しっかり食べて痩せるダイエット方法とは?太らない食べ物や食事の注意点

しっかりと食事をとっておいしいものをたくさん食べる。これが人間本来の楽しみの1つと言えるでしょう。そんなおいしいものをたくさん食べてしまうと気になり始めるのが体型についてです。

今回はしっかりと食事を食べてもやせるダイエット方法や食材について私が経験してきた自己流の体験談も含め効果的だったものをいくつかご紹介させていただければと思います。

もし「これからダイエットを始めたいけどしっかりと食事はとりたい!」「たくさん食べながら痩せる方法ってあるのかな?」といった疑問をお持ちの方は是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

しっかり食べると太ってしまう原因について

まずはじめに「たくさん食べる=太ってしまう」という原因からご説明させていただきます。太ってしまう原因としては主に消費カロリーよりも摂取カロリーが上回ってしまい、1日ずつでは微々たるもののそんな生活が何日も続くと蓄積されたカロリーが体重となって数値に現れてくるのです。

また、その体重も500gや1㎏と言った体重の増加であればあまり体型に変化はありませんが、こちらも蓄積することによって5kg,10kgと目に見えてわかるくらいの数値になっていくのです。

体型に変化が現れるくらい体重が増加する流れとしては

①日々の摂取カロリーが消費カロリーを上回ってしまう

②消費されなかったカロリーが蓄積され体重が増えてくる

③増えた体重が多くなり体型への変化が現れる

というようなイメージでしょうか。

では太ってしまう要因として最初の「摂取カロリーが消費カロリーを上回ってしまう」というポイントを阻止できれば基本的には太らずにいられるというわけです。

 

たくさん食べても痩せられるというのは本当?

たくさん食べても痩せられるというのは本当?

続いては今回の課題でもあるしっかりと食事をとりつつ摂取カロリーよりも消費カロリーが上回ることは可能であるのかという事ですがこちらは食材をしっかりと厳選していれば十分可能だと言えるでしょう。

「たくさん食べると痩せられない」というのも「太りやすい食材をたくさん食べると痩せられない」というだけでありしっかりと太りにくい食材を積極的に摂取すればいいだけでです。

厳選した高たんぱく低脂質の食材であれば基本的にしっかり食べてもぶくぶく太っていってしまうという事はなく、体重の減少はそこまでないかもしれませんがどちらかというと筋肉質な体へ変化させることは可能です。

究極を言ってしまえばボディービルダーの方な方でも毎日しっかりと食事は摂取しているのに太らず体はバキバキですよね。基本的にしっかり食べても太らない食材を選んで摂取していることが多いです。

また、高たんぱく低脂質以外でもしっかり食べても痩せられる食べ物はいくつかあり、元々カロリーがほとんどない食材や大豆でできた食べ物などは比較的ダイエット食として挙げられることが多いです。

共通して言えることは脂肪になりやすい脂質がほとんど含まれていない為体重増加につながりにくいとのことが言えるでしょう。

 

しっかり食べても太りにくい食べ物

しっかり食べても太りにくい食べ物

では実際にしっかり食べても痩せられる食べ物をご紹介させていただきます。何となくイメージが付く方もいらっしゃると思いますが参考にしてみてはいかがでしょうか。

ささみ

ダイエット食の定番と言えばこの「鶏のささ身」になります。ささみは高たんぱく低脂質の王様ともいわれています。

「少しおなかが出てきてしまったからダイエットでも始めようかな…」くらいに感じている一般の人であればささみだけを1か月食べ続けたと仮定するとおそらく目に見えてわかるくらい体重が落ちるかと考えられます。

ただささみオンリーを1か月間続けるのはなかなか難しく味への飽きや栄養面的にも不足してしまう部分があるのでささみと+α足りないものを補うくらいがおすすめです。

サラダチキン

先ほどささみがダイエットにとても良いとお伝えさせていただきましたが、ささみを食べ続けると言っても毎回調理が必要だったり出先では食べにくかったりという問題点もあります。

そんな時にはコンビニで販売されているサラダチキンをささみの代わりとして食べるのがいいでしょう。買ってからすぐに食べることもできるので職場で召し上がることもできますね。

そんなサラダチキンですが1つ食べると意外とおなか一杯になるのですがカロリーは味によって多少異なりますが100~120kcalほどしかないのです。

ささみには若干劣りますがかなり有能である為正直サラダチキンだけを食べていれば勝手に痩せていくのでしっかり食べても痩せられる食べ物と言えるでしょう。