遅刻の理由・言い訳やメールの文章などの対処法について

日常生活において友人と遊びに行く時や仕事などで遅刻をしたことはありますか?
実際に規定の時間に遅れそうになった場合どんな形で相手に自分が遅刻してしまう事を伝えるのが正しいのでしょうか。

また、遅刻してしまいそうになった段階ではっきりと謝るのかそれとも少し言い訳をしてその場を逃れるのか…。など考えられることは多いはずです。

今回はそんな遅刻について様々な意見を個人的な考え含めご紹介していければと思いますので気になる方は是非ご覧ください。

遅刻をよくする人は何が原因?

まず初めによく遅刻をしてしまい周りからも遅刻魔のようなイメージがついてしまっている人は何が原因で遅刻してしまっているのかというところから述べさせていただきます。

遅刻をすると言うことはまず時間の把握ができておらず「数分くらいなら別に遅刻に入らないでしょ?」という考えを持った時間にルーズな人だと言えます。

逆に全く遅刻をしない人は「待ち合わせの時間に1分でも過ぎたら遅刻。余裕を持って到着するようにしよう」と考えている人になります。

本来間に合うはずの時間にしっかり起きて行動していても遅刻してしまうと言うことは時間の計算能力が劣っていたり自己中心的な人とも捉えられてしまいます。

なので遅刻しないようにするためには本来の待ち合わせ時間よりも10分早く到着するような形であらかじめ待ち合わせ時間を自分の中で早くするといいでしょう。

早くついているのが損という考えは辞めて自分が1番先に着いているくらいのイメージを持てば遅刻というものはほとんどなくなります。

遅刻の理由や言い訳について

続いてはもし仮に遅刻しそうになってしまった場合などに一方を入れる際どの様な内容で伝えたら良いのかという事をご紹介していきます。

基本的には正しくなぜ遅刻してしまったかを偽りなく伝えるのがベストですが、どうしても本当のことを伝えられない場合もあるでしょう。そう言った場合には言い訳や少し話を盛って伝える場合があるかと思います。

友達との待ち合わせくらいであれば簡単に「お腹が痛かった」とか「電車に1本乗り遅れた」くらいで良いと思いますが会社など労働環境において賃金が発生する場合はしっかりと基準を満たしていないと遅刻した分の給料が出なかったりするので遅延証明書の提出などが必要になってくることでしょう。

言い訳をして済まされる場合であれば良いですが正しい提出物が必要になる場合もあるので偽りは極力無くしましょう。

職場や学校の遅刻について

遅刻の理由・言い訳やメールの文章などの対処法について

続いては職場や学校といった規定の時間がある場合にもし遅刻をしてしまった時にどのような影響があるのかを述べさせていただければと思います。

バイトの遅刻

アルバイトの場合シフトが決まっていて始業時間が何時〜となっている事が多いでしょう。そういった場合「始業時間に到着する」ではほとんど遅刻と言っても良い状況になります。
と言うのもアルバイトの場合その決まった時間から賃金が発生する形になっているので働ける格好に着替えなどが終わった状況で現場にいる必要があります。

なので少し前には到着して着替える時間も考慮して家を出るなどする様に行動しましょう。

仕事の遅刻

正社員など正規で職場に雇われている形もお金が発生しているので先程のアルバイトと同じ形になります。ただ正社員の方が遅刻に対する重さが大きく、アルバイトの場合は遅刻をしたとしても時給が下がるなどほとんどありませんが正社員だと評価などに関わってくる事が多いです。

給料が下がるようなことはよほど毎回遅刻しているなどでない限りないとは思いますが、昇格や給料の上がり幅には関わってくる観点となります。

やはり役職につくような人が毎回遅刻しているなどの状況だと部下になる身としては信頼が薄くなったりするので極力遅刻は避けるようにしましょう。

高校の遅刻

高校生の場合は毎日同じ時間で朝何時に登校時間と決まっている場合がほとんどです。バイトや仕事のように賃金が発生しているわけではないのでいくら遅刻したとしても金銭面に関わることはありません。

ただ高校生として必要な学校からの評価だったり、遅刻ばかりしている生徒だと大学進学や就職に響くと言ったことは十分に考えられます。この頃から遅刻癖がついてしまうと社会人になっても遅刻が多くなってしまうので極力遅刻しないようにしましょう。

大学の遅刻

大学の場合は高校と違いそもそも遅刻という概念がない授業も存在しています。
カリキュラムに授業の日程は入っているものの出席は取らない教授もいるので授業に出なかったとしてもテストに合格すれば単位を取れたりする場合もあります。

ただ大学でも多くの場合はやはり出席を取る事が多いので正しく規定の時間に授業へ参加するというのは守っておきましょう。

遅刻が原因で単位を落として留年などという事もザラに聞くので今後社会人になった場合を見据えてしっかりと行動すると良いでしょう。

面接の遅刻

面接に遅刻するということは面接官から見て大きく減点されるポイントになります。バイトや職場において数年で1回くらいしか遅刻しない人であればダメージはほとんどありませんが初っ端から遅刻してしまうと「うちに入社してからも遅刻が多そうだな」とその1回で思われてしまうのも無理ありません。

