回転寿司の回る速さってどのくらいの速度?

今回は皆さん一度は行った事であるであろう回転寿司についての記事をご紹介させていただこうと思います!

回転寿司といえばスシローやくら寿司など各人気店が肩を連ねております。

そこでもしかしたら一度は疑問に思ったことがあるのではないかというネタについてですが

回転寿司の回る速さってどのくらいの速度なの?

という疑問にお答えさせていただきます!

また、回転寿司の回る速度が遅くなった場合や速くなったりする場合においてどのようなメリット、デメリットが生じてしまうのかなども合わせてご紹介させていただければと思いますので興味のある方はぜひご覧ください。

回転寿司の回る速さについて

まず初めに回転寿司のレーンってどのくらいの速さで回っているの?という疑問点に関してですが大手回転寿司チェーン店のスシローでは公式ホームページに350m進むのに約40分と記載されております。

スシロー回る速さ

出典:http://www.akindo-sushiro.co.jp/

こちらを分速に直すと350÷40で約8.75mとなります。
秒速の場合さらに60で割ると約14.58cmとなるのです。

この速度は私たち自身お客さん側がお寿司を見てお皿に手を取るというのに対して最も適している速度だそうです。

実際に1分で8.75mしか進まないの?と感じる方もいればそんなに進むの?と感じる方も居るかと思います。

この回る速さを人間の歩く速度と比べて見るとかなり遅めだということがわかります。

人間の歩く速度はしっかり歩くと1分で80mほどと言われているのでおよそ回転寿司の回る速さの9倍ほどになりますね。

ただチェーン店ではない地方の板前さんが握ってくれているお店などではスシローよりもかなり遅い秒速4cmなどというお店も存在しているようです。

また、速度とは関係ありませんが回転寿司は全て右回りとなっているようです。

これは右手で取りやすいようにと設計されたものであるようですね。

 

回転寿司の回る速さがもっと遅かったら

回転寿司の回る速さがもっと遅かったら

続いては回転寿司の回る速度が現状より遅かった場合どのようなことが起こるのかメリットデメリットを洗い出してみました!

遅い場合のメリット

・速度が遅いので回ってくるお寿司をゆっくり選ぶことができる。

・取り逃がしてしまう確率が下がる。

 

遅い場合のデメリット

・速度が遅い為回ってくるお寿司のレパートリーが少ない。

・長い時間レーンの上を回っている為鮮度が落ち乾燥してしまう懸念点がある。

・注文したお寿司が届くまで時間がかかる。

 

などが挙げられるでしょう。

このように各それぞれメリットデメリットはありますが速度が遅いという点ではデメリットの方が多くみられますね。

 

回転寿司の回る速さがもっと速かったら

回転寿司の回る速さがもっと速かったら

次は逆に回転寿司の回る速度が今よりも速かったらどのようなメリットデメリットがあるのかを順番に見ていきましょう。

速い場合のメリット

・流れてくる速度が速いので目当てのお寿司がすぐに流れてくる。

・数多くのお寿司が選ぶ候補になる。

・鮮度の高いお寿司を食べることができる。

速い場合のデメリット

・選んでいるうちに目当てのお寿司を取り逃がしてしまう可能性が高まる。

・速度が速いのでお皿を取るのが難しい。

・選んでいる間にお寿司が流れてしまう。

などが考えられる点になるでしょうか。

このように速度が遅い方がデメリットとして多く挙げられるているイメージでしたが速い場合でもデメリットは出てくるのです。

 

回転寿司の速度まとめ

今回は回転寿司ってどのくらいの速さで回っているの?という疑問に関してご紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか。

皆さんの思っていたよりも速かったですか?遅かったですか?

今回例として上げさせていただいた回転寿司以外にもそれぞれ回る速度は異なってくるかと思いますので参考程度にしていただければと思います。

また、回る速度が速い場合、遅い場合のメリットデメリットも合わせてご紹介させていただきましたが全てを踏まえて一番良い速度が現状の速度ということになりますので是非ご認識いただければと思います!