宮城峡蒸溜所見学ツアーで限定ニッカウイスキーを試飲してきました!

今回は宮城県にある「ニッカウヰスキー仙台工場宮城峡蒸溜所」のウイスキー工場見学ツアーに参加してきました!

以前東京都にあるビール工場の見学は行ったことあったのですが、ウイスキー工場の見学は初めてだったのでとても楽しみにしていました。

そしてニッカウヰスキー仙台工場宮城峡蒸溜所の見学ツアーはなんと無料で参加することができるとてもお得な見学ツアーなんです!

さらに見学終了後にはニッカウヰスキー仙台工場宮城峡蒸溜所で作成しているウイスキーの試飲も楽しめてしまうので是非気になった方は記事をご覧ください!

 

ニッカウヰスキー仙台工場宮城峡蒸溜所へ到着!

今回は友人の車でニッカウヰスキー仙台工場宮城峡蒸溜所へ向かいました!

あれ?見学ツアーの最後にし試飲があるのに車で大丈夫なの?」と思われた方もいらっしゃると思いますが友人はウイスキーが苦手なようで車を出してくれることになりました!

申し訳ない気持ちもありましたがとても感謝です!

ニッカウヰスキー仙台工場宮城峡蒸溜所 駐車場

そしてニッカウヰスキー仙台工場宮城峡蒸溜所へ到着すると駐車場の係員の方が誘導してくれるので車を駐車してまずは工場見学の受付へ向かいます。

館内に入るといきなりこんなものが、

宮城峡蒸溜所 入口

実際に宮城峡蒸溜所で使われていたウイスキーを作るための装置みたいです。

全くウイスキーの作り方に関して素人だったのでどの工程で使う物なのかはわかりませんでした。。笑

 

宮城峡蒸溜所 入口

そして宮城峡以外の種類のウイスキーなども飾られていました。全てこの工場で作っているのでしょうか?

 

奥へ進んでいくと見学ツアーの申し込みカウンターがありましたので人数と名前を受け付けの方にお伝えして見学開始時間まで待機です!

この際に気になるポイントとしていくつかまとめてみました!

Q、ウイスキーの見学ツアーは予約しなくても大丈夫なのでしょうか?

A、はい、宮城峡のウイスキー工場見学ツアーは予約せずにそのままお越しいただいて問題ございません!

ただし10名様以上は予約が必要となります。また、9名様以下の場合でもネットから予約することは可能なので心配な方はお好みの時間で予約しておくといいでしょう。

 

 

 

Q、見学ツアーまでの待ち時間はどのくらいですか?

A、実際に私が当日参加した際の待ち時間は受付をしてから1時間ほどでした!

時期的にはゴールデンウィークだったので比較的混んでいる時期ではありましたがこの程度です。また、最終見学開始時刻が15:30となっているので10分前までには必ずカウンターで手続きをするようにお願いいたします。

 

受付を済ませるとニッカウヰスキー仙台工場宮城峡蒸溜所で作成している数々のウイスキーや昔作られていたお酒などがたくさん並んでいました。

奥にはウイスキーの歴史についてなども公開されているようです。

ニッカウヰスキー仙台工場宮城峡蒸溜所

さらにはウイスキーの出来上がるまでの過程を紹介しているエリアや、ウイスキーの香りを楽しめるコーナーなどもあり待ち時間があっても退屈することなく過ごすことができました!

 

そしてまだ少し時間があったので外の風景も見てみることにしました。

ニッカウヰスキー仙台工場宮城峡蒸溜所 外

もう5月でしたが桜が少し咲いていました。関東では4月下旬にはもう散ってしまいますが宮城県だとまだ少し残っているのですね。

それにしても自然が豊かで山々に囲まれた心地いい場所でした。

宮城峡を作成した人はこの山々に囲まれた奇麗な水が手に入る場所だからこそここに蒸留所を作ったそうです。

 

宮城峡蒸溜所の見学ツアー

そして時間になったのでいよいよニッカウヰスキー仙台工場宮城峡蒸溜所の見学ツアーがスタートです!

まずは宮城峡蒸溜所の敷地内にある数々の建物を順番に紹介してくれます。

宮城峡蒸溜所見学ツアー

赤いレンガのオシャレな建物がたくさんありますが1つ1つ違う役割を果たしてくれているようです。

そして右手に見える建物の中を紹介していただきました!

