通信制高校へ行くと人生終わりはウソ?進学・就職・将来についてご紹介

皆さんは進学先として通信制高校という選択肢を設けたことはありますか?また、今現在通信制高校へ通っている方も多くいらっしゃると思います。今回はそんな通信制高校へ通うという事に対して「通信制高校に行ったら人生終わり?」「通信制高校だし未来がないや…」などネガティブに考えてしまう方へ向けた内容をご紹介させていただければと思います。

この先の将来や進学先についても述べさせていただければと思いますので是非参考にしてみてください。

通信制高校へ行くと人生終わり?

通信制高校へ行くと人生終わりはウソ?進学・就職・将来についてご紹介

ではまず初めに通信制高校へ行くと人生終わり、なんて考えている方が多いと思いますので結論から申し上げます。正直現在は以前ほど学歴に関係ない社会へなりつつあるので通信制高校だからもう人生終了のようなことは全くありません。

ではなぜ通信制高校だと人生終わりのような事を言われているのかというといざ就職するとなった時にやはり学歴や経歴を見られることが多く、企業の面接官としては「通信制高校が最終学歴だしこの人は見送りかな…」と書類選考の時点で落とされてしまう場合が多いような風潮がまだ残っているため正社員になれずこの先の人生がしんどくなるという事から終わりなどと言われているようです。

通信制高校からでも進学は可能

では次に通信制高校から大学へ進学することはできるのかという点になりますがもちろん可能です。先ほど通信制高校だと就職が厳しく人生終了などというお話をさ褪せていただきましたが、ただそれも正直「通信制高校卒業→就職」の場合に限った話で、例えば通信制高校からでも自分の努力次第で大学へ行くこともできます。

そうなった場合たとえ高校は通信高校卒業だったとしてもしっかりと大学を出れば最終学歴が大学となるので通信制高校だったという事は就職に全く響きません。というのも先ほど述べた最終学歴の部分ですが、履歴書を各時点で大学卒業から記載すればOKなので通信制高校という事を記載する必要がなくなるのです。

ただやはり家庭の事情や金銭面的に大学へ行くのが厳しいという場合の人も居るでしょう。高校生の場合大学の学費についてあまり深く考える人は正直居ないかと思いますが親目線で考えると人生において最もお金がかかる期間というのが大学の4年間となります。

ただもし仮にお金がないから大学進学が厳しく通信制高校が最終学歴にならざる負えないという家庭の場合は少し無理してでも就職という観点を考えるのであれば奨学金を借りて自分のバイト代を犠牲にしてでも進学はしておくべきではないかと思います。
※こちらは一般企業に就職する場合に限った話であり個人事業主やフリーランスについては後程解説させていただきます。

個人差にもより平均データではありますが最終学歴が通信制高校と大卒では相当大きく変わってくるので仮に中学時代の同級生などがみんな大学に進学し就職先も一般的な会社に勤めて豊かな人生を送っていると「最終学歴通信制高校の自分はお金も友達も恋人も居なくて人生終わったわ…」なんて考えになってしまうのです。

通信制高校の就職先

通信制高校へ行くと人生終わりはウソ?進学・就職・将来についてご紹介

では次に通信制高校が最終学歴の場合の就職先についてご紹介させていただきます。先ほども少し触れさせていただきましたが通信制高校が最終学歴だとその本人がどんなに優秀な人だったとしてもやはり学歴で見られてしまう場合が多く面接で落とされるどころか面接にすら進めない場合が多いです。

その為一般的な会社に正社員として就職するのは少し厳しいかもしれません。もし仮にどうしても最終学歴が通信制高校で正社員になりたいのであればまず最初はアルバイトからはじめ、成果を出すことが出来ればその企業の正社員へという流れに持っていくことは可能です。

なので最終学歴が通信制高校となるので仮に高校1年の15歳のうちからスーパーなどでアルバイトを行い、同年代が大学卒業となる22歳の時には正社員として働いているというような流れだったらいけるかもしれませんので人生終わったと判断するのはまだ早いかもしれませんね。

また、仮に最終学歴が通信制高校だったとしても就職をしないで生計を立てているという方は多く居るかと思います。それはフリーランスで働いたり、Webを使って広告収入を得て生活したり、株や投資で生きていたりと様々なパターンがあります。

こういった内容であれば特に学歴は関係なく全て自分次第と言う形にはなるので正直大卒だから成功するとも限りませんし、中卒だったとしても成果を上げている人はたくさんいる業界です。

ユーチューバーなんかは大学に進学していなくても10代のうちから本格的に取り組み、若くて大金を手にする方もかなりいる業界なのでそういった所にうまくはまれば最終学歴が通信制高校だったとしても周りの大卒の人よりも豊かな生活を送ることが可能となります。

ただやはりそのような業界で成功している人はほんの一握りで、簡単に考えて挑戦し始めた多くの人が挫折しているので安定を求めるのであれば就職し、片隅でそういった別の収益を得る活動を行うというのが良いかと思われます。

通信制高校は人生終わり?まとめ

今回は通信制高校だと人生終わり?といった意見に対して様々な内容をご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか。正直通信制高校に行ったからと言って人生終わりかどうかは本人次第なのではないかと思われます。

通信制高校に行った上この先何も努力しなかったりすれば一生フリーターとなる事はやはり考えられますし、頑張って勉強すれば大学に進学、そして進学などの道も全然考えられるので通信制高校だからと言って人生終わったという考えはあまり考えない方が良いでしょう。