うまい棒は太る?カロリーや糖質・ダイエット中の注意点についてご紹介

うまい棒

10円で買えるお菓子としてうまい棒は、子供から大人まで幅広い層に人気のスナック菓子です。ついつい手が伸びてしまうこのお菓子ですが、意外とカロリーが多いのでは?と気になる方も多いでしょう。

そこで今回はうまい棒の基本情報からカロリー、ダイエット中の注意点、脂質や糖質の詳細までを詳しく解説していきます。

うまい棒に関する疑問が解消され、健康的に楽しむための参考になるでしょう。

うまい棒とは?

うまい棒

ではまず初めにうまい棒ってどんなお菓子?と言うところから紹介して紹介していきます。

うまい棒は、日本の菓子メーカー「やおきん」が製造するスナック菓子で、1979年に発売されて以来50年近くその手頃な価格と豊富なフレーバーで人気を集めています。

細長い筒状の形をしており、様々な味が楽しめるのが特徴です。代表的なフレーバーには、チーズ、たこ焼き、コーンポタージュ、サラミなどがあります。

私は、特にチーズ味の濃厚な風味が好きで、お酒のおつまみとして一緒に楽しむことが多いです。

うまい棒の魅力は、その多様な味わいと手軽さにあり、価格も1本10円と非常に安価で、子供から大人まで幅広い層に親しまれていました。

ただし、物価高騰により2022年4月以降は12円に値上げされ、発売当初より43年間10円で販売されていましたが初めて値上げに踏み切ったそうです。

うまい棒のカロリーは高い?

うまい棒

続いてうまい棒のカロリーってどのくらいあるの?と言った内容を紹介していきます。うまい棒のカロリーはフレーバーによって少し異なりますので代表的なうまい棒のカロリーを比較してみました。

フレーバー1本あたりのカロリー
チーズ50 kcal
たこ焼き51 kcal
コーンポタージュ53 kcal
サラミ47 kcal

うまい棒のカロリーは1本あたり約35~53キロカロリーと比較的低めです。しかし、手軽に食べられるため、複数本食べてしまうとカロリー摂取が積み重なります。例えば、チーズ味を5本食べた場合、総カロリーは250キロカロリーになります。これは、軽い食事1回分に相当します。

私もうまい棒を購入して食べる時はついつい複数本購入して食べてしまいますが、カロリーを考えると食べ過ぎには注意が必要ですね。

うまい棒を毎日1か月間食べ続けるとどうなる?

うまい棒

では次にうまい棒を毎日1か月間食べ続けると、どのくらいのカロリーを摂取して体重に影響が出る可能性があるのか具体的に見てみましょう。

まず1日で1本あたり50キロカロリーのうまい棒を毎日5本食べた場合、1日の総カロリーは250キロカロリーです。これを1か月(30日)続けると、7,500キロカロリーを摂取することになります。

体重は約7,200キロカロリーで1キログラム増加するため、単純計算で約1キログラムの体重増加が見込まれます。

私も以前ほぼ毎日のようにうまい棒を食べていた時間がありましたが、食べる量を制限せずに続けた結果、他の食事内容を変えないままでは確かに体重が増加する傾向がありました。

そのため、どうしてもうまい棒を毎日食べたい場合には他の食事を低カロリーに抑えたり、1日1本までにするなどの工夫が必要です。

また、適度な運動を取り入れることで、摂取カロリーをバランスよく管理することが重要です。

うまい棒はダイエット中に食べてもOK?

うまい棒

では続いてうまい棒をダイエット中に食べても平気なの?と言った内容についてですが、もし食べる場合は適量を守り、バランスの取れた食事を心がけることが重要です。簡単にダイエット中にうまい棒を取り入れる際のポイントをまとめてみました。

  1. 適量を守る:うまい棒の摂取量を調整し、カロリーオーバーを防ぐことが重要です。例えば、1日あたり1本(約50キロカロリー)にすることでカロリーを抑えることができます。
  2. 他の低カロリーな食材と組み合わせる:うまい棒を食べる際には、低カロリーな野菜や果物と一緒に食べることで、満足感を得ながらもカロリーを抑えることができます。
  3. バランスの取れた食事:うまい棒を食べる際には、他の低カロリーで栄養価の高い食材と組み合わせることが重要です。例えば、サラダやスープ、グリルチキンなどと一緒に食べることで、バランスの取れた食事になります。

私自身ダイエット中にうまい棒を食べていた時間がありますが、1本あたりでは少ないカロリーのうまい棒でもスナック菓子である事に変わりはないので極力食べなくていいのであれば避けた方が良いでしょう。

うまい棒のカロリーを消費する運動量について

続いてうまい棒のカロリーを消費するためにはどの程度の運動が必要なの?と言った点についてです。うまい棒1本(50キロカロリー)を消費するために必要な運動量は下記の通りとなります。

運動の種類1時間あたりの消費カロリー(70kgの成人の場合)50キロカロリーを消費するのに必要な時間
ウォーキング(5km/h)280 kcal約11分
ジョギング(8km/h)600 kcal約5分
サイクリング(16-19km/h)480 kcal約6分
水泳(中程度)500 kcal約6分

このようにうまい棒1本のカロリーを消費するためにはそこまで負荷の高い運動をする必要はありませんが、複数本食べてしまうとすぐにカロリーオーバーとなってしまいます。

手軽にできる運動としてはウォーキングやジョギングなどの有酸素運動が効果的です。

私も日々運動を行うことは心がけており、カロリーを余分に摂取してしまったと感じた日はウォーキングやジョギングを取り入れて摂取カロリーを調整しています。

うまい棒の脂質や糖質について

最後にうまい棒の脂質や糖質についてです。美味しさを支えるためにある程度脂質や糖質が含まれており、うまい棒の代表的なフレーバーの栄養成分を示します。

フレーバーエネルギー(kcal)脂質(g)炭水化物(g)糖質(g)タンパク質(g)
チーズ502.85.54.50.5
たこ焼き512.56.05.00.6
コーンポタージュ533.06.05.00.5
サラミ472.25.04.00.6

このようにうまい棒には少なからず脂質や糖質が含まれている為、摂り過ぎると体重増加の原因となってしまいます。私もうまい棒を食べる際には、1日1~2本に制限して他の食事での脂質や糖質の摂取を調整するよう心がけています。

うまい棒についてのまとめ

今回はうまい棒についてカロリーや太りやすさについて紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

その手軽さと多彩なフレーバーで多くの人に愛されています。しかし、カロリーや脂質、糖質を考慮して適量を守ることが重要です。ダイエット中でも楽しめるよう、食事全体のバランスを考え、適度な運動を取り入れることで、うまい棒を健康的に楽しむことができます。

この記事を通じて、うまい棒のカロリーや栄養成分、適切な摂取方法について理解を深め、日常生活に取り入れてみてください。うまい棒を楽しみながら、健康的な食生活を維持するための参考になれば幸いです。

あなたにおすすめな記事
お菓子・スイーツ
しゅんたろうをフォローする
その他気になるキーワードを検索
カロリナビ