銚子の高級ホテル『別邸海と森』宿泊ブログ

今回は千葉県銚子市にある『別邸海と森』と言う県内でもトップクラスに並ぶ高級ホテルに宿泊してきましたので体験談形式で細かいところまでリポートさせていただきます!

もしこれから別邸海と森に宿泊を考えている方や既に予約してあると言う方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

別邸海と森とはどんなホテル?

まず初めに別邸海と森について簡単にご説明させていただければと思います。

銚子市の東側で関東最東端とも言われる犬吠に位置している別邸海と森。

こちらのホテルは全室露天部の客室となっており1日中プライベートな空間で入浴することが可能です。
また、ホテル棟と離れ部屋があり、離れの方は全室温泉が部屋についていると言うお部屋になります。

そして夕食には銚子名物のつりきんめを使用した料理を堪能することができるので海鮮好きな方はとても楽しめることでしょう。

今回はそんな別邸海と森の離れ部屋に宿泊してきましたので写真と共にご紹介していければと思います!

別邸海と森へ

3月某日の不安定な天気の中私は車で別邸海と森に向かいました。

自宅からはおよそ2時間ほど?で到着したのですがさすが高級ホテルだけあって停まっている車も高級車が多い印象でした。

別邸海と森へ

入り口にはしっかりと重圧感のある『別邸海と森』と書かれたものがございましたが撮る位置が悪くあまり上手く撮れませんでした泣

別邸海と森へ

チェックインカウンター

別邸海と森

そして中へ入るとすぐに広々と天井の高いエントランスに案内されます。

別邸海と森へ

ウェルカムドリンクでコーヒーや紅茶に加えビールもいただけるとのことでした。

本来ならアルコールを飲みたいところでしたが気分的にコーヒーだったのでアイスコーヒーをいただきます。

別邸海と森へ

チェックインまで少し時間があったので外に出て海を眺めているとなんだか心が癒されましたね。

ただ当日は天気が不安定でしたので少し波が荒れている印象でした。

別邸海と森へ

反対側を向くと別邸海と森ホテル棟の部屋が望めます。

別邸海と森の夕食

ロビーに戻り、色々見ていると女性のお客さんは浴衣を選ぶことができるようで多くの種類がロビーに並べられていました。

別邸海と森へ

なんだかんだ見て回っているとチェックインの15時になったので部屋に案内してもらいました。

 

