サウナ後の水風呂は何分?効果や入り方、苦手な方のととのい方をご紹介!

最近サウナが世間的にブームとなっているのはご存知ですか?今まではサウナといえばおじさんが汗をかきながら楽しむ空間というイメージを持っていた人も多いのではないでしょうか。

ただ令和に入った頃から少しずつ世間的にブームとなり始め、若い女性の方でも好んでサウナに訪れるという人が増えてきています。

今回はそんなサウナ後の水風呂についてどのくらいの時間入れば良いのか、どんな効果が得られるのか、水風呂が苦手な場合はどうしたら良いのかなどサウナ後の水風呂について詳しくご紹介させていただければと思いますので興味のある方は是非ご覧下さい。

ではサウナ後の水風呂について細かくみていきましょう。

水風呂とは?

まず初めに水風呂とは一体何?というところからご紹介させていただきます。水風呂は基本的にサウナが併設されている大浴場であれば設置されており、名前の通り水を張ったお風呂になります。

通常のお風呂であれば大体40度くらいのお湯になりますが、水風呂の場合基本的に15度〜20度くらいの温度の水となっています。

お湯のお風呂に入るつもりが間違えて水風呂に入ってしまうと足を入れた瞬間にびっくりするほどの冷たさが全身に走りますね。

そんな水風呂ですがサウナ後に入ると温まった体を一気に冷やしてくれるのでサウナファンからはとても重宝されるお風呂になります。

また、サウナ後の水風呂で最も心地よいと言われる温度は17度だそうですが日本には3度という脅威的な水風呂もあるようなのでもし気になる方は実際に私が行ったサウナの聖地ウェルビー栄の記事もご覧ください。

ウェルビー栄でアイスサウナを満喫!プレミアムルーム宿泊ブログ
日本国内でサウナの聖地と呼ばれる場所が何施設かあるのはご存じでしょうか?そんなサウナの聖地の一つでもある愛知県名古屋市の「ウェルビー栄」に1泊2日でプレミアムルームを利用して宿泊してみましたのでブログ形式で詳細内容をお届けできればと思います...

サウナ後の水風呂の効果とは?

では次に水風呂の効果についてご紹介させていただきます。単純に水風呂の効果と言っても人それぞれ感じ方はありますが水風呂に入ると「ととのう」ことができると言われています。

この「ととのう」とは何かというとサウナで温まった体を水風呂で一気に冷やしてからの外気浴をすることで体がなんとも言えないリラックス状態になるのです。

なので水風呂の効果としては「サウナで温まった体を冷やす」というのが最大の目的となります。

サウナ後の水風呂は何分入れば良い?

サウナ後の水風呂は何分?効果や入り方、苦手な方のととのい方をご紹介!

では次にそんな水風呂ですが大体何分くらい入れば良いの?と言う点をご紹介していきます。

水風呂に入る長さは人それぞれになりますが、一般的には「サウナ12分→水風呂1分→外気浴」と言ったように水風呂に入る時間は1分くらいの人が多いようですね。

ただ好みにはなるので水風呂に10分浸かっても全然問題ありません。(あまりにも低い温度でなければ…。)

私自身も水風呂が好きでサウナで温まった後は10分ほど水風呂に浸かる事もよくありました。水風呂に10分浸かると徐々に体が震えてくるほど冷えてきますがその状態でサウナに飛び込むというのもまた気持ち良いのでおススメです。

水風呂が苦手で入らないのはOK?

では次にサウナを出た後水風呂に入らなくても良いのかという点についてご紹介させていただきます。こちらは個人の好みになるので水風呂に入らなくても全く問題ありません。

確かに女性の方に多いのがサウナは好きだけど水風呂は冷たすぎて少し入るのが苦手と言う方。そう言った場合でも無理して水風呂に入る必要はありません。

水風呂無しでととのう方法とは?

では水風呂無しでどうやってととのえば良いかと言うと初めから外気浴を行い、少しずつ体を冷やしていきます。確かに水風呂に浸かってから外気浴をすることでよりととのうことができるとは思いますがサウナで温まった体を外の空気に晒すだけでも十分心地よくなれるのでもし水風呂が苦手で入れないと言う方は試してみてください。

サウナ後の水風呂の入り方について

サウナ後の水風呂は何分?効果や入り方、苦手な方のととのい方をご紹介!

では次にサウナを出た後の水風呂の入り方についてご紹介して行きます。結論から言うとサウナを出た後にいきなり水風呂に飛び込むのはNGです。

確かに温まった体を一気に冷やすためすぐにでも飛び込みたくなる気持ちは分かりますがサウナでかいた汗をしっかりと流してから入るのがマナーになります。

基本的には桶などが水風呂の入り口あたりに置いてあるのでそれを浸かって頭から何度か水をかぶって汗を流します。

ただいきなり水を頭から被るのが苦手と言う人も多いと思うのでそのような場合は近くのお湯のが張ってるお風呂から汲んできて被るのもOKです。

近くにお湯のお風呂がない場合は少し面倒ですがシャワーで浴びると良いでしょう。

しっかりと汗を流したらゆっくりと肩まで浸かるように水風呂へ入って行きます。この時激しく入ってしまうと周りの人に迷惑がかかってしまったりするので注意しましょう。

心地いいくらいまで体を冷やすことが出来たらサッと出るのが一般的な水風呂の入り方といえます。

サウナ後の水風呂についてまとめ

今回はサウナ後に入る水風呂についてご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか。やはりサウナに入った後は水風呂もセットで!と考えている人は多いので覚えておくと便利ですよ。

また、時間に関してはそれぞれ好みがあるので長くても短くても自分に合った時間を選ぶといいでしょう。

サウナも水風呂も両方満喫してリフレッシュできるよう心がけてみてください!