スポーツで調子が悪い時の筋トレや練習とは?陸上を参考にご紹介

なぜ調子のいいときと悪い時が存在してしまうか

今回はなぜ陸上選手には調子のいい時と悪い時があるのかについて解説させていただこうと思います。

自分自身調子が良くて好タイムや好記録が出るときもあればしっかりと練習を積んでいるのに全然良い結果が出ない、、などと言った点についてお話しさせていただければと思います。

同じような事で伸び悩んでいる方は参考程度に読んでいただければと思います。

個人的な考えや体験談をもとにしていますので人によっては少し考えが違ったりする方もいらっしゃると思いますがご了承ください。

 

調子がいい時について

まずは調子がいい時とはどの様な場面が多いかをいつくかご紹介していきたいと思います。

練習で好タイムを出せていたり、直近の陸上の大会で自己ベストを出せていたりすると波に乗れることがありますよね。

そんな調子のいい時はいつどの大会に出ても大抵好記録を出せるので陸上競技をしていて楽しいと思えます。

この調子のいい時に専門以外の様々な種目に出ておくと専門種目の記録向上にも繋がるため視野を広げやすい期間とも言えます。

 

調子が悪い時について

逆に調子がいい時もあれば調子が悪い時というのも必ず存在します。

これはどのトップ選手にも言える事でタイムに波が出てしまうトップ選手も多く存在します。

オリンピックに出場するような選手でも調子が悪いときにはなかなかタイムが安定しなかったり自己ベストには及ばないようなタイムを連発してしまうこともあるでしょう。

この様な時には普段練習や試合で勝てているライバルや友人にも負けてしまったりと気持ち的に焦りや怒りがこみ上げてくるのも無理はないです。

人間というのは何事においても成長し続けたい生き物なので一度最高点を経験するとそれ以上下がりたくないという気持ちが大きく出てきます。

陸上競技を始めた当初よりも記録がいいから気にしないで良いか、、

なんて考える人はほとんどいないでしょう。

多くの人はいかにこの不調な状態を切り抜けるか様々な努力をしていくでしょう。