なので面接という場において遅刻するのは最もNGな行動と言っても過言ではないので注意しましょう。

プライベートの遅刻について

遅刻の理由・言い訳やメールの文章などの対処法について

続いては友達との約束や自分で予約した施設などの遅刻に関してご紹介させていただきます。仕事や学校ではないので縛りは少し軽くなる印象が見受けられるでしょうか。

デートの遅刻

デートの待ち合わせ時間に遅刻してしまうというのは相手からしてみるとどうでしょうか。
付き合いの長い関係であればそこまで気にすることは無いと思いますがまだお付き合いをしていない段階だったり、付き合って間もないような関係だと相手を不安な気持ちにさせてしまう事もあるでしょう。

5分未満の小さな遅刻などであればそれほどダメージはないかもしれませんが30分以上の遅刻となると問題は大きくありそうです。好きな相手とデートをするのに遅刻を平気でしてしまうのは極力避けましょう。

美容院の遅刻

美容院を自分で予約していたのにも関わらずその時間にお店に行く事ができないというのは日頃から時間にルーズな人の特徴です。

自分はお客さん側ではあるものの相手を気遣い、本来であれば5分くらい前に到着しているくらいが最も望ましいです。

美容院などの場合15分ほど遅刻してしまうと次の予約客が詰まってしまうためキャンセル扱いになることも多々あるので注意しましょう。

歯医者の遅刻

歯医者に関しての遅刻も美容院同様にお客様側の立場ではあるもののやはり遅刻するのはいけません。

こちらもスケジュール的に次の予約が入っている業種なので少しでも遅れるとキャンセルになる場合が多いと言えるでしょう。

遅刻を繰り返す遅刻魔は病気?

続いては遅刻ばかりする通常遅刻魔と呼ばれるほどになるのは病気?という事について述べていきます。遅刻ばかりすると言う事で病気と言う訳ではありませんが、あまりにも常に遅刻をしていると心配になるのも無理ありません。

ただ本人は時間にルーズなだけで遅刻と言う事に重きを置いていないだけの場合もあります。

また、遅刻に関してかなり厳しい人であれば少しの遅刻も気に障ってしまう性格の人も中にはいるでしょう。とはいえ遅刻ばかりするのはあまり良くありませんのでしっかりと目的地に決まった時間に着くよう努力をしていきましょう。

遅刻しそうになった場合のメールについて

続いては遅刻しそうになった場合や遅刻してしまった時のメールの一報について述べていきます。

まず確実に遅刻してしまうとなった場合に一報を入れるのが常識となります。定刻を過ぎてから連絡するのは常識的にあまり良くありません。もし遅刻の連絡をする場合は友人同士でも必ず謝ると言うことは欠かさないようにしましょう。親しき中にも礼儀ありですね。

また職場など賃金が発生する場合においては正確に連絡する必要があります。
大体どのくらいの時間には着けそうかなどがわかれば必ず伝え、到着した際に上司に謝るなどするのが礼儀になります。もし遅刻しそうと言う場合には相手に謝罪をすぐにしておくのがベストです。

遅刻が癖になってしまったら

続いて遅刻が癖になってしまった場合ですが、こちらに関しては自分自身の努力で治すしか方法はありません。小さい子供であれば親にしっかりと教えてもらえますがそのくらいの子供のうちは遅刻という概念がそもそもない場合が多いので自分で直すしかありません。

毎回のように到着時間が遅れてしまうのであれば家を出る時間を予定している時間より早めるなど対策はいくらでもあるので細かい事にはなりますが少しずつ遅刻しない体に慣らしていきましょう。

寝坊で遅刻してしまう原因とは

続いては遅刻の定番とも言える寝坊についてです。寝坊してしまうと言うのは決められた時間に起きる事ができないと言う事になります。目覚まし時計をかけていても二度寝してしまったり、目覚まし時計をかけ忘れて寝てしまったりする事が考えられます。

そうならないためにもしっかりと目覚まし時計はセットして決まった時間に確実に起きられる体制を作ることから始めていきましょう。

遅刻をなるべくしない方法とは

遅刻の理由・言い訳やメールの文章などの対処法について

最後に遅刻をなるべくしない方法についてですが、こちらはもう自分自身で注意を払い遅刻しない生活に変えていくしか方法はありません。

もし自分自身で遅刻ばかりする人だと言う事がわかっているのであれば何が悪いか考えて改善していくのが良いと思います。遅刻ばかりしているのに改善しようと言う気がない人であればこの先遅刻しないで何事も約束の時間に到着すると言うのは難しいと考えられるでしょう。

遅刻についてのまとめ

今回は遅刻という事に関して様々なことを述べさせていただきましたがいかがだったでしょうか。

まずは遅刻してしまうと言う事がないように自分自身で努力するのが最善策ではありますがどうしても遅刻してしまった際にはまず謝罪をしましょう。

そして遅刻しないために自分でできる対策を考えて他の人に迷惑をかけないという事を考えながら生活していきましょう。