3日で2キロ痩せる短期間集中ダイエットの方法とは?

急に海に行く予定ができてなんとしてでも期日までに痩せたい!短期間で効果的に痩せられる方法を知りたい!などダイエットに関して短い期間で痩せる方法を求めている人は多いと思います。

今回はそんな方に向けた3日間で2キロ痩せる為に出来る減量方法を思いつく限りご紹介させていただきますのでぜひ急遽ダイエットをしなければならないと言う方は参考にしてみてくださいね!

また、3日間で2キロとは言わずもう少し期間を伸ばして5日間であったり、減量数を3kgにしたいと言う方も方法としては同じなので強度や運動量を調整してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

3日間で2キロ痩せる為に必要な事

まず初めに3日間で2キロ痩せるということは可能なのかと言うところですが、現在の体重からただ単純に2キロ減った状態に3日間で1度でも実現できれば良いというのであれば比較的可能なのではないかと考えられます。

と言うのも体の大半は水分でできている為、その水分が汗として抜けていけば2キロと言う量は減量させることができます。

ただこれは水分が抜けているだけなので厳密的に言えば水を飲んだら元に戻ってしまいます。

これではダイエット成功と言えませんね。

ではどの様にしたら3日間で体重をしっかり2キロ痩せられるのかを述べていきます。

3日間で2キロ痩せるためのカロリーとは

それでは3日間で2キロ痩せる為にはどのくらいカロリーを消費していかなければならないのかと言う根本的な所をご紹介していきます。

まず体重を減らすとなると真っ先に思い当たるのがカロリーを消費させる事で減っていくイメージの強い脂肪です。

おそらく体重を減らす為にどうしたら良いのかを調べてこの記事に辿り着いた人は3日間で脂肪を2キロ減らすにはどうしたらいいのかが分からないという方がほとんどだと思いますので脂肪を減らすカロリーとして考えます。

まず脂肪を1キロ減らす為に消費しなければならないカロリーは約7200kcalとなります。

つまり2キロ減らすとなれば14400kcal消費しなければなりません。

こんな量3日間では絶対無理…と思う方も多いでしょう。

ただこの14400kcalを単純に運動で減らすだけではありません。

基礎代謝と呼ばれる人間が生きているだけで勝手に消費されるカロリーも存在します。

簡単に言えば24時間ベッドの中で全く動かなかったとしても消費されるカロリーですね。

この基礎代謝の平均は男性で1550kcal前後、女性で1300kcal前後となっています。

これは全体の人の平均となる為仮に平均体重よりも重い人であれば基礎代謝も自然と多くなります。

また、筋肉質の人も基礎代謝は多い傾向となりスポーツ選手などでは2000kcalを超える人も比較的たくさんいるのではないかと思われます。

また、テレビなどでよく見かけるダイエット企画に出る体重100キロ超えの人などであれば基礎代謝自体が3000kcal以上あったりするため普通の食事と運動を行えばみるみる脂肪が減っていくというわけですね。

ではこの基礎代謝を考慮して考えてみるとどうでしょう。

男性であれば1550kcal×3日、女性であれば1300kcal×3日をそれぞれ14400kcalから引きます。

そうすると3日間で2キロ痩せる為には男性で9150kcal、女性で10500kcalの消費が必要となります。

1日あたり3000〜3500kcalを運動で減らさなければならないということです。

この数値を見ていかがでしょうか。一般の方だと3日間で消費できるカロリーとすると無謀と思えるかもしれません。

ただここまで説明させていただいて実は無理でしたと言うのも申し訳ないので仮に3日間で脂肪を2キロ減らす為にどのくらいの運動すればいいのかを計算してみましたので気になる方はご覧ください。

