6時20分に起こして!そんな時に使いたい機能

皆さんは毎日仕事や学校で決まった曜日は決まった時間に起きる。そんな生活をしている方が多いと思います。

また、突発的にその日だけ6時20分に起きなければならない。と言うような場合もあるでしょう。

今回はマストで6時20分に起こしてほしいと言う人に向けた内容を個人的な見解を踏まえてご紹介させていただければと思います。

また、6時20分に起きる際に使いたい機能なども簡単にご紹介できればと思いますので是非気になる方は参考にしてみてください。

では6時20分に起こしてほしい場合について詳しくみていきましょう。

決まった曜日は6時20分に起こしてほしい場合

ではまず初めに6時20分と言う時間に関して決まった曜日はいつもその時間におきたいと言う場合においてです。

6時20分に起こしてほしいと言う場合は比較的他の人よりも早めに起床する印象が見受けられます。

例えば平日毎日6時20分に起きなければならないと言う人は仮に仕事の始業時間が少し早めの8時半だとして起きてから到着しなければならない時間まで2時間10分あります。

この場合家で準備するのに最低でも30分程度、10分前には職場に着いていたい、と言う場合であればドアtoドアでおよそ1時間半ほどかかる場所に住んでいる場合となるでしょう。

その結果毎日6時20分に起こされないと間に合わないと言うわけですね。

突発的に6時20分に起こしてほしい場合

では次に毎日決まった時間にと言うわけではないけど明日だけ特別に6時20分に起こしてほしいと言う場合です。

友達と遊びに行くからテーマパークの開店時間前には着いていたいなどあるでしょう。そんな場合は普段遅く起きていても突発的に6時20分に起きなければならない事もあります。

そんな時は前日寝る前にちゃんと起きれるか不安になってしまうのも無理ありませんがあまりにも夜更かしをしたりしなければ問題なく6時20分に起きることは可能です。

6時20分に起こしてほしい場合に使いたい機能

では最後に私自身が6時20分に起こしてほしい時に使う機能をご紹介させていただきます。完全個人的な見解で知っている方も多いと思いますがお許しください。

まず私はiPhoneを使っている為6時20分に起こしてほしい場合でも他の時間に起こしてほしい場合でも通常のアラーム機能を使います。

ただ6時20分のアラーム1つでは心配なので一応2つほどセットして眠りにつきます。その2つ目のアラームですがiPhoneの通常のアラームではなく眠りの時間まで計測してくれる方のアラームを利用します。

6時20分に起こしてほしい

こちらのアラームは5分単位でしか設定ができないので6時20分にセットする事は可能です。

しかしアラームを2つセットすると言う事は6時20分のアラーム1つだけではなく6時15分や6じ25分と言った時間帯にもセットする必要があるのです。

私の場合は通常のアラームを6時20分、2つ目のアラームを6時25分に設定しており、基本的にはいつも6時20分に起きれるので2つ目は起きている時になることになります。

ただ朝の準備をしている時間に2つ目のアラームが鳴るのは結構めんどくさいことが多いんですよね。

例えばトイレに入っている時に鳴ってしまったり、手が濡れている時に鳴ってしまったりなど。

ただそんな心配もご無用なのがこの2つ目のアラームの機能です。例えば1つ目のアラームの6時20分で目覚めた場合に自然とポップアップが出るようになっており「お目覚めのようですので6時25分のアラームを消しますか?」と教えてくれるのです。

これは通常のアラームには無い機能なので2つ以上アラームを設定する人にとってはとても嬉しい機能なのです。

6時20分に起こしてほしい場合のまとめ

今回は6時20分に起こしてほしい場合のパターンやiPhoneの機能などについてご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか。

私自身の経験も含めアラームの機能は無駄なものを省いてくれたりと進化を続けているので毎朝6時20分に起こしてほしい場合もかなり役立ちますね。