プリッツは太る?カロリーや糖質・ダイエット中の注意点についてご紹介

プリッツは太る?カロリーや糖質・ダイエット中の

プリッツは、日本人なら誰もが一度は食べたことのあるスナック菓子で子供から大人まで幅広く人気のお菓子です。しかし、美味しいからといって食べ過ぎてしまうと体重増加の原因になることもあります。

そこで今回はプリッツのカロリーや栄養成分、ダイエット中の注意点について解説しますので、最後までお読みいただき、健康的な食生活を送るための参考にしてください。

プリッツとはどんな食べ物?

プリッツは太る?カロリーや糖質・ダイエット中の

ではまず初めにプリッツってどんな食べ物なの?というところから紹介していきます。プリッツは、江崎グリコが販売するスナック菓子で、細長い形状が特徴です。

1963年と今から60年以上前に発売され、その後、多くのフレーバーが登場し、幅広い世代に親しまれています。主なフレーバーには、サラダ、トマト、ロースト、バターなどがあり、それぞれの味わいが楽しめるようになっています。

実際に食べてみると、プリッツのカリカリとした食感が口の中で心地よく、食べ始めると止まらなくなることが多いです。特にトマト味は塩味が効いており、ビールなどの飲み物とも相性が良いため、おつまみとしても人気があります。

プリッツのカロリーは高い?

プリッツは太る?カロリーや糖質・ダイエット中の

では続いてプリッツのカロリーについて紹介していきます。プリッツのカロリーはについて見ていきましょう。プリッツ1袋(26.5g)あたりのカロリーは約132kcalです。以下に、他のスナック菓子とのカロリー比較を示します。

商品名カロリー
プリッツ(サラダ)26.5g約132kcal
ポッキー50g約250kcal
ポテトチップス50g約280kcal
柿の種50g約220kcal

この表から分かるように、プリッツは他のスナック菓子と比較するとカロリーがやや低めですが、それでも食べ過ぎるとカロリー摂取量が増加します。

プリッツを毎日1か月間食べ続けるとどうなる?

もしもプリッツを毎日1袋(26.5g)食べ続けた場合、1か月間(30日)で合計3,960kcalを摂取することになります。体重は約7,200kcalで1kg増加するため、単純計算で約0.6kgの体重増加が予想されます。

毎日プリッツを食べ続けると以下のような影響が考えられます。

  • 体重増加:前述のように、1か月で約0.6kgの体重増加が見込まれます。
  • 栄養バランスの偏り:プリッツばかり食べることで、ビタミンやミネラル、食物繊維などの不足が生じる可能性があります。
  • 健康リスクの増加:高塩分の食事を続けることで、高血圧のリスクが高まります。

私も試しに1週間プリッツを食べ続けてみましたが、途中から塩分の多さにより喉が渇きやすくなり、食べ飽きてしまいました。体重も0.2kgほど増えました。バランスの取れた食事を心がけることが重要だと実感しました。

プリッツはダイエット中に食べてもOK?

ダイエット中にプリッツを食べることは可能ですが、適量を守ることが重要です。以下に、プリッツと他のスナック菓子の栄養成分(100gあたり)を比較して示します。

商品名脂質糖質カロリー
プリッツ(サラダ)100g7g70g400kcal
ポッキー100g14g75g500kcal
ポテトチップス100g35g50g560kcal
柿の種100g10g60g440kcal

プリッツは他のスナック菓子と比較して脂質が低めであるため、ダイエット中でも適量を守れば摂取可能です。ただし、糖質が高めであるため、1日に食べる量には注意が必要です。ダイエット中は、1袋を半分に分けて食べるなどの工夫をすると良いでしょう。

私もダイエット中にプリッツを食べることがありますが、その際は1袋を2日間に分けて食べるようにしています。また、他の食事で野菜やタンパク質を多めに摂るように心がけています。

プリッツのカロリーを消費する運動量について

プリッツ1袋(50g、約200kcal)のカロリーを消費するためには、どれだけの運動が必要なのでしょうか?以下に、200kcalを消費するための運動量を示します。

運動の種類時間消費カロリー
ランニング(8km/h)約20分約200kcal
ウォーキング(5km/h)約40分約200kcal
サイクリング(15km/h)約30分約200kcal
縄跳び約15分約200kcal

これらの運動を行うことで、プリッツ1袋分のカロリーを消費することができます。運動量や消費カロリーは個人差がありますので、自分に合った運動を選び、バランスの取れた生活を心がけることが大切です。

プリッツの脂質や糖質について

プリッツは、100gあたり脂質が7g、糖質が70gです。以下に、他のスナック菓子との脂質と糖質の比較を示します。

商品名脂質糖質
プリッツ(サラダ)100g7g70g
ポッキー100g14g75g
ポテトチップス100g35g50g
柿の種100g10g60g

プリッツは他のスナック菓子と比較して脂質が低めですが、糖質が高めです。糖質を多く含む食品は、美味しい反面、過剰摂取すると体重増加や健康リスクが高まるため、適量を守ることが重要です。

プリッツについてのまとめ

プリッツは、美味しくて食べやすいスナック菓子ですが、カロリーや糖質が高いため、食べ過ぎには注意が必要です。ダイエット中でも適量を守り、他の食事とのバランスを考えながら摂取すれば楽しむことができます。

毎日1か月間食べ続けると体重増加や健康リスクが高まるため、適度な運動を取り入れながらバランスの取れた食生活を心がけることが大切です。プリッツのカロリーを消費するためには、ランニングやウォーキング、サイクリングなどの有酸素運動が効果的です。

プリッツを楽しむ際には、健康を意識しながら美味しく食べることができるよう、適量を守り、バランスの取れた食事と適度な運動を取り入れることをおすすめします。

あなたにおすすめな記事
お菓子・スイーツ
しゅんたろうをフォローする
その他気になるキーワードを検索
カロリナビ