検便が出ない時に使える最終手段はある?方法や手順をご紹介 

みなさん職場の健康診断は毎年しっかり受けておられますでしょうか?自分の体事情を知るいいきっかけにもなりますよね。

そんな中前日から準備しておかなければならない項目として「検便」が挙げられます。そしてこの検便が意外と難しいんですよね、、。

というのも普段何気なく日常生活でおこなっている排便ですが、いざ検便しようと思うと「あれっ?なかなか便が出ない、、」と焦ってしまう方も多いのです。

そこで今回は検便で便が出ない場合の最終手段や出やすくなる方法などをご紹介させていただければと思いますので是非参考にしてみてください。

検便とは?

まず初めに検便についてご紹介させていただきます。検便は健康診断の項目の一つとして前日から準備する必要がある項目です。

基本的には2回(前日と当日)の弁を採取して検査してもらうというものになりますが意外と便が出なくて採取が難しいものです。

この検便で採取した便の中に血が混じっているかどうかで腸の状況を知ることができるので良いきっかけにもなるでしょう。

詳しい内容はこちらをご覧ください。

検便が出ない場合の最終手段に入る前に

検便が出ない時に使える最終手段はある?方法や手順をご紹介 

では次に検便を実際に行う場合に関してです。おそらくこちらの記事をご覧頂いている皆さんはもう検便の提出まで時間が限られてしまっていたりする場合で「やばい!検便用の便が採取できない、、、。何か最終手段は無いかな。」とお探しの方だと思いますので少し意図とはずれてしまうかと思いますが、前日からしっかりと弁を出す体制を整えておけば意外とすんなりと便が出てくるので最終手段を考える必要はないかもしれません。

なのでもし時間があるという方はうどんやバナナなど消化のいいものを食べておくと翌日便として出やすくなるのではないかと思われます。

検便が出ない場合の最終手段

検便が出ない時に使える最終手段はある?方法や手順をご紹介 

では本題の検便が出ない場合の最終手段になりますが、考えられる項目がいくつかございますので小分けにしてご紹介させていただければと思います。

まずは検便が出ない時に使える食べ物(飲み物)についてですが「コントラックス」という水を飲むと便秘改善や快便に効果があると言われているためかなり現在の状況には使えるアイテムなのではないかと思います。

スーパーの飲料水が売ってるコーナーに置いてあることが多いので是非試してみてはいかがでしょうか。

また、少し無理やりな方法になりますが激辛ラーメンを食べるという方法もあります。こちらは辛さに弱い人が食べるとお腹を壊して弁となって出てくる方が多いのでどうしても便が出ない時に試してみてはいかがでしょうか。

最後に本当の最終手段としては検便を検査項目から外すという事も出来ます。尿検査であれば当日忘れてしまってもなんとかその場で採取可能ですが便に関してはなかなか難しい事もあるので健康診断の必須項目ではないはずです。

なので本当にどうしても便が出ないという時の最終手段として考えると良いでしょう。ただ検便は体の状態を知るきっかけにもなるので極力可能であれば行っておくと良いでしょう。

検便が出ない場合の最終手段まとめ

今回は検便が出ない場合の最終手段などをご紹介させて頂きましたがいかがでしたでしょうか。私自身も毎年健康診断を行う中で検便の項目があるのでなかなか便が出ない時に様々な方法を試しております。

個人的におすすめなのはコントラックスを飲むという方法で通常の水にもかかわらず便が出やすくなるというのは助かるアイテムですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。是非参考にしていただけたら幸いです。