沖縄に1泊2日はもったいない?実際に行ってきました!

皆さん沖縄旅行といえば大体どのくらいの日程を想像しますか?

通常であればコンパクトな旅行で2泊3日、余裕を持つのであれば3泊4日以上などの日程で組むのがおおよその目安となるかと思います。

そこで沖縄旅行を1泊2日で行ったらやっぱりもったいない?という疑問に対して実際に私自身1泊2日で沖縄へ行ってきました!

理想であればもう少しゆっくりしたいところでしたがどうしても土日の2日間しか時間が取れなかったためこの様な日程となりました。

もしこれから1泊2日での沖縄旅行をお考えの方がいらっしゃいましたら少しでも参考にしていただき、もったいない旅行ではない楽しい旅にしていただけたらと思います!

1泊2日の沖縄旅行をもったいない旅にしないコツ

1泊2日の沖縄旅行をもったいない旅にしないコツ

まずはじめに例え1泊2日の沖縄旅行でも時間を上手に使ってもったいない旅行にしないポイントをご紹介させていただければと思います。

と落とし穴が潜んでいるかのせいもありますのでこれから行こうと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

飛行機

まず初めに飛行機を乗るところからご紹介させていただければと思います。

ここでのポイントは1泊2日と時間が限られているのでなるべく沖縄の滞在時間を多くするという事です。

なので1日目は朝早い便、帰りは夜遅い便というのがもったいない沖縄旅行を避ける1つのポイントとなります。

今回私が予約した飛行機は行きが8:20成田空港発、帰りが19:10那覇空港発の便で結構滞在時間としては長いプランになります。

このくらいの日程であれば沖縄の観光名所と呼ばれるエリアは十分に満喫できるでしょう。

 

手荷物1つで旅立つ

沖縄へ行くということであれば飛行機に乗るのが絶対条件となります。

その際に機内に持ち込める手荷物だけであれば全く問題ないのですが、別途預ける荷物を用意してしまうと受け取るときにかなり時間がかかってしまいもったいないのです。

なので大きなスーツケースなどは持たずに手荷物だけで沖縄へ行くのが1泊2日でももったいない旅にならない最適な条件となります。

というのも飛行機が到着後ベルトコンベアーの様な預け荷物が出てくるエリアがありますよね。
そこで自分の荷物がなかなか出てこないとかなりの時間がかかってしまいます。

手荷物だけであれば飛行機から降りてそのまま移動できるので可能な限り手荷物1つで旅行へ行くといいでしょう。

1泊2日なのでそこまで大荷物にはならないかと思いますのであまり心配しなくても良いでしょう。

ただお土産の買い過ぎには注意ですね。

 

レンタカー

続いては移動に関してはレンタカーを利用することをおすすめします。

逆にレンタカーだと手続きや返却する際に時間が取られそう、と思っている方も多いかと思いますが、那覇空港周辺には大量のレンタカー屋さんが存在しており、空港からシャトルバスも定期的に運行されております。

また、シャトルバスに乗り込む際に配車手続きをお店の方に連絡してくれるので実際にお店についてから車を渡されるまで早ければ10分ほどしかかからないのです。

これなら移動時間などを自分でコントロールしやすいのでもったいない旅行を避けるポイントとなるでしょう。

そして返却の際にも車でお店まで向かってから手続きが終わるまでも早ければ10分程度で終わって那覇空港行きのシャトルバスに乗ることができるため時間ももったいなくないのです。

 

観光地を絞る

あらかじめ観光する目的地をしっかりと分刻みで決めておくとかなりスムーズに行動できるかと思います。

というのもやはり1泊2日という限られたスケジュールだと有名な観光地を全て回りたいと思っても厳しいのである程度無理のない範囲内で絞っておきます。

例えば美ら海水族館、国際通りには絶対に行きたい!ということであればこの2つを軸に近場で行けそうな観光地はあるか、行く途中で寄れそうな所はあるか、など軸となった観光地に付随する場所を選んでいきます

この軸となる観光地が多過ぎてしまっては少々難しいとおもおますがある程度プランを立てるのに必要なことだと思うのでこの方法でもったいない旅をできるだけ回避しましょう。

 

ホテルは夕食の近くの場所にする

こちらの理由としてはチェックインしてから徒歩圏内の場所で夕食を取ることをお勧めします。

通常であれば夕食付きのホテルなどでも良いのですがせっかくなら沖縄料理を振る舞ってくれる地元の居酒屋さんなどに入るのも良い旅行のポイントとなるからです。

また、レンタカーを借りているので夕食後に車の運転が必要という場合お酒を飲むことができません。

普段からお酒を飲まない人や我慢できるという人であれば良いのですがせっかくなら沖縄のシークワーサーサワーや泡盛と言った明産物をいただきたいものです。

 

お土産は最終日にまとめて買う

観光地へ行った際につい買っておきたくなってしまうお土産ですがこちらも可能であれば最終日にまとめて購入するのがおすすめです。

というのも各観光地ごとにお土産を選んでいては毎回時間をとってしまいもったいないからです。
基本的に沖縄のお土産と呼ばれる有名な物などは国際通りや那覇空港内にも販売されています。

ただし美ら海水族館のジンベイザメのキーホルダー、などというその観光地限定版のグッズなどであればそこでしか購入することが出来ないので時間がもったいないというのは忘れてじっくり見ても良いでしょう。