野菜嫌いなは大人でもなぜ食べられない?理由や子供への指導法とは

今回は野菜嫌いや好き嫌いが多い人って大人になればなんでも食べられるようになるの?という疑問点などを述べさせていただければと思います。

自分の子供が全然野菜を食べてくれない、大人になったら好き嫌いは治るのかな、など心配してしまう親御さんも多いでしょう。

私自身も小さい頃からほとんど野菜を食べられず苦労しながら成人を迎えてしまったあ経緯などもあるので実体験などを踏まえながらご紹介させていただければと思います。

野菜が嫌いになってしまった理由

まずは焦点を『野菜嫌い』という所に絞って様々な内容を述べさせていただければと思います。そもそもなぜ野菜嫌いに育ってしまったのかという所から言うと、食事の与え方や赤ちゃんの頃に食べさせたものなどが影響を与えているのではないかと考えられます。

私自身うまれたばかりの頃は普通に野菜を食べていたそうですが少し大きくなった時には全く野菜を食べていなかったと言うと経緯です。

ではどのタイミングで野菜を食べなくなってしまったかというと歯も生えてきてある程度普通のものが食べられるようになったあたりだと言います。野菜を食べた時の「シャキッ」とした食感がおそらくダメだったみたいです。

その頃から「この子は野菜をあまり食べてくれないから仕方無く別の好きな食べ物を、、」などと言った形で甘やかされた結果このようになってしまったと言います。

野菜嫌いは直せる?

野菜嫌いは直せる?

そもそも子供自身が「野菜は絶対に食べたくない、まずい、吐きそう」などと言う印象を持ってしまうと無理矢理野菜嫌いを治そうと親がいくら努力しても正直難しくあまりにも強制しすぎてしまうと逆効果となってしまうかもしれません。

私自身も物心ついた頃から全く野菜が食べられなかった為小学校の給食などで必ず食べなければならないと言う先生の時は毎日苦労していた記憶が鮮明に残っています。

つい親としは少しずつで良いから野菜を食べて欲しいと言う思いから少量の野菜をそのまま食卓に出してしまいがちです。しかし野菜嫌いの子供からしたらこれはNGです。

というのも子供からしてみると先入観から「野菜はどうしても食べたくない」と思ってしまう子がほとんどです。その為野菜をそのまんまの姿で出すのはあまり効果的ではないと言えます。

見えない野菜から食べさせる

ではどのようにしたら自然と野菜を食べられるようになるのかを考えてみた時に子供としては「先入観で野菜はダメ」と思っている為「野菜の形として見えなければ良い」ただそれだけなのです。

野菜をそのまま出すよりも形がない状態まで細かくしてしまったものを他の料理に混ぜ込むなどすれば少しでも野菜を摂取させたいというのはクリアできるでしょう。

まずはここが第一段階となります。子供の好きなものの味になり切ってしまっていれば正直野菜がどの料理にどのくらい入っているかなどわからないのです。

例としてあげるのであればハンバーグの中に通常よりも多めに食べさせたい野菜をみじん切りにして忍び込ませてあげるなどが良いでしょう。

そうすれば子供も通常のハンバーグだと思って普通に食べてくれるはずです。

ただこの野菜ハンバーグを子供としては食べてくれると思いますが「野菜が多めに入っている」ということは絶対に隠しておいた方が良いです。

というのも野菜嫌いのこどもの舌はかなり敏感なので一度でも「野菜が多く入っているハンバーグだ」ということを認識してしまうと次に作った時にたとえ全く同じ味や触感だったとしても先入観で「野菜が入っている」と思い込み、もしかしたら食べてくれなくなってしまう可能性もあるのです。

そうなってしまっては全く野菜を摂取してくれないままになってしまうでしょう。