別邸海と森 離れ部屋

続いてはお目当てのお部屋へ向かいます。

別邸海と森へ

ホテル棟からは若干離れているため、特別な通路を通って部屋に案内してもらいます。

今回宿泊させていただいたのは『海森 shinkai』というお部屋。

別邸海と森へ

早速入ってみると玄関には湯籠が置かれており、大浴場へ行く際にタオルなどを入れて持って行くのに便利です。

別邸海と森 離れ部屋

室内に入るとベッドが3つ用意されております。

別邸海と森 離れ部屋

2人で泊まる際もデフォルトで3つなので1つ余らせてしまう感じになりますね。

そして手前の和室にはテレビと小さめの机、そして椅子が置かれています。

別邸海と森 離れ部屋

奥の部屋には大きな机と座椅子があり、真ん中にはお茶菓子が備え付けられておりました。

別邸海と森 離れ部屋

銚子のお土産のおせんべいと饅頭でしょうかね。

別邸海と森 離れ部屋

全体を通して見るととても広々とした空間になります。

別邸海と森 離れ部屋

続いては細かい設備やアメニティをご紹介していきます。

まずは手前の和室にあるコーヒーメーカー。こちらはポーションタイプのものがずらっと並んでおり、滞在中何杯でも飲むことができます。

別邸海と森 離れ部屋

コーヒー好きにとっては嬉しいサービスですね。

そして冷蔵庫の中にはあらかじめ水、オレンジジュース、ビールが入っており、こちらも無料で全ていただくことができます。

別邸海と森 離れ部屋

通常一般的なホテルだと水だけ置いてある場合や何も入っていないことがほとんどですので嬉しいサービスです。

また、引き出しにはコップやインスタントコーヒー、お茶、ナッツなど細々したものもしっかりと備え付けられておりました。

別邸海と森 離れ部屋

別邸海と森 離れ部屋

続いては洗面所のご紹介です。

一般的なホテルだと通常洗面所は1つしか無いところがほとんどですが今回宿泊した部屋には2つついていました。

別邸海と森 離れ部屋

複数人で泊まる際も安心です。

また、アメニティやその他ドライヤーなどの器具のグレードもかなり高く良い石鹸やシャンプーなどにこだわりを持っている女性の方にはとても嬉しいですね。

L’OCCITANEのセットもアメニティでついてきます。

別邸海と森 離れ部屋

その他は一般的な洗面用具となりますでしょうか。

別邸海と森 離れ部屋

また、通常ヘアアイロンなどは備わっていないホテルが多いのですが、別邸海と森ではRefaのヘアアイロンとドライヤーが備え付けられていました。

別邸海と森 離れ部屋

細かい備品にもしっかりと良いものを置いてくれているのは好感的ですね。また、洗面所の奥には内風呂もあり、ヒノキの香りが漂う空間となっていました。

別邸海と森 離れ部屋

こちらから外の温泉にも移動できるのです。

トイレも一般的なものですが自動で開閉するタイプの優れモノでした。

別邸海と森

 

海と森 部屋の温泉

ご紹介させていただいたお部屋の奥には今回のメインと言っても過言では無いお部屋の温泉です!海をしっかりと眺めることができる配置でゆったりと浸かることができそうですね。

こちらのお部屋の温泉には、内湯のあるところもしくは客室側からも出入りが可能で外に出るとき用のスリッパやタオルなどもしっかり入り口部分に常備されていました。

海と森 部屋の温泉

内湯側にもたくさんのタオルが用意されています。

別邸海と森

そして温泉のあるデッキに出てみると広大な太平洋が広がっておりなんとも癒される空間でした。

海と森 部屋の温泉

温泉の横にはお湯で温まった体を外気浴できる椅子などもありますね。

そんなこちらの温泉ですが、私が宿泊した時にはデフォルトで44度にお湯が設定されているとのこと。

普段入っているお風呂よりも熱めですが左側についている銀のボタンを押し込むと冷たい水が流れてくるのでこちらで調整可能となっています。

海と森 部屋の温泉

実際にお湯につかりながら風景を眺めてみました。普段味わうことのできない非日常的な空間に感動できます。

滞在期間中は何度でも入ることができるのでずっとこの温泉に入っていたいくらいですね。

別邸海と森の夕食

続いては別邸海と森の夕食をご紹介させていただきます。

夕食会上は先ほどのロビーからすぐのところにある「ダイニング瑠璃」。

別邸海と森の夕食

今回は奮発して房総伊勢えび・銚子名物つりきんめ・和牛のついた<厳選素材の贅沢コース>を選ばせていただきました!

別邸海と森の夕食

献立にもびっしりと美味しそうな料理の名前が並んでおります。まず初めに座附酒の桜酒と前八寸が机の上に用意されておりました。

桜酒はなかなか自宅などでは飲まないお酒なのでなんだか新鮮でしたね♪

別邸海と森の夕食

そして前八寸はそれぞれ小鉢に並べられており個人的には蛸のやわらか煮がとても好みでした。

続いて運ばれてきたのが本日のメインでもある金目鯛や伊勢海老のお造りです。

別邸海と森の夕食

伊勢海老に関しては津上に運ばれてきた段階でほんのわずかにですがまだ生きており触覚が動いてるほどの鮮度でした!

別邸海と森の夕食

その他のお造りもとても鮮度が高く新鮮な味で普段あまり食べない鱵などもあり美味しくいただくことができました♪

また、お造りと同時に湯葉と桜麩のお吸い物も運ばれてきており身に染みる1杯を堪能させていただきました。

別邸海と森の夕食

続いて運ばれてきましたのは金目鯛の姿煮です。

別邸海と森の夕食

こちらも別邸海と森の名物でその日の朝に取れた金目鯛をその日の夕食に出してくれると言ったとても鮮度の高いつりきんめです。

味の方もしっかりと煮込まれておりとても柔らかくて絶品!

大きな骨もそのまま入っているので食べる際は少し注意が必要しながら美味しくいただきました。

ここで献立のおよそ半分くらいが運ばれてきましたがメニューなどがあるとどんな料理が次に運ばれてくるのかワクワクしますね♪

次に伊勢海老の具足煮が運ばれてきました。こちらは少し小ぶりな伊勢海老が煮物となっているものです。

別邸海と森の夕食

味はしっかりと煮込まれており伊勢海老本来の味を引き立たせている印象です。

ただ殻から取り出す際に少し手間がいるのでもう少し食べやすいように何か工夫されていたらさらに良かったなと感じます。

続いては和牛のしゃぶしゃぶです。お肉全面にしっかりとサシが入った美味しそうな和牛を出汁にくぐらせてポン酢でいただきます。

別邸海と森の夕食

とても脂が乗っているので口の中に入れた瞬間とろけるような味わいを感じることができました♪

そして続いては銀鱈の山椒焼きです。別邸海と森ではさすが海の近くにある旅館で海産物がたくさんいただけます!

