ウィルキンソンレモンは太る?カロリーや糖質・ダイエット中の注意点をご紹介!

ウィルキンソンレモンは太る?カロリーや糖質・ダイエット中の注意点をご紹介!

最近体にいいとされている炭酸水。そんな中でもウィルキンソン炭酸水は有名な炭酸水ですよね。

中でもレモン味は特に人気が高く、お酒と割って飲む人もいればそのまま飲む人も多いと思います。

そこで今回はそんなウィルキンソンレモンについてカロリーや糖質、ダイエット中の注意点をまとめて紹介していきますので興味のある方はぜひご覧ください。

ウィルキンソンレモンのカロリーについて

ウィルキンソンレモンは太る?カロリーや糖質・ダイエット中の注意点をご紹介!

まずはウィルキンソンレモンのカロリーについて述べていきます。多くの方はご存知の通り炭酸水のカロリーは0kcalとなっていますが、稀にレモンなど味がついている炭酸水の場合微妙にカロリーが含まれているケースもございます。

ウィルキンソンレモンは味がついているというよりレモン風味の炭酸水という形となり、カロリーも0kcalとなります。

厳密にいうと100mlあたり5kcal未満は0kcalと表記していいというルールがあるようなので表記上0kcalとなっていますが、もしかしたら微妙にカロリーが含まれている可能性はあるかもしれません。

とはいえほぼほぼ0kcalに近しいカロリー数だと思いますので、カロリーだけの観点で見ればいくら飲んだとしても過剰摂取になってしまうことはないでしょう。

ウィルキンソンレモンの糖質について

ウィルキンソンレモンは太る?カロリーや糖質・ダイエット中の注意点をご紹介!

では続いてウィルキンソンレモンの糖質について紹介していきます。こちらもカロリー同様に記載上は0gとなっております。

多くの場合は炭酸水に糖質が含まれているということはありませんが、ウィルキンソンレモンも同様ですね。

ウィルキンソンレモンはダイエット中に飲んでも大丈夫?

続いてウィルキンソンレモンはダイエット中に飲んでもいいの?と言った内容についてです。

実際のところウィルキンソンレモンをダイエット中に飲んだとしても先ほど述べた通りカロリーは0となっていますので、太る心配は全くございません。

むしろ炭酸水を飲むことによってお腹が膨れ、食べられる量が少なくななることからダイエット中に飲むことを推奨されている形となります。

ウィルキンソンレモンを飲む際の注意点

では最後にウィルキンソンレモンを飲む際の注意点について紹介していきます。

ウィルキンソンレモン単体ではカロリーも0でダイエット中にも有効的だとお話しさせていただきましたが、お酒の割り剤として飲むパターンもあるかと思います。

その場合はカロリーや糖質といったまた別の要因が出てきますので注意が必要と言えるでしょう。

ただ、ウィルキンソンレモン単体を飲むという面では特に太ってしまう懸念やちゅういてんなどは無いと思って大丈夫です。

ウィルキンソンレモンについてまとめ

今回はウィルキンソンレモンについてカロリーや太りやすさを紹介ささでいただきました。

実際のカロリーは0で糖質もなく太る要素が全くないことから、ダイエット中に飲んだとしても全く問題ないと言えるでしょう。

しかし、お酒の割り剤として飲む場合は注意が必要となってくるケースもございますので認識の間違いがないようにしましょう。

あなたにおすすめな記事
飲み物
【リクトレ】編集部をフォローする
その他気になるキーワードを検索
ダイエットエスコート