スポンサーリンク

3日間で2キロ減らす為の手段

では実際に先ほど申し上げたカロリー数を実際に3日で減らすにはどんな運動が必要なのかを考えてみました。

定義としてはとりあえず何でもいいからがむしゃらに3日間で痩せられるできるだけ多くの方法を並べてみたので現実的に可能かどうかは考慮せずに計算しています。

また、健康的面的にも考えずとにかく体重をへらす為にどのくらいの運動をしないといけないのかを述べただけになりますので参考程度に見ていただけたらと思います。

実際にランニングで減量する場合

ダイエットの代表格として挙げられるのが気軽に誰でも出来るランニングです。そんなランニングだけで3日間2キロの脂肪を落とせるのかをご紹介していきます。

ランニングの消費カロリーは大体1km走ると自分の体重分のカロリーが消費される形となります。

体重60キロの人がランニングで1km走ると60kcal消費されるというイメージですね。

では先ほど算出した1日に消費しなければならないカロリーですが男女での違いはありますが1日に3500kcal消費という形で考えていきます。

そうするとランニングの場合体重60キロの人で3500kcal消費する為には58.3km走る必要が出てきます。

フルマラソンよりも長い距離ですね、更にこれを3日連続で行い2キロ脂肪を減らす為にトータル3日で175kmのランニングをしないといけないということになります。

距離にすると東京駅から静岡駅までを3日間で走るのに値します。
他の例えで言うと通常大学駅伝部のアスリートが10人で2日間かけて行う箱根駅伝を1人で行って9人分の区間を走るようなものです。

では実際にこれが出来るのかできないのかで言えば現実的に不可能という事ではありません。

24時間テレビなどでも1日で100km走っている為3日間72時間で175kmは無理やり実現する事は可能かと思われます。

ただそこまでして3日間で2キロ脂肪を落とすのが必要かと言われると違う気してきませんか?

1ヶ月で2キロくらいのペースでゆっくり数ヶ月かけてダイエットを行う方が続きやすいでしょう。

スポンサーリンク

その他ダイエットに有効的な項目

先程まで運動を代表してランニングでカロリーを消費させる内容をずらずらと書かせていただきましたが、続いては3日で2キロ痩せる為に少しでも効果のありそうな内容をまとめてみました。

実際には汗で水分が抜けるだけであったり、脂肪の減少としてはあまり効果のないものもありますが参考程度に見ていただければと思います。

3日間は何も食べない

究極的な選択になりますが、どうしても体重を2キロ落とさなければいけないという状況であればこの何も食べないというのは必須になってくるでしょう。

そこまでして体重を落とす理由はないかもしれませんが考えられる1つの方法と言ってもいいでしょう。

ただ実際に3日断食するなどは健康法として使われていますがしっかりと専門家の元行わなければ危険を伴う可能性もあるので極力やめておいた方が良いとも言えます。

行う際には自己責任または専門家を付けてで行いましょう。

お風呂で汗をかく

こちらは良くある減量方法ですね。半身浴とも言われていたりします。

ただお風呂に長時間使って汗をかいても脂肪燃焼にはつながりにくいとされています。

ただ単に体重の数値を低くしたいというだけであれば有効的な方法となりますががっつりダイエットしたいという場合には体を動かす方がいいかもしれません。

スポンサーリンク

3日間で2キロ落とすデメリットはある?

最後に急激なダイエットによるデメリットはあるの?という観点についてご紹介させていただきます。

まず先ほど述べた様な3日で175km走るなどの行動を日頃運動していない人が急に行うと身体的にダメージを受ける場合がほとんどです。

筋肉痛で済めば良いですが、疲労骨折や走っている途中に疲労困憊で過呼吸になってしまうなどの危険性もあります。

24時間テレビの様に専門家が常にいる環境であれば良いですがあまり無理はしない様にしましょう。

スポンサーリンク

3日間で2キロ痩せる方法についてまとめ

今回は3日間で2キロという急なダイエットについてご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか。

結論としては水分を減らすだけでその場の体重を落とすだけであれば十分可能な数値ですが、脂肪を2キロ落とす根本的な減量としてはかなりシビアでリスクを伴う形になるでしょう。

海やプールへ行く予定があって短期間で痩せたい気持ちはわかりますが、季節が近づいたら少しずつダイエットして3日間でも補えるくらいの体型にしておくことがベストかもしれませんね。