空気読めって人がうざい?友達の特徴やあるあるについてご紹介

皆さんの周りには空気読めと言ってくる人はいますか?また、空気読めないなと感じる人っていますか?

今回はそんな空気を読む、読まないと言う言葉やその人の特徴などについてご紹介させていただければと思いますので気になる方は是非参考にしてみてください。

 

空気読めとはどんな意味?

まず初めに空気読めと言う言葉ってどんな意味なの?と言うところから順番にご説明させていただければと思います。

「空気を読む」と言うことは難しい言葉ではありますが一般的に多くの人とコミュニケーションを取りながら成長していくことができれば自然と身につくスキルであります。

その空気を読むと言うのは実際に起こっているその場の流れや空気感から非常識な発言をしたりしないと言う事になります。

例えば周りのみんなが何かしらで暗い気持ちになっている時に全くそんなこと気にせず1人ではしゃいでいるなどと言う人がいれば周りからは「あの人はいつも空気が読めてないな」と感じられてしまう訳です。

ではそんな空気を読むと言う言葉に付随する内容をご紹介していきます。

 

空気読めと言う言葉自体がうざい?

空気読めと言う言葉自体がうざい?

皆さんも一度は聞いたことがあると思います『空気を読め』という言葉ですが、実際その言葉に対して「うざい」と感じたことは無いでしょうか。

空気を読めと他人に言われるとこちらとしてはまともに取り合っているつもりだったのに…と感じる訳です。

また、空気を読めと言われる人はわざとやっている訳でなく悪気はないのに言われてしまうからうざいと思ってしまうのかもしれませんね。

そして他人からみて空気を読めと言う言葉がうざいと感じてしまう人は個人的な主張が強い人に多くみられるのでは無いでしょうか。

例えば葬式などは普通であれば喪服を着てくらい表情になるのが普通ですが、そこに奇抜なファッションや髪型などで行くことは空気が読めない、そして常識が無いとみられてしまいがちです。

ただ本人としては自分の筋が通っており善かれと思ってやった事に対して空気を読めと言われてしまう為うざいと感じるのも無理ないでしょう。

このように空気を読めと言う言葉に対してさまざまな先入観はありますがうざいと感じる人もいると言うことをご紹介させていただきました。

 

空気読めない人って病気?

続いては空気が読めない人って病気なの?と思われる方もいらっしゃるようなので私自身個人的な意見を述べさせていただければと思います。

空気の読めない人というのは病気と言うよりは先程も少しお伝えしましたが自分の筋が通っておりなんでもその場を気にせず行動や発言に移してしまうだけだと思われます。

その為病気ではなくあまりその場の空気感を考えずに自分のやりたいことをやると言う人だと感じられますね。

 

空気読めない人の特徴とは

空気読めない人の特徴とは

続いては空気が読めない人の特徴についてご紹介させていただきます。

そもそも空気が読めない人の特教としては二極化しているのでは無いかと考えられます。

1つは物静かな人達の中に1人だけ突発して騒がしい人がいればその人が空気読めないこととなってしまいます。

みんなが陽キャラなのに対して1人だけぼそっとした人がいれば陽キャラの人たちから見れば空気読めない人と思われてしまうのです。

また、その空気読めない人の特徴としては自分が何か嫌なことをされても特に怒ったりする素振りは見せない。
ただ自分も他人に対して平気で嫌なことをしてくるなどあまり物事を考えていない人に多いですね。

 

空気読めない男女の違い

続いては性別ごとにどのような人が空気読めないのかを簡単にご紹介させていただければと思います。

私自身の個人的な意見もございますので参考程度に見ていただければと思います。

 

空気読めない女

空気の読めない女性として挙げられるのは露出の激しいファッションなどが挙げられるのでは無いでしょうか。

公共の場で少しやりすぎなくらいのファッションをしている人って見かけたことは無いでしょうか。

ただ奇抜で派手なファッションというだけであればその人の好みもあるので良いのですが露出が激しめのものは少し注意する必要がありますね。

 

空気読めない男

そして空気の読めない男性についてですが、たまに見かける電車の中でお酒を飲んでいたり、場を弁えずアルコールを摂取している人がいますよね。

個人的な意見ではありますがほとんどが男性で顔を真っ赤にして酔っ払いながらお酒を飲んでいます。

電車の中でお酒を飲むのは禁止されているわけでは無いと思いますがマナー的にもよく無いので控えたほうがいいでしょう。

マナーに関しては詳しくはこちらでも述べています。

 

空気読めない人と居ると疲れる?

続いては空気の読めない人と一緒に疲れる、こっちまで気を遣ってしまう、などと言う状況に関してです。

確かに空気が読めない人と一緒にいると、普段気を使わなくて良いところに気を遣ってしまったりして自分自身も何か気をつけてないといけないなどの考えになるのでは無いでしょうか。

そして大勢で初めてその空気の読めない友達を連れて会うなどとなった時はその人が何か余計なことを言わないかなどに神経を使ってしまいます。

よって空気の読めない人と一緒にいると疲れるなどという考えが起こるのでは無いでしょうか。

これは仕方ないことでその空気の読めない人は悪気はありませんがそのような行動をとってしまいがちです。

 

空気読めるようになるには

続いては少し違った視点から空気を読むという事について見てみましょう。

今までは空気が読めない人に対して様々なことを述べさせていただきましたが、もともと空気が読めないと感じている人が空気を読めるようになるにはどうしたらいいか考えていきます。

現在空気が読めない原因として何でも思ったことをすぐに言ってしまったりし、場の空気を壊してしまうなどが挙げられるかと思います。

そう言ったことをもし自分でも行なってしまっているなど自覚がある人はとりあえず行動や発言する前に一度考えてから実行してみれば良いだけです。

この発言をしたら空気が読めない人だと思われないかな?など冷静になることで改善できることはあります。

 

空気が読めないのはうざい?特徴などについてまとめ

今回は空気が読めないという人に対しての感情や特徴など様々な項目を挙げさせていただきましたがいかがだったでしょうか。

個人的な意見も多く含まれている為共感できる項目が少なかったらすみません。

是非参考程度にしていただけたらと思います。