ボーイスカウトとはどんな事をするの?費用や評判をご紹介!

今回は一度は聞いた事があるボーイスカウトとは一体どのような団体なのかをご紹介させていただければと思います。

また、ボーイスカウトで行われる行事やかかる費用なども含めて細かくご紹介させていただきますのでもしこれからボーイスカウトを始めようかなと考えていられる方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

ボーイスカウトとは?

ボーイスカウトとは?

まず初めにボーイスカウトとはどんな団体なのかと言うところから述べさせていただければと思います。

イメージとしてボーイスカウトは主にボランティア団体と考えていただくのが最も当てはまるかと思います。

地域の様々な行事であったり募金活動などを積極に行なっています。

 

また、ボーイスカウトとして一括りにするのであれば特に年齢は関係ないのですが、各年齢によって呼び名が違うというのはご存知でしたでしょうか。

その中でもボーイスカウトとして活動できる年齢ですが一般的には小学6年生〜中学生3年生の年齢をボーイスカウトと呼びます。

それよりも低い年齢のスカウトはビーバースカウト、カブスカウトなどの名称が付けられております。

逆にそれよりも年上のスカウトはベンチャースカウト、ローバースカウトなどベテランの領域に入ってきます。

そしてボーイスカウト一括りにすると各都道府県で団体を持っており、『ボーイスカウト東京連盟○○地区○○第○団』のように細かく分かれています。

このように各地域で様々な年代が集まってボランティア活動を行なっていく団体のことを一般的にはボーイスカウトと呼びます。

ボーイスカウトの活動内容とは?

ボーイスカウトの活動内容とは?

続いてボーイスカウトに入ったらどんな内容の活動を主に行うの?という内容についてです。

ボランティア活動があくまでもメインではありますが毎回ボランティアをしているというわけでは無く、自分たちの活動ももちろんしています。

ではどのような活動を主にしているのかボランティア活動含め見ていきましょう。

 

赤い羽根共同募金

こちらはよく駅前などで見た事があるのではないでしょうか?

こちらも全てボーイスカウトの人たちが集まって地域の募金活動をしております。

回数としてはそんなに多くありませんが1年に2回ほど行う事が多いです。

 

 

キャンプ

ボーイスカウトの活動としてこのキャンプのイメージを強く持っている人も多いのではないでしょうか?

確かにボーイスカウトにとってキャンプの頻度はとても多く年に4〜5回行う場合もあります。

4年に1回行われる日本ジャンボリーでは日本全国のボーイスカウトが集い4泊5日、移動日を合わせる約1週間ほどの期間を過ごすイベントもあります。

 

お祭り出店バザー販売

地域のお祭りでも飲み物や軽食の販売業務やバザーでの対応を行います。

一般的には飲み物や焼き鳥、かき氷など簡単なものが多いですが地域活動の一環として取り組んでいるところが多いでしょう。

こちらは参加するお祭りの数にもよりますが私の場合年に1回活動させていただきました。

 

奉仕活動

ひとまとめに奉仕活動としても一体どんなものなの?と思ってしまいますがいわゆる行事の見守り役などを行います。

例えば年末年始に明治神宮へ出向き火のついている松明の周りに配置され来客者が危なくないかなど見張ったりもします。

 

スキー実習

こちらは各団体によって行う所行わない所あるかと思いますが冬休みに2泊3日程度スキーへ出かけます。

ボランティア活動や奉仕活動とは関係なく一般的なレジャーとして参加する場合が多く年に1回の楽しみとして行われていました。

 

様々な野外活動

他には一般的にはあまり馴染みのない分野の活動なども体験させていただけます。

例えばサバイバルのような形でペットボトルを使ってお米を炊いたり、自力で火を起こして調理したりキャンプファイヤーなどを行なったり。

普段学校では体験できないような分野を体験できるので非日常を味わえます。

 

ボーイスカウトの活動内容まとめ

大まかには上記で挙げさせていただいたような内容が主な活動内容となります。

各団体によっても多少違いはあると思いますがこの辺りがメインだと思っていただければ問題ないでしょう。

ボーイスカウトの費用や制服について

ボーイスカウトの費用や制服について

続いてはボーイスカウトの活動を始めるにあたってどのくらい費用がかかるの?制服などは購入する必要がある?などをご紹介させていただければと思います。

 

ボーイスカウトにかかる費用

まずボーイスカウトに入団するために年間登録料、活動費を払う必要があります。

こちらはおよそ年間で2000円程度となります。

ボーイスカウト活動で利用するテントなど諸々の経費などと考えていただければ良いでしょう。

 

ボーイスカウトの制服

ボーイスカウト活動を行うにあたり制服の購入も必須となります。

こちらはおよそ12,500円程度を見ていただければと思います。

また、制服の他にも実際の活動で使う食器や雨具、手旗やロープなど様々な道具も必要になってきますので現実としてはもう少し掛かってくるでしょう。

 

ボーイスカウトショップ

ではその制服や道具はどこに売ってるの?という疑問点も上がってくるとおもおますが各地域のデパートなどにボーイスカウトショップというものが入っている場所があります。

このボーイスカウトショップで必要となるものを全て買い揃える形となりますがそこまで店舗数も多くないため少し遠出して買わなければならない事もあるのでしっかりとチェックしておきましょう。

 

ボーイスカウトの費用まとめ

このようにボーイスカウト活動を始めるにあたって少しお金がかかるという事も頭に入れておいていただければと思います。

 

ボーイスカウトには階級がある?

ボーイスカウトには階級がある?

続いてはボーイスカウトの階級についてです。

一般的にボーイスカウトに入った当初というのは初級スカウトから始まります。そして進級の試験のようなものに合格すると次の級へ昇進することができます。

ではボーイスカウトにはどのような階級があるのかを見ていきましょう。

 

初級スカウト

ボーイスカウトに携わった第一歩目の段階のスカウトです。

初歩的なところから様々な分野を先輩スカウトから学んで吸収するいわゆる新入社員と同じような感じでしょう。

 

2級スカウト

初級スカウトから1段階上がったのがこちらの2級スカウト。

合格条件としては「ハイキング」が課題となり、2級挑戦のお題が出されます。

無事クリアすることができれば2級スカウトとして進級となります。

 

1級スカウト

2級スカウトから1段階上がったのがこちらの1級スカウト。

合格条件としては「キャンピング」が課題となり、1級への挑戦となるお題をクリアしなければなりません。

このレベルになると自らどのように行動すべきかなどを課せられるのである程度知識や地検がないと難しいかもしれません。

 

菊スカウト

ボーイスカウトとしては最高地位に当たるのが菊スカウトになります。

課題としては「模範」となり、すべてのスカウトの見本となるような行動ができるかどうかという所がポイントとなってきます。

昇級するためには地区の代表者と面談などが必要で的確な能力があると認められたものだけが晴れて菊スカウトへ任命されます。

 

ボーイスカウトの階級についてまとめ

初級スカウトから始まり菊スカウトまで4段階の階級をご紹介させていただきました。

菊スカウトになるまでの道のりはとても長いと思いますが最後まであきらめずに頂点を目指していきたいところです。

 

ボーイスカウトについて全般的なまとめ

今回はボーイスカウトとはいったいどのような活動をするのか、また費用はどのくらいかかるの?階級はどのように決まるの?など様々な分野に分けてご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか。

実際にまだボーイスカウトの活動を始めていないという人もすでにボーイスカウトの団体に所属しているという人もこちらの記事を読んで少しでも何か参考にしていただけたらと思います。