宮城峡蒸溜所見学ツアー

先ほどの入り口にあった装置ですが、同じようなものがいくつも並んでいました。それに入り口の物よりも数倍大きい、、

何度も同じ工程を繰り返してだんだんウイスキーに近づいていくようですね。

宮城峡蒸溜所見学ツアー

 

そして様々なお部屋を見学をさせていただき、続いては貯蔵庫のようなところへ連れて行っていただきました。

宮城峡蒸溜所見学ツアー

こちらはできたウイスキーを寝かせて熟成させる部屋のようです。奥のスペースには樽に入ったウイスキーがいっぱい熟成させて置いてあります。

目の前にはウイスキーを寝かせた年数別で色の変化などを表しているようなものもありました。

宮城峡蒸溜所見学ツアー

原酒と熟成12年ではここまで色が変わってくるんですね!それにしても原酒だけ見るととてもウイスキーだとはわからないくらい薄い色だったので少しびっくりです。

 

奥には熟成年別のウイスキーの香りを嗅げるエリアもありました。

宮城峡蒸溜所見学ツアー

熟成年数が経てば経つほど香りが強くなる印象でウイスキーらしさというのが強くなっていました。このように寝かせることによって風味を引き立てることができるようですね。

 

貯蔵庫の見学も終えてまた外に出ると良い風景だったので撮影。

宮城峡蒸溜所見学ツアー

先ほどの樽のウイスキーもあり、写真撮影スポットなのでしょうか。

それにしても快晴で素晴らしい景色で気持ちが良かったです!

 

そしてウイスキー工場見学ツアーも終盤でお待ちかねの試飲タイムです!

宮城峡蒸溜所 試飲

今回のメインであるウイスキーの「宮城峡」以外にもこちらの工場で作成している「アップルワイン」と「RARE OLD Super」もいただきました♪

試飲コーナーにはお酒をロックで割る為の氷や、車を運転される方も飲めるソフトドリンクなども提供されていました。

アップルワインは香りも強く、普段飲んでいる白ブドウのワインよりも味が強めで個人的にはロックで飲むのがおすすめかなと思います。

 

RARE OLD Superは普段飲んでいるウイスキーに比べとても上品な香りに強めの味わいでした。宮城峡と余市のブレンドとのことでリッチな味わいを楽しむことができます。

 

そして今回のメインでもある宮城峡です。普通のウイスキーと比べると甘みが強く、フルーツっぽさを感じることができました。

 

3つの中で個人的にはやっぱり宮城峡が好みで様々なものと割って飲むのもありかなと思います♪

 

宮城峡蒸溜所見学ツアーの感想

今回は初めてニッカウヰスキー仙台工場宮城峡蒸溜所の見学ツアーに参加させていただきました!

 

実際にウイスキーはコンビニなどでも売られているのでよく見かけますし飲むこともあるのですが、作られるまでの工程などはなかなか見ることができなかったので貴重な経験をさせてもらいました。

 

また、作成する場所にもこだわっているからこそ「宮城峡」というブランドのウイスキーが出来上がっているなども理解を深めることができたのでとても勉強にもなりました。

 

余談ではありますが「ウイスキー」ではなくて「ウヰスキー」と書くんですね、初めて知りました、、、!

 

宮城峡蒸溜所の詳細情報

NIKKA WHISKY
ニッカウヰスキー株式会社のウェブサイトです。ウイスキーの商品情報、余市・宮城峡蒸溜所情報、創業者竹鶴政孝の歴史などをご紹介いたします。

ニッカウヰスキー仙台工場宮城峡蒸溜所
所在地: 〒989-3433 宮城県仙台市青葉区ニッカ1番地
営業時間:9時00分~16時30分
電話: 022-395-2865

 

その他宮城県での思い出

ニッカウヰスキー仙台工場宮城峡蒸溜所での見学ツアーを終えて宮城県の中心地でもある仙台駅へ向かいました。

やはり仙台といえば牛タン!ということで早速夕食で牛タンをいただくことにします。

仙台駅 牛タン

今回訪れたのは「仙台名物 炭焼き牛タン 東山」さんです。

メニューも豊富で仙台名物の牛タン定食がたくさん並んでいましたがせっかく仙台に来たので・・という事で「特選牛タン焼き」をいただくことにしました!

 

注文してからおよそ15分くらいで運び込まれてきました。

仙台駅 牛タン

分厚い牛タンに麦飯の相性がとてもあって絶品でした!

東京ではなかなかいただくことができないので今回おいしい牛タンを食べることができてとても良かったです。