになり身長が伸びにくくなると言われいます。

本来で子供であればこの時間帯は寝ている時間になると思われますので身長をこれ以上伸ばしたくないというのであればこの時間に起きておくのが良いと言えるでしょう。

しかし多くの場合は子供の頃の生活がそのまま響き、大人になってから実行してもあまり効果がないという場合がほとんどです。

身長を縮める方法についてのまとめ

今回は身長が高いということがコンプレックスだという人に向けた記事をご紹介させていただきました。身長を縮める方法とは言っても実際に今の身長から減らしていくということはかなり困難で身長が伸びるのを抑制するくらいにしか対応できないのが正直なところです。

また、身長が高いというコンプレックスを感じる頃には既にかなり身長が高くなってしまっていることがほとんどなので大人になってからだと難しいと言えるでしょう。

体重に関しては自分の意識でどうにでもなりますが身長に関してはどうにもできないので素直に受け入れるしかないというのが現実でしょう。

また、身長に関して他の記事も上げさせていただいていますのでそれぞれのメリットやデメリット、割合など気になる方はぜひご覧ください。

≫日本人で身長170cm以上の割合は?男性・女性別にご紹介!

≫身長170cmの平均体重や適正・理想体重とは?

≫日本人で身長180㎝以上の割合は上位6.4%だけ?年収1000万の割合と同じ?