地元や実家が嫌いで帰りたくない心理とは?戻りたくない理由についてご紹介!

今回は地元が嫌いでどうしても小中学校時代の友達と疎遠になってしまっている。極力実家には帰らないで過ごしたい、などという人の心理をご紹介していければと思います。

地元に対してあまり良い印象を持っていないと言うことは住んでいた頃にあまり良い思い出がなかった、嫌な思い出ばかりある。などの理由が挙げられるかと思います。

ただ単純に地元が嫌いと言っても地元のご近所さんとの関係が嫌いで実家に帰りたくないのか、家族関係が嫌いで実家に帰りたくないのか、それとも交友関係が嫌いなのかという違いも出て来るかと思いますのであくまでも個人的見解を含めた意見を述べさせていただければと思います。

地元が嫌いな人の理由とは?

地元が嫌いな人の理由とは?

まず初めに地元が嫌いという人に向けてなぜそうなってしまったかについて幾つかご紹介させていただければと思います。

近所との人間関係で地元が嫌い

まずはご近所さんとの人間関係が嫌いで実家に帰りたくないと言う人についてです。

このケースの場合は今まで育ってきた上で何かしらの嫌がらせを受けてしまった、とても怖い人がいて顔を合わせたくない、などが挙げられるかと思います。

小さい頃からの記憶というものは鮮明で子供の頃に嫌な経験をした事って大人になってもなかなか克服できなかったりするものですよね。

それがご近所さんとの関係だったとすると大人になってからでも覚えており実家に帰りたくないと考えてしまう事があるようです。

最近はあまりこのようなケースは見られませんが昔はよくあったみたいです。

 

家族関係が嫌いで実家に帰りたくない

続いては親子関係が嫌で実家の方へ帰りたくないというケース。

こちらのケースは比較的まだあるようで実際に親が自分に対して乱雑だったりほったらかし状態で面倒をほとんど見てくれなかったらなど幼少期からの記憶がある場合大人になっても実家に帰りたい、親孝行をしたいなどの心理が働かなくなるようです。

また、兄弟がいてお互いほとんど関わりがなく赤の他人同士だと思っている場合などのケースも考えられます。

家族関係が要因で実家に帰りたくないという場合には今後自分が結婚するという時などにも関わって来る事なので可能であれば治しておくべきと判断できるでしょう。

 

昔の友人と疎遠になってしまう理由とは?

昔の友人と疎遠になってしまう理由とは?

最後に小中学校時代の友人とほとんど疎遠になっており地元が嫌いと言う人も多く見受けられるでしょう。

このような場合には正直無理に復縁する必要はそこまでないでしょう。

疎遠になってしまう理由としては大学や社会人になるのがきっかけで地元を離れなければならないという際にはどうしても地元の交友関係とは離れがちになってしまうものです。

特に仲の良い友人のみたまに連絡を取る程度にしておけば地元に戻った時に会ったり出来るくらいで良いかと思います。