別邸海と森の夕食

とても身が柔らかくつい箸が進んでしまう、そんなお魚ですね。

また、写真を撮り忘れてしまったのですが当初から置かれていた釜飯も完成したためこちらもいただきました。

銀鱈との相性がとてもあっており美味しかったです♪また、わかめの味噌汁と香の物も運ばれてきました。

別邸海と森の夕食

赤味噌を使った味噌汁はしっかりと出汁がきいており美味しい一品でした♪

また、最後にデザートと飲み物がはこばれて来ました。

別邸海と森の夕食

新鮮なフルーツとチョコケーキなど最後を締め括るのにぴったりなものでした。

全体的に海鮮系のお料理が中心だった夕食は鮮度抜群の食材ばかりで普段なかなかいただけないようなものがたくさんあったので良い機会になりました♪

別邸海と森を散策

夕食をいただいたあとはすっかりと日も落ちて暗くなっていたのでホテル内を簡単に散策してみました。

別邸海と森

まずは先程ロビーから外に出られるとお伝えしましたが夜の景色はホテル側にイルミネーションが配置されており全体が青く輝いていました♪

外に出てみるとホテル側が全体的に光っているのがわかりますね。

別邸海と森

海側は少し暗かったためほとんど何も見えませんでしたが犬吠埼の灯台から光が照っているのが見れました。

また、館内に戻り私の宿泊した部屋へ行く時には使用しないのですが、ホテル棟へ行く途中に小さな休憩スペース的な空間がありましたのでこちらも立ち寄ってみました。

別邸海と森

ウォーターサーバーなど簡易的なサービス品が備わっているようでした。

奥には製氷器などもあり部屋でお酒を飲む際に氷を利用したいなどと言った場合にはとても便利ですね♪

 

別邸海と森の朝食

続いては一晩明けて昨日と同じ場所で朝食をいただきます。朝食の時間は7:30〜を選択させていただきました。

別邸海と森朝食

朝食のメニューはやはり海産物がメインの献立がずらっと並んでおりました。

別邸海と森朝食

まずは前菜の小鉢が並んでいましたのでこちらからいただきます!中央のイカそうめんはしっかりとした歯応えでとても個人的に好みの味。

そして伊勢海老のサラダも一緒にいただきます。

別邸海と森朝食

朝から伊勢海老をいただけるなんて贅沢な1日の始まりです。

続いて鯵の干物です。個人的に魚の干物といえば旅館朝食の醍醐味と言うイメージなのでとても美味しくいただけました♪

別邸海と森朝食

そして続いてはこちらの伊勢海老の味噌汁。

別邸海と森朝食

朝からこんなに大きな伊勢海老を味噌汁でいただくことができるのですが、実はこちら昨日の夜にお造りとして出てきた伊勢海老を利用して出汁をとっています!

夜ご飯を下げる際に「明日の朝食で使用させていただきますね」とホテルの方が言っていたのでどの様に使われるのかなと思っていたらお味噌汁として改めて出てきました♪

しっかりと出しが効いてきてこちらも絶品です!

そしてまだまだあります。豆乳鍋です。

別邸海と森朝食
野菜の旨味がしっかりと出ており美味しくいただくことができました。

その他デザートの果物もいただき、朝からどれも美味しい食材をいただけて良い一日のスタートが切れそうです!

別邸海と森 チェックアウトまで

朝食を食べ終わったあとまだ少し時間があったので部屋の温泉などを満喫して最後まで別邸海と森を堪能させていただきました!

そして時間の10:00になったので部屋を出てチェックアウト手続きを行います。

少し値段は張るものの思う存分別邸海と森で楽しませてもらいました!

そしてホテルのロビーから外に出てみると昨日は曇って波も荒れていた様子ですが今日は快晴です♪

お土産コーナーも入り口部分に小さいながらありますので帰り際にお土産を買って帰るのも良いですね。

別邸海と森朝食

別邸海と森 まとめ

最後に今回宿泊させてもらった千葉県銚子市にある別邸海と森のまとめになります。

部屋に温泉がついており最高の景色を見ながら独占できるホテルはなかなかありません!

別邸海と森ではその夢みたいな空間が叶う何か特別な空間といっても過言ではないほど癒された時間を過ごすことができます。

また、その日に取れた選りすぐりの食材を夕食で食べられるなど食にもこだわりを持っているところも◎

部屋の中のアメニティなども今まで泊まったホテルと比べると最高ランクです。

ただやはりこれだけ設備やサービスが整っているとなると値段はどうしても張ってしまうものです。

ただこの値段だからこそできるおもてなしもあると思います。

何か特別な記念日などがある方はぜひ一度別邸海と森へ宿泊してみてください!