自慢話ばかりする人は疲れる?心理や対処法例をご紹介

自慢話

皆さんは友達や彼氏、上司などから自慢話を聞かされて正直めんどくさい、しんどいなど感じたことがありますでしょうか?

もしかしたら毎日のように誰かに自慢話をされてもう嫌だ、なんて感じている人も多いでしょう。

今回はそんな自慢話についてどんな心理で本人は話しているのかなどまとめてみましたので個人的な意見も多くありますが興味のある方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク

自慢話とは

まず自慢話って一体どんなことを言うの?と言うところからご紹介していきます。

自慢話と聞けばなんとなくイメージはつくと思いますが「私ってこんなことできるの、すごいでしょ?」「俺はこの高級品使ってるよ」など文字の通り聞いてもいないのになんでも自慢してくる人の話を指します。

自慢話は大体の人が無理矢理聞かされてめんどくさい、うんざりとマイナスなイメージに捉えてしまうことが多いので極力しない方がいいと言えるでしょう。

スポンサーリンク

自慢話をしてくる男について

では続いて自慢話をしてくる男の心理について述べていきます。
男性が女性に対して自慢話をする時は特にお付き合いなどしていない関係の場合「俺の凄いところを聴かせて惚れさせよう」と言った下心ありきの場合や自分のことを凄い人だと認めてもらいたいなどの思いから行動に移してしまう事が多いと考えられます。

なので男が自慢話をし始めたと思ったらなんらかの理由で好かれているのかもっと認めてほしいと言う場合がほとんどです。

仮にその男の事がこちらも好きなのであれば話を深掘りして聞いてあげるのもありですが、対して好きでもなく今後も先を見据える事ができない関係性であれば聞き流してしまうのが良いでしょう。

もし仮にこちらも好意を寄せていたとしてもずっと自慢話を聞かされることになるのであまりお勧めはできないかもしれませんね。

スポンサーリンク

自慢話をしてくる彼氏について

続いては自慢話をしてくる彼氏についてです。先程とは違いすでにお付き合いをしている関係の上自慢話をされると言うことになります。

彼氏という関係であれば接する機会がかなり多いと思いますので毎回自慢話を聞かされるのは正直うんざりと感じてしまう事が多いのではないでしょうか。

お互いの関係性もできてきている仲だとは思いますのではっきりと自慢話をやめてほしいと伝える事も大切です。

少しであればまだ我慢できるかもしれませんが毎回過度に自慢ばかりしてくるという彼氏だったら今後お付き合いし続けるかどうかを改めて考えた方がいいという事も視野に入れておきましょう。

スポンサーリンク

自慢話をしてくる友達について

次に自慢話をしてくる友達について述べていきます。友達同士の場合は学生であれば「家が金持ちで裕福な生活をしている」「彼女がどうのこうの〜」だとかが多く挙げられる例です。
社会人になれば学生時代の友達と比較して自分がどれだけ稼いでいるかとかで自慢してくる事が多いです。

そのような場合自慢してくるということは同じ分野で自分の方が上にいると言うことから自慢してくる場合がほとんどです。

稼いでいる金額なども同級生の友達同士であれば1番上だけど年齢が上の世代と比較するとそんなでもないので自慢できないなどですね。

そう言った場合は今後まだ追い越せる可能性もあるので自慢していた人を見返してあげましょう。

スポンサーリンク

自慢話をしてくる上司について

続いては自慢話をしてくる職場の上司についてです。立場上自分の上に来る関係性になるので友達や彼氏と言った人たちよりも厄介になるケースが多いです。

立場が同じであれば聞き流したりやめてほしいと伝えることができますが上司となると素直に聞くしかないと言うのが本音です。

また、上司の自慢話となると過去に凄かったことやどれだけ仕事ができるかなどが多く、部下としてはプレッシャーを与えられているだけになるのではないでしょうか。

上司の自慢話はその場面ではしっかりと聞いておき特に深く考えないと言うのがベストかもしれませんね。

ただ自慢話をしてくるということは嫌われているわけではないのでそこは少し安心なポイントです。

スポンサーリンク

自慢話をしてくるママ友について

続いては子供の自慢話ばかりしてくるママ友についてですが、もしかしたらこちらが1番厄介なのではないかとも考えられます。

子供の自慢話になるので「うちの子はもうこんな事もできるのよ。あなたの子はまだできないのかしら?」などと嫌味っぽく言われる場合も多いです。

また、極力そのママ友とは関わらないようにしたくても子供同士が仲良いと関係を切れないと言うのが彼氏や友達などと違った点にもなります。

逆に自分の子供が優れているポイントを伝えるというのも手ですがトラブルにもなりかねませんので静かにしているのが良いかもしれません。

スポンサーリンク

自慢話をしてくる年寄りについて

続いて自慢話をしてくる年寄りについてですが、基本的におじいちゃんおばあちゃんは若い人とお喋りがしたいだけです。

なので考え方によっては最もうんざりするリスクというのは低いのではないかと思います。

実際に自慢してくる内容も話を聞いていて飽き飽きとしてしまう事もないので苦じゃなければ聞いてあげると年寄りの方も喜ぶのでいいのではないでしょうか。

もしかしたら「戦争の時代はこうだった」などレアな話を聞ける場合もありそうですね。

スポンサーリンク

自慢話の対処法について

では実際に自慢話をしてくる人に対してどんな対応をするのがベストなのかというとこちらとしては自慢話を聞きたくないというのが本音なので特に向こうが話していても聞く耳を持たないと言うのが良いのではないでしょうか。

ただ上司やママ友の関係だとその後関係性が悪化してしまう事もあるので様子を伺いながら対処していくしか方法はありません。

基本的に自慢話をする側も相手に嫌われる覚悟で話しているという人は少なく、自分がどれだけ凄いか認めてもらいたいというのも一心からそう言った話をするのです。

なのでお互い自慢話をできるくらいになれればあまりうんざりすることはないかもしれませんね。

スポンサーリンク

自慢話についてまとめ

自慢話について様々な関係性の人を述べさせていただきましたがいかがだったでしょうか。

年代や関係性ごとに自慢してくる内容が違ってくるというのも自慢話の特徴ですがいかに自分のことをすごいと思ってもらえるかが自慢話をしてくる人の特徴なので面倒だと思ったら凄いとその場合で表だけ伝えてしまった方が楽な場合も多いですね。